• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

認知症とは様々な原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりすることによって記憶や判断力の障害が起こり、社会生活を営む上での支障が出ている状態をいいます。日本での認知症高齢者の患者数は2012年の時点で462万人と推計されており、65歳以上の7人に1人の割合となっています。これが2025年には700万人まで増え、65歳以上の5人に1人が認知症になると言われています。

 認知症には主に4つのタイプがあります。このうち、もっとも多いのがアルツハイマー型認知症で、認知症の3分の2以上を占めます。これは、脳内に異常なたんぱく質が蓄積し、神経細胞が破壊されることで引き起こされると考えられています。次に多いのが血管性認知症で、脳梗塞や脳出血が原因で起こるものです。この他、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症があります。

 認知症の症状には「中核症状」と「行動・心理症状」があります。中核症状とは、脳の神経細胞が死ぬことでその人自身に起こる症状で、記憶障害、時間や場所がわからなくなる見当識障害、理解や判断力の低下、物事をスムーズに進められなくなる実行機能障害があります。一方、行動、心理症状は社会生活を営む上で問題となる症状で、暴言、暴力、興奮、抑うつ、幻覚、徘徊などがあります。

 現在のところ、認知症の行動を抑える薬はありますが、根本的な治療法はまだありません。認知症を予防するためにも最も有効なのは運動です。これは多くの研究結果で示されています。運動によって血流が良くなると、記憶を司る海馬が発達し、脳全体の容積が増えることがわかっています。また、青魚に含まれているEPA,DHAは記憶力の維持に役立つといわれています。毎日、青魚を食べるのが難しい場合は、効率よく摂取できる健康食品を生活に取り入れるなどして、健康寿命の延伸を目指しましょう。


Copyright© 漢方相談 薬彩たはら. All Rights Reserved.