• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「皮膚掻痒症(皮膚掻痒症)」



82歳の女性。

長身・普通体型。5年前から、特に冬に暖房が入ると、身体特に背中が痒く、手や孫の手などで、掻いては傷になる。

皮膚科にいくも、痒み止めや、保湿のクリームをぬっていたが、めんどくさくなり、それも塗らなくなった。

見ると、背中には毛孔部に掻いた瘢痕が多数あるが、特に紅班もない。

老人性の皮膚乾燥型の掻痒症に使う、当帰飲子のエキス剤を飲んでもらう。まずは、1ヶ月として漢方薬を渡した。

しかし、効果がよくわからないとの、再らい局時の話から、一人暮らしなので、煎じ薬の当帰飲子を真空パックにして製剤化して、毎日朝・夕1パックあて、食前にのんでもらった。


NONALNUM-MDAyLeOCs-ODlOODvA-E



すると、エキス剤では効果のなかった、痒みが徐々におさまり、2ヶ月ほどの服用で、なくなり、あれほどあった掻破痕もなくなっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  煎じ薬、恐るべし・・・・

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0087 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.