• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

Q 「漢方で免疫力を高めて〝未病〟を撃退しよう」と、最近のテレビや雑誌で頻繁に取り上げられ気になっています。免疫力を高める作用のある漢方薬があれば知りたいのですが…。
(58歳・女性)

A 私たちの体には、体内に侵入した病原菌や毒素などの異物に対抗する能力が備わっており、これを免疫といいます。免疫には自然免疫と獲得免疫があります。

 自然免疫は、私たちの体に生まれながらに備わっているケガや病気を治す力、つまり自然治癒力の中で大きな役割を果たしています。

 後天的に獲得される免疫を獲得免疫といいますが、例えば、麻疹(はしか)は一度患ったら免疫ができて二度目はかからないといわれていたように、異物ごとに免疫の仕組みをつくります。本来、免疫という言葉の意味は獲得免疫のことでした。

 しかし今では、自然治癒力や抵抗力などの生体防御の仕組みの全ての意味を含めて免疫という表現をすることが多いようです。

 世間ではいつの頃からか、病気を治すためや病気にならないために〝免疫力を高める〟などという表現が増えてきました。そしてそのために特定のサプリメントや健康食品、或いは漢方薬などを推奨している場面に出合うと、少し戸惑いを感じます。

 特に漢方の立場では、特定の病名や症状だけを目安にして薬を選ぶことはありません。また〝免疫力を高める〟などという特定の目的のために、不特定の人に同じものを飲んでもらうこともありません。

 漢方は、個人の体質や症状などを含めた全身状態に適した薬を選用することで不調を改善したり、健康を維持したりするのです。そして、体調が改善されること自体が、いわゆる〝免疫力を高める〟ことを含めて諸々が改善された結果なのです。

 つまり〝免疫力を高める〟という表現の効果はすべての漢方薬の基本なのですから、わざわざ、特別な効能と考える必要はありません。今のあなたの状態に適する漢方薬を選ぶことが〝免疫力を高める〟ための漢方薬を飲むことになるのです。

 さて、未病は〝未ダ病iニアラズ〟ということで、病気になろうとしているが、まだ発症していない状態をいいます。本人に病気として気になる症状はなく、病院の検査でも異常がありません。
 
 2000年以上も前の古い中国の書には、名医は未病を治すが普通の医者は已病(いびょう=既になった病気、つまり今ある病気)を治す、などと書かれています。

 何となく疲れやすい、体がだるい、冷えを感じる、肩が凝るなど、わずかな症状でもあれば、体質などを含めた目安に基づいて漢方薬を使うことで未病を治し、病気を防ぎます。

Q 高齢の母が長年関節リウマチを患っています。病気のせいで腎臓も悪くなりました。リウマチには漢方がよいと聞きましたが、何かよい漢方薬がありますか。
(58歳・女性)


A 関節リウマチは、免疫の異常によって関節に腫れや痛みを生じ、やがて変形して、曲げ伸ばしに支障をきたす病気です。

 30 ~50歳代の女性がなりやすく、治りにくい病気ですが、漢方がよく奏効するケースが多い病気でもあります。

 この病気で漢方の相談に来られる方は、西洋医学の効果に満足できないか、西洋医学の効果いかんに関わらず、漢方を併用してよりよい効果を求めたい人たちです。

 いずれにせよ、西洋医学に加えて、漢方を併用することから始めるとよいでしょう。

 さて漢方では、関節リウマチのように、関節が腫れて痛む症状が体中のあちこちの関節をめぐる(経歴する)ことを「歴節」と呼びます。まるで虎が咬(か)むように関節が強く痛む症状から「白虎風」とか「白虎歴節風」などともいわれます。

 漢方が医療の中心だった江戸時代の書『内科秘録』には、「この病気は治し難いもの」としながらも「最初によく治療すれば、毒(この病気を起こす原因)がことごとく(体の中から)去って再発しない」と書かれています。

 現代でも、初期のリウマチが漢方で治ることは現実にしばしばあることですし、進行した状態でも漢方の効果が表れないことはまれです。

 つい先日も、関節リウマチで足の関節までも患っていた40歳代の女性から「全力疾走できるようになった」と喜びの言葉を頂いたばかりです。ちなみに、この方は漢方薬しか飲んでいません。

 お母さんも、一度漢方を試すとよいと思いますが、腎臓病を合併している場合は少しやっかいです。漢方の専門家とよく相談しながら対応されるとよいでしょう。

 一般的に使われることがある漢方薬には次のようなものがあります。

◆桂枝加苓朮湯(けいしかりょうじゅつとう) 冷え症で手足の関節が腫れて痛み、屈伸しにくい人に適します。
◆五積散(ごしゃくさん) 胃腸が弱くて顔色が悪く、下半身が冷える人に使われます。慢性化した症状で痛みもあまり激しくないものです。
◆疎経活血湯(そけいかっけつとう) 夜に痛みが強くなる人、体の左側の症状が強い人に用いることが多い薬です。
◆防已黄耆湯(ぼういおうぎとう) 太り気味で汗をかきやすい人に用いることが多い薬です。膝関節の症状をよく改善します。
◆薏苡仁湯(よくいにんとう) 亜急性期や慢性期の痛みによく用いられます。症状はあまり激しくないがすっきりしないような関節リウマチによく使われる漢方薬です。

毎月、生理の前にイライラを強く感じ、頭痛があります。病院では月経前症候群と診断され、女性ホルモンのバランスが乱れていることが原因だと言われました。乱れを整えるのに適した漢方薬はあるでしょうか。
(36歳、女性)


A 月経前症候群は、排卵後の女性ホルモンの乱れが影響して、頭痛、頭重、イライラ、腹痛、眠気などさまざまな症状が出るものです。

 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり、両者の微妙なバランスが崩れると体調が乱れるのです。

 女性ホルモンのバランスの乱れは、月経前症候群、月経不順、無月経、月経痛、更年期障害のほか、子宮や卵巣の病気にもなりやすく、子宮がんや乳がんにも関係しているとされています。

 西洋医学ではホルモン補充療法で対応することがあります。しかし、漢方の効果も見逃すことはできません。

 女性ホルモンのバランスの乱れを漢方では瘀血(おけつ)の一種と考えます。当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、牡丹皮(ぼたんぴ)、桃仁(とうにん)など、駆瘀血(くおけつ)作用(瘀血をなくす作用)のある生薬(しょうやく)を中心に絶妙に組み合わされた漢方薬の中から、一人一人の体質と症状など全身状態に適したものを続けて飲むと良いのです。

 穏やかにホルモンバランスが整って、不快な症状がなくなっていきます。

 さらに、体調が改善された状態が続くと、「未病を治す」という漢方の効果も期待できます。これは現在では予防医学の考え方です。高齢社会の日本では、貴重な効果といえるでしょう。

 薬局 薬彩たはらの経験でも、女性の病気には漢方が効果を表すことが多いものです。あなたも一度漢方を試してみるとよいでしょう。女性によく利用される代表的な漢方薬を幾つか紹介します。

 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 中国で2000年前に創られた薬です。元は妊婦の強い腹痛をはじめ、婦人のさまざまな腹痛を治すために使われました。長い時代の経験を重ねて、今では、冷え症で貧血の傾向があり、疲労しやすい女性の病気に広く使われています。

 加味逍遙散(かみしょうようさん) 中国の明の時代に創られた薬です。婦人の神経症状を伴なうさまざまな病気に応用され、疲れやすく、頭重、目まい、不眠、イライラ、のぼせなどのある人に使われます。

 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) これも紀元前後から使われてきた薬です。元は、おなかの中に塊のできる病気がある婦人の妊娠の異常に使われましたが、今では、比較的体力があり、肩凝り、頭重、目まい、のぼせなどのある女性の病気に広く使われます。

 このほかにも、女性の病気に使われる漢方薬はたくさんあります。ご相談ください。

NONALNUM-ZW50ZWnnpZ7ovrLjgZXjgpM-E



 漢方は日本の伝統医学です。5世紀ごろから日本に伝わってきた中国の伝統医学が、日本人の体質や気候風土に適するように日本独自に変革した医学が漢方です。そのため、現代の中国の医学である中医学は、漢方とは別の考え方の医学です。

 しかし、漢方薬(漢方医学の薬)と中薬(中医学の薬)の原料である生薬(しょうやく)には、両医学で同じものを用いることが多くあります。

 そんな生薬について書かれた最古の書物とされるのが「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」です。365種類の生薬について効能が示されており、それらは、生命を養う上品(じょうほん)、体力を養う中品(ちゅうほん)、治療薬である下品(げほん)に分類されています。

 また、書名にもある神農は、古代中国の伝説の皇帝であり、人身で牛の首を持っていたといわれています。「1日に100草をなめて70もの毒を知った」とされている神農は、薬草をなめている姿が有名ですが、神農の腹部は透明で、毒を食べれば内臓が黒くなったため毒の有無を判別できたという話もあります。

 自らの経験で薬草の毒の有無や効能を確かめ、人々に伝えたとされることから、神農は医薬と農耕の祖とあがめられ、広くまつられてきました。

 日本でもくすりの神様として現在もなお親しまれている神農さん。薬局 薬彩たはらでも、その実践主義の研究を敬い、薬局のシンボルとしています。

近年、さまざまな健康法が取り上げられていますが、実は江戸時代にも健康法をまとめた書がありました。

 「養生訓」という書物で、著者は儒学者で医師である貝原益軒(1630~1714年)。健康を保つための養生の意義、心構えや、飲食から入浴、睡眠まで多くの養生法が書かれています。

 健康長寿で知られる益軒ですが、実は幼少時代はかなりの虚弱体質でした。長生きは出来ないといわれたほどで、外で遊ぶこともできず家で書物を読んでいました。自らも医学の知識を深めて無事に成人。益軒にとって養生することは当たり前のことだったようです。

 益軒は39歳の時に22歳年下の東軒(とうけん)と結婚します。東軒は益軒よりもさらに病弱で生死の間をさまようこともあったそうです。

 益軒らは、体にいいといわれるものは試して、良い実感があったものを記録していきました。夫婦で養生に励んだ結果、平均寿命が40歳の時代に、東軒62歳、益軒は84歳まで長生きしました。

 江戸時代に書かれたものですが、精神と身体は別々でなく、人間を一つのものとして考える養生訓。現代でも、はっとさせられることもあるかもしれません。

 もし、不調を感じれば漢方薬を利用すればよいですが、日常生活の養生次第で結果が異なる場合があります。せっかくですから、しっかり養生しながら漢方薬の効果を実感しやすくしましょう。


Copyright© 漢方相談薬局 薬彩たはら. All Rights Reserved.