• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

認知症???

寺町漢方薬局 (広島県広島市)



当時、69歳の無職の男性。

以前から、パーキンソン病と高血圧の治療を続けてきた。

1年前から、家族の問いに答えなかったり、独り言が多くなる。一人で外出をして、帰り

路が不明になり、電話をかけてきたりした。

  認知症の症状であるといわれ、薬を追加する予定であったが、家族の反対で、

  相談にみえられる。

小柄・痩せ形

  眼に力がない、言語不明瞭、姿勢が悪い、歩幅がせまい、頭が重い、

  などの、パーキンソン病の特徴もある。ルビー小体との関係もあり、パーキンソン、認知症

  が相互に関係しているようです。

高血圧も考慮のうえ、釣藤散(ちょうとうさん)内のチョウトウコウを5倍量にして、煎じ薬にて、

服用を始めた。平行して、水中歩行訓練や、定時の散歩、外出を多くして、なるべくテレビは見

ないように心がける。


  他の病気のようにはいかなかったが、半年ほど経過した段階では、積極的に会話をするよ

  うになり、歩行も歩幅が大きく、血圧も安定している。


kannpouaku



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  今後、漢方薬での認知症への取り組みが始まるようです。エキス剤では、ここまで
  効果は期待できないのでは。

 

キーワード別 一覧へ



76歳の介護施設の経営者。

夏前から、新しい事業を計画をし始めて、忙しくなり、普段からしていた運動(剣道・合気

道)をしなくなった。

そのためか、身体の筋肉が落ちてきて、胃のもたれと、左の胸脇部の痞え感がでて、

気になるようになった。食欲も落ちてきて、やや軟便きみに。


ill38



  これは、運動不足と、夏の熱に負けて、上下の気の運行が胸脇部で滞っている
  為と考えられます。


そこで、胸脇部の気の滞りを取る四逆散(しぎゃくさん)と、心窩部の痞えをとる安中散

(あんちゅうさん)を合わせて、煎じ薬にて製剤し、飲んでいただく。

  3日で半分ほど軽くなり、5日分の服用で、全く自覚症状はなくなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   漢方薬もきちんと使うと効果てきめんでした。

 

キーワード別 一覧へ

不整脈と漢方薬

寺町漢方薬局 (広島県広島市)



1年前の会社の健康診断で、不整脈があると指摘され、細かい検査を受けた。

血圧も高めで、心臓が肥大している、不整脈があり、血液検査(BNP)でも、

値が高い。


walk_m



  それで、特に普段の生活には支障がない。2種類の降圧剤と、と抗儀
  血剤をもらっていたが、徐々にに血液検査(BNP)の値が悪くなってきた。

このままでは、心臓の状態が悪化することを心配して、来局される。

  特に、家庭でも、職場でも普段の生活では、心臓不安の自覚症状がない、

そこで、生脈散(しょうみゃくさん)を煎じ薬パックにして、連服してもらうことに。

また、きつくない運動を定期てきに、行うように指示した。

飲み始めてから、今まで、検査のたびに悪化していたBNPの心臓検査が上がらないど

ころか半年後には、低くなってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 もちろん、心臓疾患が治ったわけではないが、少なくとも悪化はしないでいる。

  

 

キーワード別 一覧へ



3年前から、急に顔を中心に皮膚に湿疹が出来はじめた。

始めは、近所の皮膚科にかかっていたが、治らず大学病院の皮膚科で受診

を続けるが、市販の漢方エキス剤を使ってもなかなかうまくいかないで、ステ

ロイドを一切使わない皮膚科にもかかるが、今度はステロイド剤で皮疹を押さ

えていた所も、悪化してさらにひどい事になった。

 親戚のかたが、漢方薬で治ったことを聞いて、来局される。

顔全体にむくみがある。また上肢・下肢ともに紅く腫れて、痒く、搔いた跡は

痂皮になって、乾燥している。肉類を食べると蕁麻疹がでて数日は治らない。

 聞けば、治るなら煎じ薬でも良いとのことなので、

   消風散(しょふうさん)を、煎じ薬で飲んだいただく。但しむくみがあるの

   で、利水剤のソウジュツを増やし、痒みに対してのクジンも増量した。

2週間の服用で、顔のむくみがとれてきた。徐々に改善してきたが、会社

でのトラブルで、一時悪化したが、半年の服用で、皮膚にやや痕跡を残

しているものの、正常になった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 漢方薬は状態に応じて、薬のなかみを増減する事の大事さを痛感した。


 

キーワード別 一覧へ



以前から、体調の悪いときには漢方薬を、よく利用されている53歳の主婦。

10日前の日曜日に、買い物にでてから、軽いめまい感があり、翌日の朝に

立った時にふらついて、マンションの階段の下りが怖く感じた。

 すぐ近所の耳鼻科に受診、病名は言われないが、メリスロンがでて飲ん

 だが、漢方薬を希望されてきた。


ill32



血圧は102で低い。脈拍は80で異常はなし、今はゆっくりなら、ふらつきは

感じないが、急ぐとめまい感があり、不安になる。以前より大腿部から足

先にかけての冷えを訴える。

 この状態に、苓桂朮甘湯に四物湯を加えて煎じ薬で、飲んでいただく。

 翌々日には、ふらつきの不安はなくなるという。冷えもよいがクーラーにあ

 たると、悪いので、継続服用している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 夏バテによる、気の代謝異常によるめまいだと思われます。

 

   

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0107 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.