• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

熱中症は、厚さが原因でめまいや頭痛などさまざまな体調不良が起こる病気です。暑い場所にいた後に体調不良が起きたら、熱中症を疑って対処しましょう。

私たちの身体は体温が上昇すると皮膚から熱を逃がしたり、汗をかいたりして一定の体温になるように調整しています。しかし、体内に熱がため込まれると血流悪化などにより、諸気ではめまいや立ち眩み、筋肉がつる、頭痛、吐き気などがおこります。さらに重症化すると意識障害、全身のけいれん、ひきつけ、肝臓や腎臓の機能障害、血液の凝固異常など、命にかかわる場合もあります。

熱中症の疑いがある場合は、意識があるかないかでは応急処置の方法が異なるため、声をかけるなどして状態を確認します。

意識がある場合は、まずは涼しい場所に移動します。衣服を緩め、身体を冷やします。次に自分で水分をとるように促し、飲めない場合は医療機関に連れていきましょう。そのあとは、安静が大事です。

意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。次に涼しい場所に移し、楽な姿勢にして、意識がある場合と同じように首やわきの下や太もも付け根など、体表近くに太い動脈が通っているところ保冷剤やペットボトルなどで冷やします。

熱中症を防ぐには、普段から予防策を心がけることが必要です。屋外では直射日光を避け、汗が蒸発しやすい衣服を着ましょう。さらに、脱水症状にならないように、咽喉が乾いていなくても水分や塩分をこまめに補給することが大事です。

薬局などで売られている経口補水液は電解質やブドウ糖がバランスよく配合されており失われた水分や塩分をすばやく吸収することができるので水よりおすすめです。

夏の気温は昔に比べて高くなっています。熱帯夜もふえており、室内の温度の方が屋外よりも高くなっていることがあるため、家で過ごすことの多い高齢者は特に注意が必要です。無理に暑さを我慢せずに、エアコンや扇風機などで室温や湿度を調整し、熱中症にならないように心がけましょう。


Copyright© 漢方相談 薬彩たはら. All Rights Reserved.