• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「喘息」

39才の主婦。

                 

  去年の年末にインフルエンザの予防注射をしてから、就寝時

  の咳・呼吸困難で悩まされる。

  近医にて治療するが、効果なくアレルギー専門医を紹介されて、

  そこでは喘息と診断されて、ステロイドの吸入や、経口薬。また

  気管支拡張剤・抗アレルギー薬をもらい、10ヶ月間治療するが、
 
  このまま同じことをするのに不安になり、来局される。?;w)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    症状の咳・呼吸困難が夜間ではなく、 11時に就寝すると、

    1時間後くらいから症状が出始め、それが30分くらい続くと治ま

    ることを、毎日繰り返すようになる。症状はそれほど激しくない。

    食欲・便通は異常なし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  以上の状態に、五虎湯(ごことう)を煎薬にして、服用した。2週間

  後に、漢方薬服用後から抗アレルギー薬を止めていたためか、鼻

  水がまた出始める。しかし、喘息ようの咳・呼吸困難はでている時

  間が短くなり、時間帯も就寝後すぐに変わってきた。

    そこで、鼻水にも効果のある小青竜湯五虎湯に加えて調剤す

    る。

    半年後には、咳・呼吸困難はなくなり、10ヶ月後には併用してき
 
    たステロイドの吸入薬も止めることができた。:)



   

  


 

キーワード別 一覧へ

喘息性気管支炎

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

adult_m02




中年の女性が来局し、65歳の父親の漢方薬をもとめきた。

普通は、本人でない場合はお断りするのだが、田植えの季節で忙しく

季節で市内にでてこれないとのこと。

  病名は喘息性気管支炎

  症状は、10年らいの病気で。

       季節変化には関係ないが、冬のほうが夏より症状が激しい

       時間は一定していないが、おおむね朝から午前中にかけて

       咳がでて、苦しくなり、呼吸が苦しくなり、しばらくすると小量

       の痰がでて治まることを繰り返す。

  現在の治療は、咳止めの吸入剤と、去たん薬とやはり咳止めの内服薬

       を使っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  家族の代理なので、だいたいの症状は伝えてくれたので、年齢と病気が

  長いこと、主に咳が主たる症状なので、補腎薬の六味丸、鎮咳清熱薬の

  麻杏甘石湯を併用させた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  2週間後には、痰に切れがよくなり、4週間後には、朝型の喘鳴(ゼイゼイ)

  がでなくなった。続けること5ヶ月間で、吸入剤の使用なくなり、喜んで本人

  が、わざわざ来局された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  代理人での相談でも、漢方薬が合うとよく効きます。
  

 

キーワード別 一覧へ

◇ 喘息 ◆

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

59歳の会社員の女性。

2年前より、喘息発作がでるようになり、呼吸困難と咳で苦しみ、現在は近医で

新薬の吸入ステロイド、気管支拡張剤を用いて治療をしています。しかし、効果

はあるものの、薬の副作用が心配で、市販の漢方薬を求めて服用するも。今一つ

効果がないので、知人に勧められ来局。

zenmei_child




 自覚症状は、夕方から就寝前にかけてはひどく、呼吸困難が1時間ほど続き、

 そのあとにがでて治まることを繰り返しています。また、風邪でもひこうも

 のなら、さらに悪化して夕方から翌朝まで半日、起座呼吸をするようになり、

 場合のよると、救急車を呼ぶことさえあります。

   この状態に熱喘症にもちいる麻杏甘石湯の煎じ薬に、

   発作時の肺循環を助ける強心・強壮薬の牛黄(ごおう)

   を併用しました。

     すると、1週間ほどで、自覚症状は半減して、僅かに咳が残る

     のみなり、服用回数の軽減の問い合わせがあるほど効果がでま

     した。その後は補肺作用のある麦門冬湯を加えて、翌春まで、

     飲みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  時には漢方薬での、喘息に対する効果がよく出ることが多くあります。


  

 

キーワード別 一覧へ

★大人の喘息☆

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

大人の喘息

55歳の男性会社員。

子供の時に喘息があり、中学時代には治っていたが、成人して会社員になり、
管理職になった30代半ばころから、春・秋に朝方の咳と呼吸困難に悩まされる
ようになった。

 初めは、喘息の頓服薬で効いていたが、そのうちに効果がなくなってきた。
 徐々に、薬の数が増えてきて、今では5種類を常時、服用・吸入するように
 なった。ヨガも始めて、そこの教師に教えられ、らい局する。


zensoku02



現在の状態は、日中こそ咳・呼吸困難はないが、夜の8時過ぎ・朝方の3時ころ
にまず咳が出始め、次第に呼吸困難になり、特に朝方はひどく、1時間
ほど、布団に座り、吸入をして、しのいでいる状態。あまり薬が効いてはいない
ようだが止めるのが不安で、続けている状態とのこと。

 舌は歯痕があり、血圧はやや高めだが降圧剤は飲んでいない。便通は3日に
 1回食欲はあまりない。アレルギーの検査は高いが、他の血液検査に異常は
 ない。

始めは簡単服用のエキス剤希望にて、小青竜湯合麻杏甘石湯を飲んでもらうが、
効果は少しましな程度になる。本人を説得して、煎じ薬にして、肺熱喘につかう
沙参麦門冬湯合五虎湯(しゃじんばくもんとうとうごうごことう)
に変えて調剤してみた。

  すると、徐々に咳・発作ともに軽く・すくなくなり、半年後には、新薬は吸入
  薬1種類のみになり、非常に喜んでもらっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     結構重症な喘息でも、身体に合えば非常に効果がでるものです。

  

 

キーワード別 一覧へ

気管支喘息


55才の自営女性


3年前の春に風邪をひいてから、呼吸困難を伴う喘息になった。

以後、吸入ステロイド薬、咳止め薬、抗アレルギー薬、抗生物質を

連続服用してきた。しかし、ここ半年は種々薬を変えても、効果が

なく、新薬は身体の合わないと感じ、来局する。


NONALNUM-44OA44Km44Oz44Ot44O844OJ-E



 症状は:早朝と夕方の乾いた咳で、痰はほとんど出ない。

      喘息の診断だが、呼吸困難は軽い


     体格は中背ながら、やや小太り。食欲・便通に異常はなく

        他の成人病治療はしていないが、更年期症状がとき

        どきでる。(逍遥性の発熱感)

  対処方法は;体力てきに、消耗している状態にはみえないので、

        実喘に用いる

          神秘湯(しんぴとう)を煎じ薬にて、飲んでもらう。


 1ッ月後には、新薬系の種々の薬を止めて、漢方薬のみにするが、全く
 
 咳が出ないわけではないが、7分どうり改善したとのこと。以後は、

 症状のあるときのみ神秘湯をつかい、それ以外は柴朴湯(さいぼくとう) 

 を飲んで、半年ほどお薬を飲んで、症状を落ち着かせた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最近の喘息治療は吸入型のステロイド剤にて、喘息発作をコントロールする

 ようだが、なかにはお薬が合わない方もいるようです


 

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0123 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.