• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「蕁麻疹」

機械型蕁麻疹

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

皮膚への刺激でおきる機械的に起きる蕁麻疹があります。
身体への軽い刺激で、入浴などでも起きます。また、痒みのため搔破すると、よけい皮
膚状態はひどくなるようです。
あまり原因にこだわらず、皮膚病に対する漢方では、皮膚症状に対応していけば。蕁麻疹はよいようです。

35歳の主婦。1年前の産後から、知らないうちに膨疹ができるようになった。ドラッグや
皮膚科で抗ヒスタミン薬をもらい、治療をしてきたが治りきらないので漢方薬を求めて来局される。

来局時の皮膚の状態は、掻いた瘢痕があり、皮疹は目立たないようだが、ボールペン
で皮膚を刺激すると、そのあとに、膨疹ができる。痒みは軽く、我慢はできるという。


NONALNUM-44Ki44OI44OU44O8MQ-E


 

経験から、風熱型の蕁麻疹と考え、十味排毒湯に黄連解毒湯を併用し、煎じ薬にして飲んでいただいた。
2週間後、軽度になり、さらに2週間の服用で、ほとんど目立たなくなったが、念のため
、1ヶ月ほど、飲んで再発がないことを確認して、漢方薬をやめてもらった。

 

キーワード別 一覧へ




以前から、朝おきると、上肢。身体上部に地図状の蕁麻疹ができている。

動いているうちに、なおってしまう。また汗をかくと、蕁麻疹がでることが多い。

汗の出る部位に関係する蕁麻疹から、桂枝麻黄各半湯(けいしまおうかくはんとう)

のエキス剤を飲んでいただいく。

2週間ほどの服用で、効果がでてきた。

しかし、すぐ眼瞼周囲に紅班がでて、梔子柏皮湯をつかうとまたすぐ治ったが、

外に出て、太陽にあたると、顔全体がひりひりして、紅くなる。日焼けとは違うという。

こんどは、日光過敏性の皮膚炎につかう、白虎加桂枝湯(びゃこかけいしとう)に変

えると、またすぐ効果がでた。

しかし、腹部から下肢に蕁麻疹が出始めたとの訴えある。

一時的な漢方薬では効果が似ように思い、体質改善の効果もある竜胆瀉肝湯(りゅう

たんしゃかんとう)にする。

こんどは、症状がなくなり、他の場所にも、蕁麻疹や皮膚炎は出なくなった。

 

キーワード別 一覧へ



5年前に、転居してから、身体・四肢の蕁麻疹に悩まされる。

抗ヒスタミン剤や、時には内服ステロイド薬も、使ってきた。一時てきは良くなるが、完全に皮膚状態が良くなることがないまま、漢方薬も、自費の漢方薬局や皮膚科で、保険の漢方薬を飲んできたが、あまり変化はなかった。

身長155cm、体重54kg

症状は、二の腕、腹部と臀部に、地図状の典型的な蕁麻疹がでている。痒みもあり、ところどころに搔いた跡がある。

今まで飲んできた漢方薬は、消風散、十味敗毒湯、越婢加朮湯などがある。

生理がとても不順で、月経痛があることから、また定番の皮膚漢方薬が効かないことから、*駆於血剤も使用してみた。

   通導散末と、荊芥連翹湯(煎じ)の併用して飲んでいただいた。

徐々に、生理時の痛みが楽になるとともに、蕁麻疹も出なくなった。都合四ヶ月間の服用でなおった。

* 漢方薬では、身体部の血が鬱滞した状態をさす。

    

 

キーワード別 一覧へ



70歳の女性。

1年半前から、全身の痒みで、蕁麻疹の診断で病院の皮膚科にて治療をしてきた。ステロイド剤や、ヒルドイド軟膏などを使ってきた。
よくならないので、途中で治療を中断していた。

全身に痒みがあるが、丘疹ははっきりしていない。皮膚乾燥による老人性掻痒症のようでもある。

ただ、下痢が1日2から3回もある。食べると必ず下痢をしている。アルコールがおおく、毎日ビール500ml×2缶、喫煙もしている。薬は飲んでいない。

ビールや1日の水分摂取量が多いので、茵陳五苓散と十味敗毒湯を煎じ薬にて、飲んでいただいた。患部(ほぼ全身だが)には、漢方系の保湿クリームを塗っていただく。当然、ビールを含めて、1日にとる水分量を減らしていただいた。


ill56



10日で、痒みが半減してきた。ほぼ2ヶ月間服用で、下痢も治まり、身体の痒みも出なくなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 蕁麻疹なのか、不明ながら、下痢を治すことで、痒みも治まった。やはり、煎じ薬だと効果が早いようですね。



image17



 

キーワード別 一覧へ

以前より、自律神経と皮膚病との関連性は、以前からいろいろなところで言われてきました。

蕁麻疹と神経と関係もそうです。



10年以上も前から、時々でていた蕁麻疹があった。

このたび、半年前から、以前はすぐ治っていた蕁麻疹が、治療をうけてもなかなか治らない。以前当薬局の漢方薬で、痒疹をなおした人からの紹介で、来局される。(TT)

ほぼ全身に、地図状の盛り上がった丘疹があり、紅く、痒み、痒いた痕跡、古い患部は色素沈着を起している。

仕事がら、常にイライラがあり、寝付きはよくなく、最近は夜中に目が覚めることもある。便通は3日に1回で硬く、常に便秘きみ。ダウン矢印

温熱性の蕁麻疹につかう、消風散(しょうふうさん)とイライラの蕁麻疹につかう、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)を併用して、のんでもらうと、1ヶ月の服用で、新しい発疹はでなくなった、仕事をしながらの治療のためか、完全にでなくなるには1年かかった。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4

 イライラをとる漢方薬を併用するすることで、慢性の蕁麻疹もよくなりました。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0128 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.