電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 0120-124-755漢方相談 明誠堂くすりのわかばやし(群馬県沼田市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • 健康トピックス
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

桜の花の開花が待遠しい今日この頃です。

a0fbe914a5fd4333766676a2049ae127-1-e1520419711336
















店頭は花粉で辛い方が多くなっています
寝むくなりにくい!!
口が渇きにくい!!
漢方薬の鼻炎薬が今年も人気です

そしてそれと併せて目のかゆみを抑える漢方薬
寝室がスッキリして
鼻の通りがよくなるはっか油など
少しでも花粉症を
楽に乗り越えられるお手伝いをアドバイス
させていただいてます

桜だけでなく年度末でもあり
歓送迎会やいろいろなイベントが盛りだくさんの方も多いはず

こんな時よく質問されるのが
妊娠希望の方のアルコールでしょうか?

お付き合いだから飲まないわけにもいかないし
と悩んでいる方は
ちょっと目を通してくださいね

『妊娠を希望するカップルにとってのアルコール摂取』

妊娠を望むカップル、不妊治療を受けているカップルにとって、
アルコール摂取については、少々、気になるところです。

「飲み過ぎ」は健康に損なうことは言うまでもありません。

40b88dd134f887859f03d0746cb718dc















また、妊娠中や授乳中はお酒は控えるべきことはよく知られていると思いますが、

妊娠前については、飲酒の影響はどのように考えればいいのか・・・

まず、厚生労働省が飲酒についてのガイドラインを定めています。

『厚生労働省による飲酒のガイドライン』

厚労省は
「通常のアルコール代謝能を有する日本人においては、
節度ある適度な飲酒として、1日平均純アルコールで20グラム程度である」と定めています。

1日の飲酒量の目安の「アルコール20グラム」は日本の基準飲酒量の1単位に相当します。

ただ、これだけではどれくらい飲めるのかよくわかりません。

お酒の種類によって、アルコール度数が異なりますので、
アルコール20グラムというのはどれくらいの量なのか、

それぞれのお酒の種類ごとの1単位の量は以下の通りです。

・ビール(アルコール度数5度)  中ビン1本(500ml)
・缶チューハイ(アルコール度数5度)1缶(約500ml)
・ワイン(アルコール度数14度)  グラス1杯(約180ml)
・日本酒(アルコール度数15度)  1合(180ml)

1日に飲む量はこれくらいまでにしておきましょうということです。

さらに、厚労省は週に2日は休肝日にするように提案していますので
「週に5単位」ということになります。

ただし、これは、あくまで、一般向けのガイドラインで、残念ながら妊娠希望のカップルのためのガイドラインは決められていません。

これまでアルコール摂取と妊娠する力の関係について調べた研究が多数実施されていますので、

それらをご紹介いたします。

『アルコール摂取と妊娠する力』

これまでアルコール摂取量と妊娠する力の関係を調べた研究報告では、

アルコール摂取量が多くなると、やはり、妊娠しづらくなるとしています。

ただし、週に5単位くらいの飲酒量であれば、妊娠しづらくなるとするものもあれば、
影響しないとするものもあり、反対に妊娠しやすくなるという報告もあったりして、「いろいろ」です。

代表的な論文を紹介します。

スウェーデンの研究でストックホルム在住の7,393人を対象に
アルコール摂取と不妊症のリスクとの関係を18年間に渡って調べたところ、

週に7単位以上飲酒する女性は、週に2~7単位未満飲酒する女性に比べて不妊症リスクが58%高く

週に2.5単位未満しか飲酒しない女性は、週に2~7単位未満飲酒する女性に比べて不妊症リスクが35%低かった

といいます。

また、7,760人のデンマーク女性を対象に平均4.9年間追跡調査した研究では

女性の年齢が30歳未満であれば、
アルコールの摂取量は妊娠に影響を及ぼさなかったのに
30歳を超えると、週に7単位以上飲酒する女性は、
週に1単位未満の女性に比べると、
不妊症のリスクが2.26倍だったと報告しています。

アルコールの摂取量が多くなるほど妊娠しづらくなり、
その影響は年齢が高いほど顕著になるというわけです。

その一方で、飲酒したほうが妊娠しやすくなるとの報告もあります。

29,844人の妊婦にアルコール摂取と妊娠するまにかかった期間を調べたデンマークの調査では
週に14単位以上の飲酒は妊娠しづらくなるが

週に7単位以下であれば、飲酒すは妊娠するまでの期間に影響を及ぼさず、
全く飲まない女性に比べて妊娠しやすくなったというのです。

また、アルコールの種類別に妊娠するまでに要した期間を調べてみると

ワインを飲む女性はワインを飲まない女性やビールやスピリットを飲む女性に比べて摂取量に関わらず、
妊娠までの期間が短いとの結果が出ています。

ワインにはポリフェノールが含まれており、抗酸化効果もあるのかも知れません。

お酒だけで調べてもこれだけいろいろ情報があるわけですから
時たま楽しくお酒を楽しむというのも
ストレス解消には必要なのかもしれません

一緒に考えてみませんか

漢方薬は
妊娠し易い体つくりのお手伝いをしています