• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

45歳、会社員。

若いころから特にかぶれ易い体質。3年前、仕事の疲れから腹部に1cm程度の湿疹が数ヶ所でき、皮膚科で治療をしてきたが、1年後さらに症状が広がり、少しずつ範囲が広がり首から下半身にまでできるようになった。
                             
本人の体格は長身・筋肉質、顔色は紅く、舌は黄色い苔がります。やや便秘気味で、数日に1回程度排便があります。尿や食欲は正常。
                             
患部は1,2センチくらいの湿疹が胸・背中・臀部・大腿部に及んで、患部は赤く、温まると猛烈な痒みがでて、薬(ステロイド)を塗らないと全身をかきむしることもあります。その後、患部は乾燥して落屑(らくせつ)をおこします。このような状態を繰り返していきます。

患部が移動していないことと、炎症と乾燥を繰り返しているので、血虚正風証とみて、温清飲加連翹・荊芥を煎じ薬で服用し、痒いところには清熱作用のあるタイツ軟膏をぬることにした。
                              
1ヶ月後には、患部の赤みが薄くなり、痒みも楽になりました。ただ時に猛烈な痒みのときはステロイド軟膏を塗布。

経過良好なので同じ薬を2ヶ月ほど続け、その後湿疹の痕跡を消す
肝班)桂枝茯苓丸加ヨクイニンを1ヶ月服用した。

49歳の女性。
2年前から生理が不順になり、1年前より急にのぼせて汗が出るようになって、「更年期障害」といわれ、知人に漢方薬を勧められ、来局。

本人の体格は長身、肥満体、便秘気味で市販の下剤を毎日服用している。その他に特別な薬やサプリメントは飲んでいない。現在の自覚症状は、肩こり、寝つきが悪く、寝ても夢を見ている感じで、朝起きた時に寝た感じがしない。

もちろん逍遥性熱感が1日何回もあり、その度に大量の汗をかく。足が冷えるので夏でも靴下を履いて寝ている。

頭重・頭痛に「正気天香湯」、女性の内分泌自律神経の変調に「芎気調血飲第一加減」

すでに加味逍遥散(かみしょうようさん)のエキス顆粒を数ヶ月飲んでいたので、漢方薬を変えることとした。まず頭重、頭痛を目的に行気剤(気をめぐらす)の正気天香湯(しょうきてんこうとう)にしてみた。

数週間程で頭重、頭痛が楽になったので、次に女性の内分泌自律神経の変調を治す芎気調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)に変えてみた。

服用後体調がいいので続けること数ヶ月で逍遥性熱感もなくなり、不眠や、夢で悩まされることはなくなった。

漢方薬を服用して自覚症状が変わらないときは、薬をかえていくことが大切です。漢方薬だからといって、いつまでも同じ薬は続けないことです。

ThemeSwitch
Created in 0.0228 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.