電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 054-285-6071漢方相談 谷薬舗(谷薬局)(静岡県静岡市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • ご相談例
  • 商品案内
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

[ カテゴリー » 谷薬舗(谷薬局)の口コミ・評判 ]

抗がん剤による副作用がつらかった時に、
義母の勧めで谷先生に相談しました。

乳癌で、抗がん剤の副作用のため、
体がだるく、痛みや、
涙目、筋肉の強張りなどがありました。

谷先生は、
知識が豊富でこちら側の話もしっかり聞いて下さり
その人にあったお薬、アドバイスをして頂いていると感じました。

漢方なので初めは飲みにくい感じはありましたが
慣れてくると違和感もなく症状も緩和されてきてるのが分かったので
期待感もあり飲み続ける事ができました。

相談させて頂きながら、飲み続けてきましたが、
1つ1つ悩まされていた事が解決していき、
本来、体が弱く体力がなかった私が、だいぶ体力もつき、
治療を続けていける体になってきたと思います。

今まで通りよろしくお願いいたします
本当に感謝しております。

主訴
貧血・子宮内膜症があり、最近息苦しさが気になります


さらに詳しく
貧血気味で、子宮内膜症がありました。
更年期のせいか、最近息苦しさがあって、さすがに、息苦しい、という症状に不安を覚え、
谷先生に相談しました。 
45歳、小・中学生2児の母、週3日ほどパートに行っています。
最近ご主人が単身赴任となり、
いつも忙しく常に頭であれこれ考えてしまいます。

結果
漢方薬を飲み始めて2日目から息苦しさが減って、驚きました。
それまでは、1日に数回息苦しくなったのが、
今は、2日に一回とかに回数が減り、息苦しい症状も軽くなりました。

実は、漢方相談をしたのはここで3件目でしたが、
息苦しい症状もすぐによくなったし
こんなにわかりやすく説明をしてくれたのは初めてで、
谷先生に相談してよかったです。

考察
貧血、ということですので、最近の息苦しさは、心の血の不足による、
と考え、帰脾湯を処方しました。
また、常に頭で考えてしまう、これを漢方では思慮過度、
と言い、心脾虚の原因となります。
あれこれ考える、という行為は、血を消耗するのですね。

舌をみると全体の色が淡く、
舌の先の方に、紫色の斑点があります
舌の全体の色が淡いことも気血の虚を思わせ、
やはり帰脾湯と判断しました。

また、舌の先に紫色の斑点があり、子宮内膜症もあり、
瘀血と考え、芎帰調血飲第一加減と判断しました。


2回目来店時に舌を診ると、
瘀血を暗示する紫色の斑点も薄くなっていました。

初来店から4週後のご来店では、
生理のときいつもはレバー状の塊の出血があるそうだが
今回の出血では、固まりがほとんどなかったそうで
瘀血もかなり改善されてきたようです。



漢方・自然薬が好きな薬剤師  谷薬舗  たにあつこ

胃痛と胸やけに悩まされ、病院にかかりました。
すると、胃カメラを飲んで、好酸球性胃炎と診断されました。

病院で処方された薬を続けていましたが
症状が改善されず、不安に思い、谷先生に相談しました。

脾虚、という胃が弱っている状態、胃を弱めてしまった原因や体質など、
書面で説明していただき病状が理解できました。

またお薬のこと以外にも的確なアドバイスをいただき、
生活に気をつけました。

漢方薬を飲み始めて2、3日経った頃から、
症状が改善して落ち着いていくのがわかりました。

症状がなくならないことが何より不安でしたが、
今は症状がなく毎日安心して生活できるようになりました。

谷先生にはいつもいろいろな相談に乗っていただいてます。
個人の体質を理解していただいているので助かります。
いつもありがとうございます。

流産、子宮外妊娠の後谷先生に相談して赤ちゃんが授かり無事出産できましたが、
産後も子育てで大変。
産後のカラダを整えたくて谷先生にお願いしました。

寝つきが悪く、眠ってもすぐ目が覚めてしまいます。

0歳児養育は大変で、やっと眠っても夜泣きに起こされ、
夜中の授乳に始まり、一日中お世話と、夫の相手に精神的に疲れていました。
のどの渇きと目の疲れ精神的な落ち込みや、反対に感情的になったりします。

谷先生に相談すると、親身に、一つ一つの症状に耳を傾けてくれて、
話を聞いてもらえるだけでも心のよりどころとなりました。

いろいろな症状にお薬を出してくれて、
そのどれもが効果てきめんで有り難いです。

寝つきの悪さや不眠のために出してもらったお薬で、
視力がよくなったり、目が落ちくぼんでいたがすっきりしたり、…など、
ほかのところにも良い効果があって驚いています。

谷先生いわく、
赤ちゃんを宿し、産み、育てる、というのは女性にとって一大事業。
カラダを使って大事業を成し遂げるのだから、
人生で一番カラダに援助が必要な時よ、
ということが実感としてよくわかりました。

流産のあと子宮外妊娠し、緊急手術で片方の卵管をとりました。
その後体調を崩し、その養生と、赤ちゃんにも恵まれたいため、谷先生に相談しました。

体がひどく冷え、眠れず、寝汗、動悸、金縛りにあったり、乾いた咳が続いていました。
生理の出血の色は薄く、あちこち内出血します。

薦められた漢方薬をちゃんと飲むと、次第に体がよくなってきました。
瘀血の漢方薬を飲むと体が温まることを実感しました。

漢方薬を飲み始めて半年たったころ、漢方薬を切らしてしまったことがあります。
と途端に体が重く動けなくなり夜は再び金縛りにあう始末。
漢方薬が効いていることを実感しました。

それからは、くすりを切らさないように漢方薬を飲み、
14か月後、めでたく妊娠しました。

妊娠してからも体に合わせてお薬を処方してくれました。
妊娠初期のつわりの時も漢方薬がきいて、助かりました。 
切迫早産となった時も精神的にも不安になりましたが、
そのつど漢方薬で対応してもらい、
昨年7月、無事3100gの元気な男の子を出産しました。

出産のときに飲む安産の漢方薬のおかげで、
安産で、産後のカラダの回復も早かったです。

谷先生に相談して、とてもよかったです。
先生に話を聞いてもらえるだけで安心して妊娠中を過ごせました。