• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

 「漢方薬は温かくして飲んだ方がいい」と耳にすることもあるでしょう。今回は漢方薬を服用するときの温度について少し述べてみましょう。

 古典に載る漢方薬は、ほとんどが煎じ薬です。そして、服用する温度が指示されている処方がたくさんあります。二陳湯(にちんとう)は熱いうちに服用する「熱服」、葛根湯(かっこんとう)は温かいうちに服用する「温服」、鶏鳴散(けいめいさん)は冷まして常温で服用する「冷服」などです。処方の内容や服用する人の状態によりさまざまな飲み方をしていたことが分かります。

 目的によって服用するときの温度を変える酸棗仁湯(さんそうにんとう)という漢方薬があります。中国・明の時代に著された医学書「万病回春(まんびょうかいしゅん)」に記載されています。現在一般的に使わる酸棗仁湯とは異なりますが、主に不眠症、神経症などに使われます。この漢方処方の飲み方は、「睡眠が不要なときは熱くして服用し、必要なときは冷たくして服用する」となっています。温度の違い一つで正反対の効果に変わる薬もあるのです。

 漢方薬の顆粒や錠剤の多くは、古典に記載される煎じ薬を元に作られています。そのため、飲み方も古典に記載される指示を参考にした方がよい場合もあります。

 服用する漢方薬によって異なるので、専門家に相談して上手に利用してください。

 桂枝湯(けいしとう)という風邪などに利用される漢方薬をご存じでしょうか。今回は桂枝湯から広がる処方を少し紹介します。

 桂枝湯は中国・後漢時代の医者、張仲景によって著された医学書「傷寒論(しょうかんろん)」(全16巻)に記載されています。桂枝・芍薬(しゃくやく)・甘草(かんぞう)・生姜(しょうきょう)・大棗(たいそう)の5種類の生薬(しょうやく)が配合されます。こに生薬を追加していくことで、処方名や利用目的が変わっていきます。

 芍薬の量を増やすと「桂枝加芍薬湯」という処方になり、下痢やしぶり腹など腸の不調に利用されます。さらに大黄を加えると、腸の不調で便秘がある場合に利用する「桂枝加芍薬大黄湯」になります。

 桂枝加芍薬湯に膠飴(こうい)という生薬を加えると「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」になり、虚弱体質の人を補います。自然と汗をかいたり、息切れがするような、より虚弱な人には、さらに黄耆(おうぎ)という生薬を加えた「黄耆建中湯」が適します。

 小建中湯の膠飴を去り当帰(とうき)という生薬を加えると「当帰建中湯」になり、婦人病からくる下腹部痛、神経痛、腰痛などに利用されます。

 一つの処方に少しの生薬を加減するだけで、効果が大きく変化するのです。漢方薬の効き目の不思議さが少し想像しやすくなるのではないでしょうか。

「屋根より高い鯉のぼり~」の歌でおなじみの、鯉のぼり。男の子の健やかな成長を祝う端午の節句には欠かせない飾りです。

もともと、鯉のぼりは、武家社会の風習を起源とします。室町時代から、武家社会では男児の出生を祝って端午の節句に家紋を入れた旗や幟(のぼり)を飾る習慣がありました。

江戸時代になると、この風習が庶民の間にも広がりました。当時、大きな経済力をもちながらも社会的な身分が低かった商人が武士に対抗し、「鯉が滝を登って竜になる」という立身出世を意味する中国の故事にあやかって、幟に鯉を描いたのです。これが、鯉のぼりの由来だといわれています。

現在でも、端午の節句に鯉のぼりを飾るのには、「生まれた男の子が立派に成長してくれるように」という意味があります。

漢方薬の剤型は大きく分けて、錠剤・顆粒・煎じ薬の3種類です。その中でも、漢方薬本来の形である煎じ薬は、漢方薬の良さを一番引き出すことのできる剤型です。しかし、煎じ薬であれば必ずしも効果が出るというわけではありません。

 一口に煎じ薬と言っても、自然のものを原料とする以上、使う原料の品質によって良し悪しが決まります。ですが、一般の人では生薬(しょうやく)の品質を見分けることが難しいでしょう。

 今回は簡単な目安を2点紹介します。

 まず、生薬の色だけではなく、見た目がきれいかどうかに注目してみましょう。良い生薬を見たときは多くの人が「きれいだ」という印象を持つことが多いようです。

 また、一般的に品質の良い生薬は、細かく加工されることはあっても、粉々に加工されることはありません。

 皮膚の悩みを持つ県外在住の方がやって来たときのこと。「消風散(しょうふうさん)の煎じ薬を飲んでいるが、あまり効果がない」と言います。お話を伺うと、消風散はその方に適しています。不思議に思い、その方の飲んでいる煎じ薬を生薬のまま見せていただくと、あまり品質が良くありませんでした。そこで、品質の良い生薬の消風散に切り替えたところ、効き目が現れました。

 その人に適した薬選びができていても、品質の良い生薬を使用していない漢方薬では、その良さを十分に引き出せないことがあります。剤型だけでなく、原料の品質も大切なのです。

 花粉症のつらい季節がやってきました。現在、日本では4人に1人が花粉症だといわれています。特に、2月から4月にかけて飛散するスギ花粉で悩んでいる方は多いことでしょう。

 花粉症の代表的な症状と言えば、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。その中でも、さらさらした鼻水が垂れてくるのは困ったものです。私も昨年の今の時季に、下を向けば鼻水が垂れてきて往生しました。

 さらさらした鼻水が垂れ、くしゃみが出て困るような時によく用いられる漢方薬に、小青龍湯(しょうせいりゅうとう)があります。

 この薬は、体の中から温め、鼻水やくしゃみなどの体内の余分な水分を排出してくれる生薬(しょうやく)から構成されています。

 もし、錠剤や粉薬の小青龍湯を試して効果がなければ、漢方薬本来の形である煎じ薬で試してみるのもよいでしょう。私自身、花粉症で困っている時に、手軽な粉薬で症状が治まらなかったので、粉薬と同じ漢方薬を煎じ薬をつくって飲んだところ約10分後には症状が治まった経験があります。改めて薬の剤型によって効果が異なることを実感したものです。

 小青龍湯のほかにも、花粉症の症状に用いる漢方薬は多くありますが、漢方は飲む人の症状や体質によって薬を選ぶ必要があります。

 専門家に相談しながら上手に漢方薬を利用しましょう。


Copyright© 漢方相談 薬彩たはら. All Rights Reserved.