電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 0120-124-755漢方相談 明誠堂くすりのわかばやし(群馬県沼田市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • 健康トピックス
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

女性なら赤ちゃんが欲しいハート

と思う気持ちありますよね:)

例えば

好きな人が出来た時

結婚しようかなと思った時

結婚して落ち着いたら・・・

欲しいと思ったらすぐにできると思いますか?



今なかなかそんなに欲しいと思った時に出来るって

難しくなっているんです。

では

卵子はどれぐらいの期間をかけて育つと思いますか?

ご来店される女性によく質問してみます



意外と自分の体を知らないものです。





勿論ダイエットでもそうなんですけど

『あれっ?生理前ですね』と聞くと

『なんでわかるんですか?』と驚かれることが多々あります。

これ自分の身体の声が聴けてるのかな~



高温期は体温が上がるために

食欲が増してついつい体重も↗気味



食だけではなく、生命誕生に関わる事も同じように感じます。



生命の誕生って病院に行ったからでも

何を飲んだからだけではないと思います。

お子さんが欲しいと思ったら



2年前からの準備が大切と

受胎してからでは遅すぎる

お母さんの意識を変えてくださいと本の中にも書かれています

『マイナス2歳からの子育て』 鈴木昭平 著



そうです!!

準備は今日から

口にするもの、ライフスタイルが最も大切です。

11時までにはベッドに入る

なるべく冷たいものを控えるとか



たとえば不育症では

・貧血
・アレルギー(アトピー性皮膚炎 喘息 アレルギー性鼻炎など)
・感染症
・高齢の方のリスクが大きいように思います。

これは相談をしていて分かったことです。

しかしこれらの方が必ず不育症になるわけではありません。



実際妊娠されて育児を楽しくされているし

私自身も高校性から20歳くらいまでは貧血があり36歳の初産ですから・・・

ではどうしたら



食事や生活に気をつけて、漢方薬を服用している方が、効果的でしょう。

血管にも栄養が行き届けば自前のホルモンを湧かして

子宮や卵巣にも行き届くはずです。
それが妊孕力の底力を上げる事に役立つのです。

原因からのアプローチをすることが大切だと思います。

経験を積み重ねて現代にも通じる漢方や、

生理学的に必要な栄養療法のほうが、安全性も高く根本的です。

まずは自分の身体の基本に戻って

原因から考えましょう

漢方薬がお手伝いできます。

当店の「不育症」出産率が高い理由は

ここにあります。

akachan