• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「インフルエンザ」

今年の、インフルエンザは、A/B型が入り乱れて、それに普通?の風邪が混じるという感じです。

それに、特に3月に入ってから、風邪の症状が軽いのか、重いのかわからないケースが増えてきています。

まず、悪寒はほとんどなく、熱は微熱程度、咽喉に不快感があり、後鼻漏を訴える人が多く、軽い鼻水と鼻つまりがあるようです。

便通や、食欲にはあまり異常がみわたりません。
ill133



定番の漢方風邪薬の葛根湯、麻黄湯(インフルエンザ定番の漢方薬)、柴胡桂枝湯、などの悪寒のある風寒型の風邪ではなく、風熱型(悪寒を伴わない)の風邪のようです。

おのおのの症状にもよりますが、荊防排毒散、や銀翹解毒散の適応が多いようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  風邪症状の改善は漢方薬の得意とするところです。

 

キーワード別 一覧へ

今年は春になっても、相変わらずインフルエンザの患者さんがおられるようです。

35歳の会社員のかたが、長期連休にて東京から帰広していたが、家に帰ってすぐ。



39℃の高熱をだしたそうです。近医に受診されて、検査をすると、まぎれもなくB型

のインフルエンザのこと、しかし、タミフルなどの抗ウイルス薬は飲みたくないとの

訴えから、開業医から電話相談をうけ、麻黄湯(まおうとう)を薦める。

当薬局で、煎じ薬を調剤して、お渡しし、暖かくして寝ること、熱い飲み物や食べ物

をとることなどの指示を与えて、発汗するようにした。

当日の夜には、何回も着替えるなど、大量の汗があって、体温も37℃台になり、

翌日朝には36℃、夕方には正常になり、食欲もでてきた。


IP08_C01




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  普通の体力ときちんとした治療対応をすれば、何も抗ウイルス薬(タミフルなど)の

強いお薬を使わなくても、効果は上がります。


 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0087 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.