• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「不育症」

 
 不妊症には、卵子が受精できないものと、受精卵が子宮に着床できないものがあります。漢方薬は特に後者の受精卵が着床できないケースによく使われます。

 相談者は38歳の会社員で、2年前に妊娠しましたが、7週で流産したとか。以来、治療を続けたものの、なかなか結果が出ないとのこと。

 体格は中背、痩せ型で、顔がむくみやすく、手足の冷えもあるようです。生理は、周期は普通です
が、高温期が短い状態です。このような状態で、体力的に弱く、冷え性のタイプには、まず身体を温

め、むくみを取るとされる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を、より効果があるとされる煎じ薬にして
飲んでもらいました。さらに、運動もするように勧めました。

 初めの1カ月はきちんと服用しなかったため、あまり変化がありませんでした。そこで、服用率を上
げるため、エキス剤に変えて、当帰芍薬散に桂皮人参(けいひにんじん)を加え、きちんと飲ん

でもらいました。

すると、身体が温まることを自覚するようになり、高温期も長くなってきました。服用を続け、半年後に妊娠。無事に3.5kgの男の子を出産しました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

     極端な妊活をする前に身体を妊娠しやすくする努力の大事ですし、
     漢方薬の利用も、身体の負担がなく、有効です


girl10_s



 

キーワード別 一覧へ

冷え症なども改善で、妊娠しやすい体を目指します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

37歳の主婦のかた。



結婚5年になるが、子供の恵まれず、受診したところ御主人の精子数

が少ないことが判明。治療により精子数・精子運動率は「すぐき改善

した。その後、一度妊娠結果がでるものの、すぐ妊娠反応はなくなり

1年が経過した。:(

  今回の来局は、妊娠しにくいのは自分が冷え症のせいかと思い、

  その改善が目的でした。

詳しく聞いてみると、血圧が低く真夏以外は靴下を履いて就寝して

いるという。冬には必ず、しもやけができるとのこと。むくみやすく、冷

たい物をとると必ず下痢をするなどの冷えの症状が顕著です。

  そこで、冷え・むくみの時に使われる当帰芍薬散を、より作用を強

  力にするため、乾姜・ニンジンを加えて煎じ薬として飲んでもらうこ

  とに。服用数ヶ月経つと、身体が温まり、間もなく妊娠がわかった

  一時、出血のため安静にした時期もあったが、無事の3000gの男

  の子を正常分娩で出産しました。;v)

  

omatsuri



 

キーワード別 一覧へ

不育症

          

  37歳の主婦のかた。結婚5年になるが子供ができず、受診したところ

  御主人の精子数が足らず、治療をして、精子数・運動率もよくなった

  が、一度妊娠傾向があったがすぐ、妊娠反応は消えてしまった。

   以後1年になる。奥さんが冷え症のせいかも思い来局する。

   血圧も低く、真夏以外は靴下をはいて就寝し、冬には必ずしもやけ

   ができるとのこと。むくみやすく、ほかにも冷え症の症状があるので。

     当帰芍薬散に乾姜・ニンジンを加えて煎じ薬にしたところ

   数ヶ月で身体が温まると言っていたところ、それからすぐに妊娠がわ

   かり、一時出血のため、安静にした時期のあったが、無事に3000g

   の 男の子を正常に出産した。:)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   産婦人科の治療に漢方薬を加えることで、無事に出産できました。



  

 

キーワード別 一覧へ

外受精と漢方薬内服。

40歳の主婦。

 1年前に結婚をして、妊娠希望するも、排卵が一定していなくて、なかなか

 妊娠しない。体外受精を試みるも、採卵・受精はうまくいくが、なかなか、

 受精卵の着床がうまくいかず、知人に紹介されて、らい局する。

  
  体格は普通身長だが、やせていて、低血圧、寒がり、冷え症、低体温

  むくみやすい、生理は不定で、生理日数は3日程度しかない。

   血虚と水毒を兼ねた状態ための受精卵が着床できないためと考え


     当帰芍薬散に、人参。桂皮、加工附子、を加えたエキス散剤を

     作り、飲んでもらうことに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1ヶ月後の受精卵の着床に失敗したが、その1ヶ月には、食事を温野菜と魚

 中心にして、加工食品を避けた食生活をした結果、無事受精卵に着床がうま

 くいって、現在妊娠6ヶ月になった。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  漢方薬は受精機能補助より、受精卵の着床にはよく効きます。
   


 

キーワード別 一覧へ

38歳の主婦。5年前に結婚しましたが一向に妊娠しないため、1年前から不妊治療を開

始しました。受精卵はできるのですが、着床がうまくいかず、現在に至っています。

  本人の体格は小柄でやせ型。貧血気味で血圧が低く、さらに、

  便秘気味で胃腸も弱いとのことでした。そこで、体温、特に下腹部の温

  度を上げるために補気、補血作用の ある十全大補湯(じゅうぜんだいほ

  とう)をエキス剤で服用してもらいました。しかし、これを飲むと胃が悪くな

   るので、1カ月後には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)に人参、桂皮(けい

   ひ)、附子(ぶし)などの体を温める漢方薬を加えて服用してもらいました。

すると、今度は、受精卵の着床はうまくいくものの、2度続けて数カ月で流産してしま

いました。

 そこで、当薬局の漢方薬を飲みながら体調を整え、今年になって、不妊治療を再

開して、漢方薬も続けたところ、今度はうまく着床し、その後の経過も順調にいき、

無事に平均体重の男の子を出産しました。

      不育症や流産を繰り返すケースには、トウキ、ニンジン、ブシなどの

      温める漢方薬が効果を上げます。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.1251 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.