• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

[ カテゴリー » Topics ]

漢方が役立つことが多い病気です

A  私たちの体には網の目のように神経が張り巡らされています。

 体の隅々まで行き渡る神経のうち、自分の意思で筋肉を働かせて手足などを動かす神経を運動神経と呼び、意思に関係なく臓器や血管などの働きを調節している神経を自律神経と呼びます。

 自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は戦いの神経といわれることがあり、緊張したときや興奮したときによく働き、血管が収縮して血圧が上がり、脈拍や呼吸が速くなります。

 副交感神経はやすらぎの神経ともいわれ、リラックスしたときによく働いており、血管は拡張して血圧は安定し、脈拍や呼吸も落ち着きます。

 これら2つの神経が、いわばアクセルとブレーキのように、バランスよく働くことによって私たちの体は無意識のうちにさまざまな状況に対応しているのです。

 ストレスや生活習慣の乱れ、女性ではホルモンの失調などによって、自律神経のバランスが乱れて不快な症状が現れる状態を自律神経失調症といい、めまい、頭痛、頭重、手足の冷えやしびれ、ほてり、イライラ、不安、動悸(どうき)、不眠などのほか、さまざまな症状を表します。

 自律神経失調症の症状は、検査しても原因となる病気が見つからないので不定愁訴と呼びます。

 病気の原因を科学的に探ることで進化した西洋医学では軽んじられていた不定愁訴ですが、症状と体質を重んじた薬物療法の経験を積み重ねることで発達した漢方では、不定愁訴は病気の人の状態を表す指標になり、治すものとして昔から重んじられてきました。

 例えば、肩や背中の症状一つとっても、右肩が凝る、左肩が凝る、肩から背中にかけて凝る、逆に背中から肩にかけて凝る、肩だけが凝る、背中だけが凝るなどと区別し、他の症状を合わせて、全身の状態を把握して適する薬を選びます。

 ですから、自律神経失調症のように不定愁訴が多い病気の改善には、今でも漢方が役に立つことが多いのです。

 一般的に使用する漢方薬の一部を挙げておきます。詳しくは専門家にご相談ください。
 
柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
 体力のある人で、動悸、目まい、不眠、不安などのある人に
 
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
 虚弱傾向の人で、気分が沈み、不安を感じる人に
 
逍遥散(しょうようさん)
 疲労、肩凝り、不安などを訴える人に。女性に適することが多い
 薬が合えば、長くても2カ月もあれば効果を感じるでしょう。

最近、漢方薬は随分と普及しています。ところが、日本の伝統医学である漢方薬本来の使い方をされていることは、残念ながらいまだに少ないものです。

 漢方薬は「風邪には葛根湯(かっこんとう)」というように、病名で選ぶものではありません。 「この病気にはこの漢方薬」という単純な決め付けを、私たち漢方家は〝病名漢方〞と名付けています。

 本来の漢方薬の使い方であれば、同じ風邪でも発熱しているか、首や肩が凝っているか、寒気がするか、頭痛がするか、鼻水がひどいか、胃腸の調子はどうかなど、症状と体質を考慮して薬を選んでいかなければなりません。

 昭和61年「小柴胡湯(しょうさいことう)」という漢方薬が慢性肝炎での肝機能障害を改善すると発表されました。

 漢方薬は飲む人の「証(しょう)」によって薬を選びます。

 ですから、小柴胡湯の仲間である体力のある人向けの大柴胡湯(だいさいことう)や、体力がない人向けの柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)などが同じように使用されていなければおかしいのです。

 しかし、実際の現場では、飲む人の体質を軽んじた「肝機能障害には小柴胡湯」といった認識で漢方薬が扱われてしまいました。その結果、前年まで使用量トップだった葛根湯を抑え、小柴胡湯の使用量がトップに躍り出たのです。

 このような使い方をしても不都合なことがなければよかったのですが、残念なことに間質性肺炎という副作用が問題となってしまいました。

 国も西洋医学とは異なる漢方薬の使い方があるとし、平成9年には薬の説明書である「添付文書」に、「患者の証(体質・症状)を考慮して投与すること」という一文が加えられました。

 このように、漢方薬が正しく用いられない結果で起こる不都合な症状を副作用と思われるのは残念です。

 漢方薬は〝病名漢方〞でなく、漢方という医学の考え方で扱ってこそ、本来の効果を実感することができるのです。

 漢方薬ではないものを漢方薬だと誤解している人は多いものです。漢方薬は、基本的に複数の生薬(しょうやく)を漢方の考え方で配合したものです。有名な葛根湯も7種類の生薬が含まれています。また、漢方薬の特徴は病名だけでなく、体質・症状に適したものを選んで服用します。

 生薬のほとんどが植物由来であるため〝植物を原料にしたもの〞を漢方薬と誤解することが多いようです。漢方薬と間違いやすいものには、次のようなものがあります。

 ●中医学の薬 漢方の本場を中国と誤解している人は、現在の中国の医学である中医学の薬と漢方薬を混同している人が多いようです。漢方と中医学は、考え方にも、薬の使い方にも大きな違いがあります。

 ●家伝薬 特定の家や寺社に伝わる秘伝の薬の多くは、漢方薬が基になっています。更年期障害の薬、小児用の五疳(ごかん)薬など歴史のある薬がありますが、漢方薬とは違って体質は考慮せず、病名や症状のみを目安に使われています。

 ●民間療法の薬草 日本の民間薬は古くから民間伝承されてきました。どくだみ、げんのしょうこ、せんぶりなどの薬草が有名です。漢方薬のような独特の治療体系はなく、1〜数種類の薬草を「いぼ取りにヨクイニン」「便秘にはどくだみ」というように、病名や症状だけに併せて用います。

 ●健康食品・サプリメント 健康食品の中にも植物を使ったものがあるので漢方薬と間違えることがあるのでしょう。健康食品やダイエット食品の中には、漢方薬のようなイメージと効果を宣伝しているものがありますが、一般的に薬としての効果はありません。

 ●健康茶 嗜好(しこう)品として飲むお茶の類は、ある程度の効能があっても弱いものです。

 これらは優劣をつけられるものではありません。自分の目的に合ったものを上手に利用していただきたいと思います。

熱中症は、厚さが原因でめまいや頭痛などさまざまな体調不良が起こる病気です。暑い場所にいた後に体調不良が起きたら、熱中症を疑って対処しましょう。

私たちの身体は体温が上昇すると皮膚から熱を逃がしたり、汗をかいたりして一定の体温になるように調整しています。しかし、体内に熱がため込まれると血流悪化などにより、諸気ではめまいや立ち眩み、筋肉がつる、頭痛、吐き気などがおこります。さらに重症化すると意識障害、全身のけいれん、ひきつけ、肝臓や腎臓の機能障害、血液の凝固異常など、命にかかわる場合もあります。

熱中症の疑いがある場合は、意識があるかないかでは応急処置の方法が異なるため、声をかけるなどして状態を確認します。

意識がある場合は、まずは涼しい場所に移動します。衣服を緩め、身体を冷やします。次に自分で水分をとるように促し、飲めない場合は医療機関に連れていきましょう。そのあとは、安静が大事です。

意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。次に涼しい場所に移し、楽な姿勢にして、意識がある場合と同じように首やわきの下や太もも付け根など、体表近くに太い動脈が通っているところ保冷剤やペットボトルなどで冷やします。

熱中症を防ぐには、普段から予防策を心がけることが必要です。屋外では直射日光を避け、汗が蒸発しやすい衣服を着ましょう。さらに、脱水症状にならないように、咽喉が乾いていなくても水分や塩分をこまめに補給することが大事です。

薬局などで売られている経口補水液は電解質やブドウ糖がバランスよく配合されており失われた水分や塩分をすばやく吸収することができるので水よりおすすめです。

夏の気温は昔に比べて高くなっています。熱帯夜もふえており、室内の温度の方が屋外よりも高くなっていることがあるため、家で過ごすことの多い高齢者は特に注意が必要です。無理に暑さを我慢せずに、エアコンや扇風機などで室温や湿度を調整し、熱中症にならないように心がけましょう。

月経不順や月経痛で悩んでいる女性は多くいます。しかし、それらを異常なことと思っていない人が少なくありません。

 重大な病気が隠れていることがあるので、まずは原因を調べてみることも大切ですが、多くの場合、女性特有の症状に漢方薬は高い効果を発揮します。

 漢方では昔から「婦人の諸病の起りは月経の不調によるなり」などといわれ、月経の乱れが女性の病気の多くに関係していることが経験により理解されていました。そして、月経不順や月経痛を改善する漢方薬が工夫されてきたのです。

 漢方は経験を重視し、実際の効果を確かめながら発達した医学です。使い方さえ間違わなければ効果が期待できるのは当然でしょう。

 大切なことは、「月経不順には○○、月経痛には△△がよい」などと、病名や症状だけで一定の薬を決めつけないこと。

 同じ病名や症状でも、一人一人の細かい状態は異なります。服用する人の体質や症状に適する漢方薬を選んで試すことが、効果的な漢方薬の使い方につながります。

 漢方薬は、西洋薬のホルモン剤や鎮痛剤のように、一時的に月経をコントロールしたり、痛みを抑えたりする効果は強くありません。

 しかし、一時しのぎの効果ではなく、体の状態を整えることによって、月経不順や月経痛が起こらないように治してしまうことを目的とします。

 さて、女性のホルモンバランスの乱れを漢方では瘀血(おけつ)といいます。月経不順や月経痛はもちろん、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫(のうしゅ)のほか、冷え症、不妊症、更年期障害・血の道症など、女性の不調の多くに瘀血が影響しています。

 漢方薬で瘀血の状態を上手に整えることができれば、女性の病気が改善されやすいのです。

 多くの場合、3カ月も服用すれば良い結果が得られます。漢方の専門家によく相談して、上手に試しましょう。

 月経困難症で市販の鎮痛剤を服用する人も多いのですが、その場しのぎの薬でなく、漢方薬で根本治療をしてほしいものです。


Copyright© 漢方相談 薬彩たはら. All Rights Reserved.