• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「関節リュウマチ」



83歳の主婦のかた。

5年前に、両手中指の関節の腫れと痛みが始まり、近所の病院の整形外科にて、治療を始めた。

ステロイド剤などを使って、治療をしていたが、咳が煩雑にでるようになり、肺炎から肺癌の疑いにて、詳細な検査をしたが、癌ではなかった。5ヶ月前から、CRP(炎症の検査)・血糖値があがり、治療を始める。

咳は治まったが、指関節・手首関節の痛み・腫れが取れず、左の下肢にかなりのむくみが出てきた。重い荷物は全く持てない。

肺炎の症状は、リュウマチ治療の薬による副反応の可能性もあり、一時関節リュウマチの治療は中断している。そのためリュウマチの漢方薬を求めて、来局された。

体格は小柄で、冷え症で、血圧も低い。両手指特に左薬指・中指の第2関節・左手首関節の痛みと腫れがつらいという。また足甲から大腿部にかけて、パンパンに浮腫んでいる。舌は厚く、白い苔があり、歯痕もある。顔色はやや蒼白い。

このような状態に、筋や筋肉を強くする成分のある独活寄生湯(どっかつきせいとう)をはじめ、エキス剤で、のちに煎じ薬にて服用していただく.

1ヶ月後、痛みは少し楽になったが、強い倦怠感を訴える、また肺炎?の方も良い状態(咳)ではないといわれ、気血を補充する(体力をつける)生薬の入っている大防風湯(だいぼうふうとう)に変えて、やはり煎薬にて服用していただくことにした。

この漢方薬に変えてから、食欲もでて、便通も毎日あるようになり、まずは下肢の浮腫みがなくなって、3ヶ月後には指・手の痛みもほとんどなくなってきた。それとなぜか、あれほど頑固な咳も治まり、レントゲンでも肺はきれいになったと言われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 肺(咳)のほうは、かぎりなく薬の副反応のようである。

 

キーワード別 一覧へ

① 60歳の主婦。

  6年前からの関節リュウマチ。と下痢。
  10年前から、更年期症状で悩まされる。
    
      A:逍遥性の熱感
      B:血圧が不安定になる。
      C:膝以下のしびれ感

   初めの主訴は下痢を何とかしてほしいとのこと。

   1)加味逍遥散加ブシ・ケイヒ末 をエキス剤で

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  2週間後、あまり症状に変化ない。

   下痢は1日2~3回の泥状・水様便がある。また手足がよく冷える。

   2)加味逍遥散+四逆散エキス

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  以後、加味逍遥散+五苓散  四逆散+五苓散 四逆散+当帰芍薬散

  などで、逍遥性の熱感、不安定な血圧はほぼ治まったが、朝の手の

  こわばり手指先、下肢(膝以下)のむくみ・冷え・痺れが非常につら

  いとの訴え。

   3)当帰四逆湯加ゴシュユ・ショウキョウ・ホウブシのエキス剤 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  2週間の服用で温まるので、そのまま同じ漢方薬を3ヶ月間服用し、

  前記の症状は全くなくなった。 
 


② 65歳の主婦。

  5年前に両手首関節痛から受診し、関節リュウマチの診断で治療し、

  なお、膝も老人性の関節症を併発するようになる。

     A:膝関節の運動痛
     B:両手指(中・差)のむくみ・腫脹
     C:足の冷え・痺れ。
     D:内科デリュマチ肺の診断あり、軽い咳がある。

  1)ヨウイニン湯(煎じ薬)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  20日後、あまり痛み・腫れとも変化がない。体力を上げる目的で。

  2)大防風湯(煎じ薬)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  20日後、この前記処方(大防風湯)も変化なく、手の熱と腫れを目標に

  3)続命湯(煎じ薬)
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  20日で、腫れ、痛みもなくなり、日常生活が楽になる。


k_120



////////////////////////////////////////////////////////////////////////


①は身体各所、特に四肢を温める漢方薬で、効果があり、②では、逆に温めて悪化し

 冷やす漢方薬も入った処方で、良くなりました。状況や程度・体力によっても漢方薬の

 内容が変わります。





   

 

キーワード別 一覧へ

関節リュウマチ

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

65歳の主婦

5年前に両手首関節の痛みか始まり、しばらく注射にて治療していた。

そのうち膝関節部にも疼痛がおこり、1週間に1回穿刺して、貯まった

水分を抜いている。

  無理をすると、関節が腫れて、痛むので、

    プレドニンを、経口内服薬で服用してきた。

 現在の症状は  左手首関節の腫脹

            左差指・中指のむくみと腫脹

           右差指の腫れ。

           肩こり・膝関節の運動痛・足先の冷え

           高血圧で、降圧剤服用中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以上の状態に、ヨクイニン湯で少しよかったが、その後に桂枝芍薬知母湯

 にするが、かえって痛みや腫れが増したたため、

          続命湯(ぞくめいとう)の煎じ薬にしたところ

          2週間後には、指の腫れ・痛みが全くなくなり

          4週間後には、長い間使ってきたプレドニンを

          やめても、痛み・腫れが出なくなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0863 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.