• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「多汗症」

多汗症・・

寺町漢方薬局 (広島県広島市)



33歳のOLさん
5年前に転職してから、症状がでてきた。仕事を止めて、一時よくなったが、ここ2年前から再発してきた。

緊張すると、脇の汗が気になってしかたがない。特に、初めての人に合うときや、見知らぬ場所に行く時もでてくる。神経内科に受診するが、新薬(向精神薬)が怖くて、服用せずにいた。(TT)

緊張による異常発汗以外では、やや便秘ぎみ、眩暈をよく起すこと。生理が早い。(25日周期)色白で、小柄。


防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)に四逆散(しぎゃくさん)を兼用した

2週間後、便通はよいが、汗に変化はない。生理周期が25日で短い、生理前に頭痛・腰痛がある。桂枝加竜骨牡蠣湯にサフランを兼用。


2週間後、脇の汗はよくなるが、今度は手掌に汗がでるという。さらに続けると、生理が29日周期でくると、伴に緊張系の汗はでなくなりました。:)

 

キーワード別 一覧へ

多汗症

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

中肉・中背の38歳の主婦。

2ヶ月前に

   肘・膝部分のアトピー症状で、らい局。皮疹部分がむくんでもいたので、

      六味地黄丸・黄連解毒湯のエキス剤をもっていってもらう。

   その後に、皮膚科受診にて、湿疹と診断されたとのこと。

2回目の来局は3週間後に、今回の訴えは

     背中・脇・踵によく汗をかくとのこと。ずいぶん昔に患部へ汗を止めるために

     注射をしたことがある。皮膚科では、抗アレルギー薬のアレグラをもらってい

     て、肘や膝にも、毛孔性の皮疹があるので、多汗症もことも考慮して

        黄連解毒湯・防已黄茋湯・苦荊散のエキス剤をのんでもらう。

さらに2週間後、

     皮膚の状態は良いが、多汗の症状は全く変化がなく、今度は汗の状態を改善

     してほしいとの依頼。

     症状・状態は、汗の出る部分は以前と同じで、仕事中に汗をかくことが多く、特

     に、昼からがひどい。

        このたびは、多汗症にまとを絞って。当帰六黄湯(とうきろくおうとう)

        煎じ薬に変更してみた。

    2週間ほどの服用で、汗が出なくなっただけでなく、皮膚炎の状態の改善して、ほ
   
    ぼ正常になってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ご相談は下記メール・ファクス・電話でどうぞ

        電話は午後からのほうが、ゆっくり相談できます。
 
              メールアドレス: info@teramachi-kanpou.jp

               ファックス番号: 082-291-2293

               電話相談:    082-291-2211


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0109 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.