• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「脂漏性皮膚炎」



3年前の春に、顔の紅い皮膚炎ができて、皮膚科でみてもらいと、脂漏性皮膚炎

といわれて、軟膏をもらい夏まで治療をして治ったことがあった。

この4ヶ月前から、また、顔面の紅班がひどくなり、やはり同じ皮膚科に受診した

ところ、ロコイド軟膏・ニゾナール軟膏。ビタミンB・Cなどをもらったが、今度は

逆に悪化してしまった、その後より強い最高ランクのステロイドになり、不安に

なり、漢方薬を希望されて来局する。

 中肉・中背で、顔の両面に、紅班と毛孔性の皮疹、また吹き出物の混在して

 いる状態で、眼瞼に症状はなく、痒みはないがほてりがある。


これに、定番の体質改善薬の十味敗毒湯(じゅみはいどくとう)を煎じ薬で、火照り

・紅班に対応する漢方薬の黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を散剤で飲んでもらう

ことにした。

まず2週間の服用で、ほてり・紅班が楽になってきて、さらに2週間分持って帰った。

その後来局がなかったが・・・

それから、半年過ぎたころにフラッと表れて、以前の顔の漢方薬が欲しいという。

  聞いてみると、あれから、ほとんど症状がなくなり、そのままのしていたら、

  ここ1ヶ月前から、同じようになる感じがして、不安になり、漢方薬を求めて

  きたとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 こちらの思うようには、漢方薬をきちんと、飲んでくれないこともたくさんあります。

cherry_bossom_01_s



 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0092 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.