電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 0120-124-755漢方相談 明誠堂くすりのわかばやし(群馬県沼田市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • 健康トピックス
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

毎朝の洗顔やさしく洗っていますか:)

実は

【お肌のバリアーはラップ1枚分!】

なんです!!:o

人のお肌は油や水分でできる「皮脂膜」と

その下にある「角質層」で

外からのさまざまな刺激や体からの水分の蒸発を守って

健やかな状態を保っています。

ただ、その大切な角質層の厚さは

なんと…わずか0.02mm!!

ベラッベラでサランラップと同じ薄さです。

この薄さでお肌を守ってくれているんですから

それはそれは大切にしないといけませんよね。(・_・;)

でも水道水の塩素、 紫外線、ごしごし洗いの洗顔などが

お肌へ負担になり、薄っぺらい角質層が

傷んでしまっている方が とても多いのです。

そして「合成界面活性剤」は

角質層にも影響を与えます。(。>﹏<。)

お肌の表面は「ラメラ構造」と言って

油分の層と水分の層がミルフィーユのように

バランス良く重なり合って、バリアー機能を

正常に保っているのですが

お化粧品に使われいている合成界面活性剤が

角質層のラメラ構造をバラバラにしてしまうんです。((+_+))

こうして、角質層にダメージを受けたお肌は

外からの刺激にも弱く、水分を保つ力も落ちてしまうので、

シミやしわ、乾燥などの肌トラブルを起こしやすくなります。

特にクレンジングと洗顔料は良いものを使っていただきたい!

合成の界面活性剤ではなく お肌に優しい植物性の

界面活性剤を使用しているもの!

とお伝えしたいのは、

このわずか0.02mmのお肌の表面を守るために

とっても大切だからなんです(●^o^●)

そしてこれは、クレンジングや洗顔に

限った話しではなく、乳液やクリームを

作るためにも、水と油を混ぜるための

「界面活性剤」が必要になります。

乾燥から お肌を守るために使った

乳液やクリームで

実はお肌のバリアーである角質層にダメージを与えてしまい

常に乳液やクリームを使っていないと

保湿できずに乾燥してしまう お肌になってしまうんです。((+_+))

お肌へのやさしさに徹底的にこだわり、

毎日のお肌ケアに使うエッセンス、ローション、ゲルには

『界面活性剤不使用』を使いましょう!!

(*^_^*)

お肌本来の健やかさや潤いを甦らせる美容成分もの

本来は浸透しなかった肌の奥までお肌を元気にする美容成分を

\(●^o^●)/

もちろん無香料・無着色・無鉱物油での物がベストですね

お化粧品は365日、お顔に直接使うものですから、

1年後、5年後、 10年後のお肌のために

本当に信頼できるものを選びましょう。

詳しくは店頭で