• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

最近、テレビ、新聞や雑誌などで「腸内フローラ」という言葉が話題になっています。人の腸に棲む腸内細菌は数百種類、数百兆個いるといわれており、小腸から大腸までそれぞれの細菌が棲み易い場所に分布し、その種類ことに集団を形成しながら棲みついています。この様相を腸内細菌叢あるいは腸内フロ―ラといいます。

私たちの腸内には、人にとって良い働きをする有益確私たちの腸内には、人にとって良い働きをする有益な菌(ビフィズス菌や乳酸菌)だけでなく、発ガン物質や毒素を作ったり、腸内腐敗を起こしたりする有害な菌でも有害な菌でもない菌も棲んでいて、それぞれ微妙な関係性を保ちながら腸内フローラを形成し、人の健康や疾患に関わっています。

大人の腸内フローラは、加齢、偏った食生活、ストレスや運動不足などにより有益な菌が減少し、有害な菌が優位に傾きやすい傾向にあります。腸内をより良い状態に保つためには、有益な菌を増やし、有害な菌の増加を抑える事が重要です。次のような「腸内環境を整える習慣」を取り入れましょう。

・食物繊維や発酵食品などを含むバランスの良い食事を1日3食きちんと摂る。
・寝ている間は腸が働く時間であるため、夜更かしなどをせず十分な睡眠時間をとる。
・腸の動きを活発にする適度な運動を習慣にする。
・湯船に浸ってリラックスしたり、音楽、映画など没頭できる趣味の時間を楽しんだりしてストレスを発散する。

健康な体づくりは病気を未然に防ぎ、健康寿命を延ばすことにもつながります。生活習慣を見直して、毎日を元気で健やかに過ごしていきましょう。


Copyright© 漢方相談 薬彩たはら. All Rights Reserved.