電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 0120-124-755漢方相談 明誠堂くすりのわかばやし(群馬県沼田市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • 健康トピックス
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

FullSizeRender10
















今朝の上毛新聞より

『胎児期のホルモン受容不足』

高崎健康福祉大学の研究から



ネグレクトマウスは、脳下垂体から分泌される「プロラクチン」が妊娠中から出産直後にかけて少ないと通常の育児に支障が出るという



そして人でも関連していると結論つけているそうです

お母さんになるという希望を持つのと

家族が増える喜び、確かに妊娠、出産は大変なことであり

そして人生最大の喜びでもあります

10月10日お腹の中で胎動を感じそしていつくしみながら育み

ようやくの出産で疲れ果ててしまうのが判ります



健やかなお産で幸せな子供が育つ

良い胎教と良いお産で

健康な赤ちゃんが生まれるために

始めましょう、赤ちゃんのためそしてご自分の体のために

漢方薬がお手伝いできます



胎教教育は良い音楽や良い絵を見ることも

良いと思います



さらに胎教教育の森本義春医師は

『胎教での2週間の絆作りは生後10ねんの教育に勝る』とも言われます。



また群馬県沼田市には

故久保博先生が胎教について唱えておられたものがあります

『胎教については、昔からどこの国でも、その重要性が説かれてきました。たとえば、中国では「良い子を産み育てることには、妊娠中、身をつつしみ、精神を安定させること」

日本では「母親と胎児が一気(一心同体)であること」が大切であるとされ…・・・・・

胎児は妊娠初期から素晴らしい能力を持っています。ですから、早くから胎児の持っている豊かな可能性を引出それをはぐくみ、伸ばしてやることが現代の胎教と言えましょう』



母親から毎分沢山の動脈血が胎児に贈られるわけですから

まずは妊娠継続するために

そして赤ちゃんに十分な血液を送るためにも

漢方薬がそのお手伝いをしていきます


72