栃本天海堂薬局 福島店

  1. HOME
  2. お知らせ

お知らせ

前回、瓊玉膏の効能は『填精補髄』であり、『填精補髄』とは『精』を充填することによって『髄』を補うこととご紹介しました。今回は、この『填精補髄』から、とくに『精』について、もう少し詳しくお話したいと思います。

まず『精』についてですが、『精』とは漢方では、すべての物質の基本となるものであり、以下のような作用があると考えられています。

①性機能、生殖機能の維持
②成長、発育の促進
③抵抗力を強める

この『精』は、若いうちは充実していて、体の成長や発育を促進させ、性機能の維持に働きますが、年を経るにつれ減少していき、髪が抜けたり腰がまがったりといった老化を招くようになります。老化を防ぐには、『精』の補充が大事なのです。
さてこの『精』ですが、生成の方法により、二種類に分けられています。一つ目は、父母から受け継いでつくられる先天の精というもので、二つ目は、飲食物からつくられる後天の精というものです。
先天の精は生まれつきもっているものですので、精の補充のためには、後天の精を増やすことが重要になるのです。

瓊玉膏には、『瓊玉膏とは③』でご紹介したように、地黄という生薬が含まれています。この地黄、特に地黄を蒸したものである熟地黄には、『精』を補う働きがあり、後天の精を増やすことができるのです。
よって瓊玉膏の服用によって『精』が補充され、老化の防止や抵抗力の向上といった効果が期待できるようになるのです。

今回は主に『精』についてお話しました。次回は、瓊玉膏と免疫について、ご紹介したいと思います。

 

キーワード別 一覧へ

 瓊玉膏とはどのようなお薬であるか、ずっとご紹介してきました。瓊玉膏は、『瓊玉膏とは①』でお話したように、アンチエイジング美容効果病気になりにくい体をつくるという主に三つの効果があるお薬です。
 前回まではアンチエイジング美容効果についてお話してきました。今回からは、瓊玉膏と病気にかかりにくい体をつくることについて、ご紹介していきたいと思います。

 瓊玉膏の効能は、『瓊玉膏とアンチエイジング①』でお話したように、漢方では『填精補髄』という言葉で説明されます。『填精補髄』とは、『精』を充填することによって、『髄』を補うことです。『精』とは、人体すべての物質の基本になるもののことで、成長・発育の促進作用や、体の抵抗力を高めてくれる働きがあると考えられています。
 つまり瓊玉膏は、『精』を満たしてくれる効能があるので、体の抵抗力を高め、病気にかかりにくい体をつくるのです。

 以上が漢方的にみた、瓊玉膏がなぜ病気にかかりにくい体をつくるかの理由になります。さて病気にかかりにくい体とは、免疫力が高い体ということです。次回は、瓊玉膏と免疫のお話をしたいと思います。

 

キーワード別 一覧へ

 瓊玉膏と美容について、お話してきました。今回はそれらのまとめをしたいと思います。

 瓊玉膏の美容のメカニズムについてまとめると、以下の3つが要点となります。
 血流を良くする腸内環境の改善活性酸素の除去

 まず、血流を良くすることにより、ターンオーバーすなわち肌代謝を活性化させ、くすみシミシワたるみ乾燥といった肌の様々なトラブルを改善させる働きをもちます。
 また、デトックス効果善玉菌を増やすことによって腸内環境を改善し肌荒れニキビを防ぎます。
 さらには、活性酸素を除去する効果をもち、紫外線による肌へのダメージ、例えばシミハリの低下、シワたるみの発生を抑えます。
 以上の働きによって、瓊玉膏は美容の効果を発揮するのです。まさに、飲む美容液なのです。

 瓊玉膏はもともと、中国の宋の時代に、不老長寿を目的としてつくられた薬です。よって、アンチエイジングの効果もあります。老化が一番かたちとして現れるのは、何といっても肌です。老化は肌に現れるのです。つまり、瓊玉膏を美容目的で飲むことは、アンチエイジングにもつながるのです。

 美容は一日でなるものではありません。ターンオーバーは一般的には4週間です。まずは4週間、ご使用になられましたら、効果が感じられるようになります。
 まずは4週間。この4週間から、あなたの新しい世界がはじまります。

 次回からは、瓊玉膏と病気にかかりにくい体をつくることについて、お話していきたいと思います。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0082 sec.
Copyright© Tochimoto Tenkaido Pharmacy. All Rights Reserved.