電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 0120-124-755漢方相談 くすりのわかばやし(群馬県沼田市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • 健康トピックス
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

5f0b14a21a68e03c566107c88bf5971b-225x300












朝は雪が飛んでいたのに

日中は春らしい日差しになりました

いよいよ春!!


新一年生、新入学、新生活スタートには

環境の変化からのストレスで

胃腸の調子が悪くなりやすい時期でもあります


漢方では

「胃は中なり」

「胃の不調は万病の元」と言われる様に

胃が悪くなると

様々な病気を引き起こしやすいと言われてます


江戸時代の『養生訓』漢方医  貝原益軒の書物に

書かれているなかに


「胃腸を整えるのは、ヒトの体にとって第一の養生法である」

と記されています。


養生法には

腹八分目

今の飽食の時代では腹いっぱいは知っていても

中々腹八分目が出来にくいですよね


・お腹がすいてから食べる

時間だから食べるのではなく、一日の中で空腹を知ることは大切です


冷たいものを避ける

夜になってからアイスクリームや冷たいジュースは

お腹を壊すだけではなく

免疫力も下げちゃうので注意しましょう


ちなみに体温が一度上がると免疫力が5~6倍に

なるといわれますから

冷たいものを夜とるのは控えた方がいいですね

胃腸の好むもの

昔から胃腸の好むものとは温かいもの,

軟らかいもの、薄味の物

・夕食は軽く

夕食は朝食に比べて食後に活動することがないので

胃にたまりやすので少量が理想です


そして一番大切なことは


怒ったり、心配ごとを抱えながらの食事は

自律神経のバランスが乱れたり胃腸が正常に働かないからだと言われています

(ホノミ慢研ニュースから)
233




昔から漢方ではずうっと同じようなことが言われています



お店に入ってもらうとわかるのですが

『職は命なり、

食正しからざれば、

病生じ、

病を得ても

食正すことを得て即癒ゆ』



食養生

人の身体は食べ物でできています


命を頂くことで生きているので

食事の前には

『いただきます』♪♪♪


456