• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

最近、テレビ、新聞や雑誌などで「腸内フローラ」という言葉が話題になっています。人の腸に棲む腸内細菌は数百種類、数百兆個いるといわれており、小腸から大腸までそれぞれの細菌が棲み易い場所に分布し、その種類ことに集団を形成しながら棲みついています。この様相を腸内細菌叢あるいは腸内フロ―ラといいます。

私たちの腸内には、人にとって良い働きをする有益確私たちの腸内には、人にとって良い働きをする有益な菌(ビフィズス菌や乳酸菌)だけでなく、発ガン物質や毒素を作ったり、腸内腐敗を起こしたりする有害な菌でも有害な菌でもない菌も棲んでいて、それぞれ微妙な関係性を保ちながら腸内フローラを形成し、人の健康や疾患に関わっています。

大人の腸内フローラは、加齢、偏った食生活、ストレスや運動不足などにより有益な菌が減少し、有害な菌が優位に傾きやすい傾向にあります。腸内をより良い状態に保つためには、有益な菌を増やし、有害な菌の増加を抑える事が重要です。次のような「腸内環境を整える習慣」を取り入れましょう。

・食物繊維や発酵食品などを含むバランスの良い食事を1日3食きちんと摂る。
・寝ている間は腸が働く時間であるため、夜更かしなどをせず十分な睡眠時間をとる。
・腸の動きを活発にする適度な運動を習慣にする。
・湯船に浸ってリラックスしたり、音楽、映画など没頭できる趣味の時間を楽しんだりしてストレスを発散する。

健康な体づくりは病気を未然に防ぎ、健康寿命を延ばすことにもつながります。生活習慣を見直して、毎日を元気で健やかに過ごしていきましょう。

人は生きる上で、主要な栄養素の糖質やタンパク質だけでなく鉄、亜鉛などの「微量ミネラル」を摂取しなければなりません。他にも、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンも体に必要な微量ミネラルです。それぞれどのような働きをしているのでしょうか。

鉄は赤血球中のヘモグロビンに存在し、細胞に酸素を運ぶ役割があります。欠乏すると貧血を起こします。女性には月経があるため男性よりも多くの鉄分が必要です。鉄はレバー、カツオ、貝類、緑黄色野菜などに多く含まれますが、鉄の吸収量は極めて少ないため吸収率を高めるアミノ酸やビタミンCを一緒に摂ると良いでしょう。

亜鉛は多くの酵素の構成成分で、DNA合成や細胞分裂に関わり、骨格筋、骨、皮フ、肝臓、脳、腎臓などに広く分布しています。

食品では牡蠣、赤身肉、ナッツ類などに多く含まれます。亜鉛が不足すると、皮膚炎や味覚障害が起こることがあります。一方、亜鉛を多く含むサプリメントなどの過剰摂取によって亜鉛を摂りすぎると、銅欠乏、酸素の活性低下、貧血、胃の不快感などが起こることがあります。

微量ミネラルの摂取量は、多すぎても加すぎても良くありません。また、他のミネラルの摂りすぎによって吸収率が下がってしまうミネラルもあります。サプリメント等で補給する場合は目安量を確認して適切な摂取を心掛けましょう。


NONALNUM-44Of44ON44Op44Or6aOf5ZOB-E



骨粗鬆症
骨粗鬆症とは、骨に含まれるミネラルの量(骨量)が低下し、骨の構造が粗くなり、骨がもろくなることで骨折を起こしやすくなった状態をいいます。主にカルシウムの量を示す骨量は、20代〜30代でピークとなり、その後減少します。特に40代以降の女性では、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌低下により骨量が急激に低下します。10代の頃から積極的に骨量を増やしておくことで、加齢による骨量の減少や骨粗鬆症の発症を遅らせることができます。不摂生な食生活によっても骨の質が悪化し骨が弱くなるため、過度なダイエットなどはしないようにしましょう。

骨量を増やすためには、意識して毎日カルシウムを多くふくむ乳製品、魚介類、大豆製品、野菜、海藻類などの食品の摂取を心がけましょう。ただし、カルシウムは体内にはわずかしか吸収されません。カルシウムの吸収を高めるためには、ビタミンKを含む納豆、野菜類、海藻類などやビタミンDを含む魚類、きのこ類、卵類などをあわせて摂取しましょう。なお、ビタミンDは食事から摂取だけではなくて、日光を浴びることで作り出すことができあます。日本人の食事摂取基準では、カルシウムの推奨量は1日あたり650〜800mgと定められていますが、実際の摂取量は、1日あたり約500mg程度と不足がちです。食事だけで不十分な場合には、カルシウムと一緒にビタミンDなどが配合された医薬品や健康食品で補給しましょう。

自治体では40〜70歳の女性を対象として5年おきに骨粗鬆症定期検診を行なっています。骨粗鬆症は自覚症状が少なく、背中が曲がっているだけだと思っていたら背骨が骨折していたということもあります。検診を受けて自分の骨量を知り、骨折の予防などに役立てていきましょう。

日本人は他の国と比べて清潔好きといわれております。そのため、多岐にわたる抗菌加工製品が市場に多く出回ってあふれています。

  同様に、「抗菌」、「殺菌」、「除菌」などの言葉もたくさん使われてあふれています。これらは同じような意味合いで使われていますが、実は少しずつ意味が違います。


  「抗菌」は、細菌を殺したり減らしたりする能力はなく、細菌の増殖を抑制することを意味します。経済産業省の定義では、対象は細菌のみとされています。


  「殺菌」は、細菌やウイルスなどの微生物を死滅させることを意味します。ただし、死滅させる対象や程度については定義されていません。


  「滅菌」は、すべての微生物を完全に死滅させることを意味し、前述の「殺菌」より、“すべて”のと“完全”にというところで徹底した厳しい対応になります。


  「除菌」は、ある物質または限られた空間から増殖可能な菌を除去することを意味します。対象となる範囲を限定することと、必ずしも微生物を殺すとは限らないことがポイントです。


  「消毒」は、生体やモノに付着している病原性のある微生物を、害のない程度まで死滅させる、または除去するなどして、感染力を失わせ毒性を無力化することを意味します。


  この中で「殺菌」は、薬事法の関係で使用できるものに制限があり、薬事法の対象となる消毒薬などの「医薬品」や薬用石けんなどの「医薬部外品」で使うことができる表現です。
  洗剤や漂白剤などの「雑貨品」には使用できません
。(日本石鹸洗剤工業会より)

  逆をいえば、洗剤などに「殺菌」の効果があっても薬事法の関係で、「除菌」という表現にとどめていることもあり得ます。


  「消毒」という表現も薬事法の用語です。毒性を無力化するという意味では殺菌と同じですが、消毒の手段は殺菌以外にもあるということで、使い分けがされているようです。

  雑貨品の塩素系漂白剤などを使って「消毒する」という表現が使われていることがありますが、実際効果があっても、本来その表現は薬事法の関係で使用できません。

  一般的な消費者は、こういったズレをあまり気にしていないかもしれませんが、前述の用語のそれぞれの違いを知っておく必要はあるかもしれません。


Copyright© 漢方相談 薬彩たはら. All Rights Reserved.