街ゼミ~認知症予防~ | 明誠堂くすりのわかばやし (群馬県沼田市) - 漢方薬局 相談サイト 漢方薬のきぐすり.com

電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 0120-124-755漢方相談 明誠堂くすりのわかばやし(群馬県沼田市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • 健康トピックス
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

こんにちは!スタッフの丸山です(^O^)

今日はダイエット記録を少しお休みして、

先週開催された街ゼミのレポートをさせていただきますね。

今月のテーマは『認知症予防について』です。

今月も、若林先生がお話をしてくださいました。

83













若林先生がホノミ全国大会でご講演を聞いてこられた

医学博士 脳科学専門医 山嶋先生の講演内容を

解りやすくお話し下さいました。


又、山嶋先生の御著書のなかの

「認知症が嫌なら油を変えよう」の本の内容解説もありました。

↓↓↓

5806b1a3cf50b825804ec893ebfae51f-e1526894583858-150x150











皆さんも、認知症、アルツハイマーという言葉はもちろんご存知かと思います。

ならないといいけど…

なりたくないなぁ…

と思われている方も多いのでは?



風邪やインフルエンザの予防には、うがい手洗いやマスク、

日焼け予防には、日焼け止めや帽子、

食中毒予防には、消毒や調理方法を工夫する、

など、いろいろな対策をしているかと思います。


では、みなさんは何か認知症の予防をされていますか?

認知症って予防ができるの?

と思われる方も多いかもしれませんね。


いつもでも若々しく元気に!が理想ですが、

残念ながら

私達人間の脳も木と同じようにだんだんと枯れていってしまいます。


認知症は、45歳で発病すると言われており、

ゆっくりとゆっくりと進行していきます。

もちろん進行速度には個人差がありますが、

この段階では、認知症という自覚はもちろんありません。

82













・あれ、どこに置いたっけ?どこにしまったっけ?

・あの人なんて言う名前だったっけ?

・あのお店に寄ろうと思ったのに忘れてた!

・家のカギ締めたっけ?

・今朝薬飲んだっけ?

などなど日常生活の中で、

『最近忘れっぽくて~』『若い頃のように覚えていられないよね~』

何て事が多くなってきているかと思います。

これが、認知症の発病になるそうです。


潜伏期間20年を経てだんだんと進行し、65歳頃に発症してしまうと、

・友人やご家族にも『どなた?』

・自分の家がわからない

・喜怒哀楽の変化が大きくなる

・物を見当違いの場所へしまってしまう

など、明らかに物忘れとは違う症状が出てきます。


この時点でご家族や周りの方々が、だんだんと発症に気づいてくるでしょう。

その後、70歳頃認知症と診断されるというわけです。


もちろん認知症を発症されない方も沢山いますよね。

発病していても症状として表れなけれ発症しているとは言えません。

では、発症を遅らせる、発症させないための予防ができれば一番いいですよね。


そして、漢方薬でおススメなのがパナパール錠です。

パナパール錠に含まれる生薬が、『認知症予防の特許』を取っているんです。

認知症はご本人の大変さはもちろん、周りのご家族の手助けも必ず必要になってきます。

山嶋先生は『パナパール』を飲んだ方達の

飲む前・服用後の検査を通して

飲んだ方たちにしっかりと良い結果が出たことを指標で示されているそうです。


どんな方が

『パナパール』を飲んだら効果が出るのかという

結果も教えて下さったそうです。

脳の血流を良くすることがまず第一!!


そして普段の食生活や生活の仕方が大きく影響します。

それは

まず、食事作りに欠かせない油です。

揚げ物や炒め物をするために、

煮物を作るのにも先に材料を炒めてから…と

油を使わない食事の方が少ないのではないでしょうか?


皆さんは、揚げ物をした後の油はどうしていますか?

もったいないから濾して使いまわす?

一度きりで処分する?

そもそも揚げ物は買ってくることがほとんど…


サラダ油が沸点を超えて時間がたって酸化したもの、

つまり揚げ物をして残しておいた油の成分が

人間の脳を枯れさせる原因になってしまうそうです。


私たちにできること、少な目の油で揚げて毎回処分する、

揚げ物をする場合にはこれがいちばんではないでしょうか。

炒め物にはサラダ油よりもこめ油やオリーブオイルがいいでしょう。

(オリーブオイルも酸化を防ぐために小さいボトルを選びましょう)


老後、お子様になるべく迷惑をかけたくない、

なるべく自分でできることは自分自身で、

という方は、漢方薬で今から発症させない、

発症を極力遅らせるという方法もあります。

詳しくは店頭でご相談くださいね。


今回ご参加いただいた方は、みなさん45歳を超えていました。

つまり、発病はしている年齢です。

物忘れや覚えられないなどの症状は、みなさんあるあるでした。


みんなそうだし、もう若くないし仕方ない、で済ませていいですか?

ご自身のために、お子様のためにも、今からの予防をぜひ!


実際当店でもパナパール飲まれている方は

☆疲れにくい

☆体温が1℃上がった

☆風邪を引きにくくなった

☆若い方は生理が順調になった

☆足の冷えが気にならない

☆睡眠中目が覚めないなど沢山の嬉しい報告を頂いています。