• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

 秋は冬に向かって環境もだんだん寒くなり、木々は実をつけ、動物は栄養をとり、冬に向けて準備を始めていきます。昔のことわざに、「秋茄子を嫁に食わすな」と、一見嫁いびりのようなことわざですが、そうではないかもしれません。茄子のような紫色の強いものは陰性の強い(体を冷やす作用があること)食べ物ですから、秋風が吹き、そろそろ寒さも増してくる時に、嫁に食べさすと身体を冷やしてしまい流産する恐れがあるから注意しなさいと昔の人は言っていたのでしょう。

 自然界を5つに分けて考えた「五行論」では秋に相当する体の部分は肺・皮毛です。肺は陽気を巡らせ、皮毛を養って外邪(寒さ・ウィルス)から身を守ります。また、肺は魄を蔵すると言われます。肺がしっかりしていれば風邪などにかかりません。また、気力充実していれば風邪など引かないといわれます。魄とは気力や霊的なものを意味するといわれています。

 風邪をひきやすい人、喘息などの人は体質改善に乾布摩擦が良いといわれますね。これは皮膚を摩擦する事によって関連した肺機能を良くする法法なのです。

 漢方医学では、皮膚の表面を巡って、外邪から身体を守る働きを気を「衛気(えき)」と呼んでいます。この衛気は食べ物より吸収した精微な栄養物と呼吸して得た空気から肺が作り出し、体表を循環させていると考えられます。この衛気の働きが弱いと抵抗力の弱い状態となり、寒さにあうとすぐに風邪をひいて、冬の間はいつも風邪気味という人さえもいます。

 こ衛気の働きは、一般に生活防御機能と呼ばれています。専門的には「免疫」と呼ばれ、現在皆さんが恐れている癌も免疫機能の衰えから発生しているともいわれえています。

漢方には、この「衛気」の働きを強めることができる生薬があります。西洋薬にはなかなか真似が出来ない働きです。生薬は黄耆と桂枝という生薬で、衛気を強めるために作られた処方に「桂枝加黄耆湯」があります。風邪をひきやすい人、アトピー性皮膚炎なども皮膚の抵抗の弱いひと状態ですので、この処方が良く用いられえます。また、妊婦の風邪にも安心な風邪薬として応用できます。


Copyright© 漢方相談 薬彩たはら. All Rights Reserved.