• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

加齢とともに、尿もれなどの排尿トラブルを経験する人が増えていきますが、特に女性の場合は40歳以上の3人に1人が尿もれを経験しているといわれています。

女性の尿漏れで最も多いタイブは、笑ったり、咳やくしゃみをしたり、重い物を持ち上げるなど、おなかに力を入れると起こる腹圧性尿失禁です。主に出産などにより、膀胱と子宮を支えている骨盤底筋が緩むことによって起こります。

次に多いタイプは、急に我慢できない尿意を感じ、トイレに行く前に尿もれを起こしてしまう切迫性尿失禁です。加齢によるホルモンバランスの乱れや血流障害によって、膀胱と脳の連携がうまくいかなくなり、過活動膀胱となることで起こります。男性の場合は、前立腺肥大症や過活動膀胱が原因となって尿もれが起こります.

前立腺肥大症の症状は50歳以上の5人に1人はあるといわれ、前立腺が大きくなることによって尿道や膀胱が圧迫されて、急にトイレに行きたくなったり頻尿になったりします。また、膀胱の機能が低下するため、力を入れないと尿が出にくくなることがあります。

尿もれや頻尿は人に相談しにくい悩みかもしれませんが、薬局やドラッグストアには漢方薬をはじめ、おしっこにお悩みの方に適したサプリメントや尿とりパッドなどもありますので、お店で相談してみましょう。

なお、頻繁にトイレに行かなくて済むように水分を控えてしまいがちですが、控えすぎると膀胱炎や脱水症状を引き起こす可能性もあります。何事もバランスが大切です。カフェインやアルコールの摂りすぎには気をつけながら摂っている水分の量やトイレに行く回数など自分の生活を見直してみましょう。


Copyright© 漢方相談薬局 薬彩たはら. All Rights Reserved.