• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

疲れがたまっているときや、若い頃よりもかぜなどの感染症にかかりやすくなった。それは、免疫力低下のせいかもしれません。

人は生まれ病原体などが体内に侵入すると、咳やくしゃみ、胃液、汗·涙鼻水,唾液に含まれる酵素などによリ体を防御するしくみ(=免疫)をもっています。

これらの防御をすり抜けて侵入してしまった病原体などは、免疫細胞が直ちにとらえて消化·分解します。

一度体内に侵入した病原体などは免疫細胞に記憶されるため再び同じ、病原体などが侵入すると強く反応して同じ感染症にはかかりにくくなっています。

一方で、免疫は体に良いことばかりではなく、本来なら大して害のない花粉などの異物に過剰に反応してしまうと、鼻水やくしゃみなどアレルギー症状を起こすことがあります。

体の中にある免疫細胞の約7割は腸の壁の内側に集まっています。腸は口から食べ物などと共に入った病原体が多い場所で、間違って体内に吸収されないようしっかりと防御する必要があるからです。

食べ物も、本来なら体の成分ではないため”異物“と認識されてしまいますが、体に必要なものとして異物だと認識しないようにするしくみがあります。

そのしくみには腸に生息している腸内細菌の存在が必要不可欠であり、免疫と腸内細菌は密接に関係しています。

一般的に、免疫力は20代をピークに加齢によって自然と低下してしまいます。免疫細胞を活性化するためには、タンパク質、ミネラルビタミンなどをバランスよく積極的に摂取しましょう。

疲れがたまっているときや病後などで食事をしっかり摂れないときにはビタミン類を含む滋養強壮剤を服用するのもおすすめです。腸内細菌の一つである乳酸菌は、免疫力を高めたり、アレルギー症状を抑制する効果があります。乳酸菌含有の食品や乳酸菌などのエサになるオリゴ糖なども毎日摂取しましょう。


Copyright© 漢方相談 薬彩たはら. All Rights Reserved.