• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

緑内障は、視神経が障害されることで徐々に視野が欠けていく病気です。高齢化とともに患者数が増加しており、40歳以上の約20人に1人、70歳代の約10人に1人が発症するとされています。症状が進行すると失明にいたるおそれもあり、日本では中途失明の原因の第一位となっています。

緑内障の主な原因は、目の中にある毛様体で作られた房水が、房水の出口である隅角からスムーズに排出されずに眼圧が上昇し、視神経が障害されることによると考えられてきました。しかし最近では、眼圧が高くならずに視知料の障害が起こる正常眼圧緑内障が緑内障全体の7割以上を占め、眼圧以外にも緑内障の原因があると考えられています。

緑内障で視野が狭くなっていくといっても、その進行は非常にゆっくりであり、脳の働きで視野の欠けている部分を補ったり、両目で見た時に反対側の目で補ったりすることで正常に見えるため、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。実際に緑内障を発症している人のうち、約9割の人が発症に気づかずに生活していると考えられています。一方、急激に眼圧が上昇した場合 (急性緑内障発作) は、眼痛・充血・目のかすみの他、頭痛や吐き気を自覚することもあります。

緑内障で欠けた視野は元に戻ることはなく、眼圧を下げて視神経への負担を軽くし進行を食い止める治療が行われます。主に、房水の産生を抑えたり排出を促す点眼薬が用いられます。治療をしていなくても、緑内障と診断された人は市販のお薬の使用に注意が必要です。目のかすみが気になるとき、市販の点眼薬では眼圧を下げる作用はなく、効果は期待できませんので、きちんと主治医に相談しましょう。また、かぜ薬や鼻炎薬などに含まれる抗ヒスタミン薬や胃腸薬などに含まれるロートエキスは、抗コリン作用で眼圧を上げる可能性があるため使用を控えた方が良い場合もあり、お薬を選ぶ際には専門家に相談してください。

緑内障は早期発見、早期治療が大切な病気です。40歳を過ぎたら、年に1度は眼科を受診して定期検査を受けましょう。

KY20_32




Copyright© 漢方相談 薬彩たはら. All Rights Reserved.