• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

節目を迎えたり、新生活が始まったりするこの時期は、慌ただしい生活を送られている人も多いでしょう。

 そんな気ぜわしい時には、これまで通りに睡眠をとっても熟睡感を得られなかったり、寝付きが悪くなったりすることが少なくありません。

 さて、漢方では〝不眠〟のことを〝不寐(ふび)〟ともいいます。

 漢方薬を選ぶ際は、不眠の症状以外にも全身の状態を観察し、それに応じた適切な薬を用いることで、自然に眠れるように導きます。漢方薬はその人の体の状態を整えてくれるのです。

 ですから、漢方医学には、誰が飲んでも強制的に眠気を誘うような西洋医学の睡眠薬に該当するものはありません。

 睡眠が必要な人には眠りを促すよう働き、また、質の良い睡眠を得られるよう働くため、睡眠をとり過ぎている人は、場合によっては熟睡感はあるけれど睡眠時間が短くなることも考えられます。

 十分な睡眠がとれているにもかかわらず日中強い眠気に襲われる過眠症の人に用いる薬と、眠りたいけれど眠れない睡眠障害の人に用いる薬が同じこともあるのです。

 漢方薬は本当に不思議なものです。

 睡眠以外のどんな病気でも、診断名だけでは適切な薬を選ぶことはできません。診断名が同じでも、服用する人の体質や症状によって適する薬は異なりますから、漢方の専門家に相談しながら、上手に利用しましょう。

Q 年を取って最近は元気が出なくなりました。同年代の友人が旅行を楽しんでいるのがうらやましいです。元気を取り戻す漢方薬があるでしょうか。
(73歳・女性)

A 高齢になると、元気がなくなるものです。江戸時代に最もよく使われた処方集「古今方彙(ここんほうい)」には、補益という項目があります。 補益とは、個々人の弱っている状態に応じて、さまざまな方法で身心を補い元気を取り戻すことですが、「古今方彙」では、「老人モ気血(身心)ノ弱リ易キ故ニ此処ニ附ケテ有ルゾ」として、高齢者への対応策を付記しています。

 年齢を問わず元気を取り戻すことに漢方薬の効き目が喜ばれることは多いものです。

 当店に相談に来られる人の中にも、元気になった、疲れにくくなった、よく働ける、旅行ができるなど、体調が良くなったケースが少なくありません。

 病気の人は、ご自身の全身状態に適した漢方薬を飲んで病気の改善を図ればよいのです。同じ病気に対しても、漢方では虚弱な人やそうでない人では適する薬が異なります。ですから、元気のない病人が適する漢方薬を飲めば、結果的に元気を取り戻すことにもつながるのです。

 単に普段から元気のない虚弱な人や過労で元気を失っている人、加齢で弱っている人などには、その人の状態によって身心を補う漢方薬を利用すればよいでしょう。

 効果の出方、感じ方は人それぞれです。その人の状態と利用する薬によっても異なりますが、思いがけない速効を数日で感じる人もあれば、時間をかけてじわじわと元気がつく人もあります。 いずれにしても、元気が出ることを自覚するまでに長い時間のかかる人はまれです。

 しかし、体力と気力を十分に回復して、漢方薬に頼らなくてもよくなるまでにはある程度の根気が必要でしょう。

 また高齢者の場合は、加齢に抗してどこまで元気を保つことができるのかということになりますが、漢方の立場では、暦年齢に比べて肉体年齢が必要以上に老化して元気を失っている人が少なくないように感じます。

 そのような人が漢方薬を利用して、暦年齢相当の状態に近づくと、まるで若返ったとしか思えないことになります。

 また、元気を保つための予防を考える人たちもいます。例えば韓国では、春と秋に補薬(ほやく)を飲みます。鹿茸(ろくじょう)、高麗人参などを配合したぜいたくな薬ですが、毎年続けて飲むことで元気を保つ努力をするのです。

 質問された人の年齢では、適切な漢方薬を利用することで元気になる可能性が高いと思われます。来年の大型連休を待つことなく旅行を楽しむことができることを願っていますので、専門家に詳しくご相談ください。

Q 年を取って最近は元気が出なくなりました。同年代の友人が旅行を楽しんでいるのがうらやましいです。元気を取り戻す漢方薬があるでしょうか。 (73歳・女性)

A 高齢になると、元気がなくなるものです。江戸時代に最もよく使われた処方集「古今方彙(ここんほうい)」には、補益という項目があります。 補益とは、個々人の弱っている状態に応じて、さまざまな方法で身心を補い元気を取り戻すことですが、「古今方彙」では、「老人モ気血(身心)ノ弱リ易キ故ニ此処ニ附ケテ有ルゾ」として、高齢者への対応策を付記しています。

 年齢を問わず元気を取り戻すことに漢方薬の効き目が喜ばれることは多いものです。

 当店に相談に来られる人の中にも、元気になった、疲れにくくなった、よく働ける、旅行ができるなど、体調が良くなったケースが少なくありません。

 病気の人は、ご自身の全身状態に適した漢方薬を飲んで病気の改善を図ればよいのです。同じ病気に対しても、漢方では虚弱な人やそうでない人では適する薬が異なります。ですから、元気のない病人が適する漢方薬を飲めば、結果的に元気を取り戻すことにもつながるのです。

 単に普段から元気のない虚弱な人や過労で元気を失っている人、加齢で弱っている人などには、その人の状態によって身心を補う漢方薬を利用すればよいでしょう。

 効果の出方、感じ方は人それぞれです。その人の状態と利用する薬によっても異なりますが、思いがけない速効を数日で感じる人もあれば、時間をかけてじわじわと元気がつく人もあります。 いずれにしても、元気が出ることを自覚するまでに長い時間のかかる人はまれです。

 しかし、体力と気力を十分に回復して、漢方薬に頼らなくてもよくなるまでにはある程度の根気が必要でしょう。

 また高齢者の場合は、加齢に抗してどこまで元気を保つことができるのかということになりますが、漢方の立場では、暦年齢に比べて肉体年齢が必要以上に老化して元気を失っている人が少なくないように感じます。

 そのような人が漢方薬を利用して、暦年齢相当の状態に近づくと、まるで若返ったとしか思えないことになります。

 また、元気を保つための予防を考える人たちもいます。例えば韓国では、春と秋に補薬(ほやく)を飲みます。鹿茸(ろくじょう)、高麗人参などを配合したぜいたくな薬ですが、毎年続けて飲むことで元気を保つ努力をするのです。

 質問された人の年齢では、適切な漢方薬を利用することで元気になる可能性が高いと思われます。来年の大型連休を待つことなく旅行を楽しむことができることを願っていますので、専門家に詳しくご相談ください。

二日酔いには熱い風呂につかって汗を流すのがよい。
    答えは→×


二日酔いのときは、熱い風呂に入って汗を流せと言われることがあります。
しかし、これは半分正解で、半分不正解です。

汗を流すだけだと脱水症状になり、特に肝臓に水分が不足することにより、よけい肝機能が低下するのです。
また、熱い湯で急激に血行がよくなると、よけいに具合が悪くなることがあります。

二日酔いの際には血液粘度が高まりドロドロ血の状態になっているので、熱い湯で血圧を急上昇させるのは危険です。

二日酔いになったら、水分補給して尿でアルコールを排泄させることが大切です。
十分な水分補給をしつつ、じっくりぬるいお風呂に入れば腎臓が温熱効果で活性化し、利尿が促進されます。
また、ぬるいお風呂で無理なく汗をかくことでアルコールを排泄させることも大切です。

具体的には、二日酔いのときは、このような入浴法を心がけましょう。

①入浴前後には、必ず水を飲みましょう。
②ぬるい湯(40℃未満)にじっくりつかりましょう。
③温泉地などで熱い湯しかない場合は、「半身浴」「分割浴」をしましょう。
④利尿効果を高めたり、アルコールの分解を促進するために、入浴しながら腎臓、肝臓のツボや手足の反射区を刺激しましょう。胃など消化器のツボ・反射区刺激も効果的です。

なお、吐き気がしたり、頭痛がするほどのひどい二日酔いの場合は、血行がよくなることにより、更に気持ち悪くなったり、頭痛が激しくなる場合があります。
そんな時は、入浴するより、横になって休みましょう。
口に手をあてて、軽く負荷をかけた腹式呼吸をすると呼気によりアルコールが排出されやすくなります。

 まだまだ風邪をひいたり体調を崩す人が多いこの時季。また、冷えたことが影響して、胃腸の働きが弱り不調を訴える人も多いようです。

 冷えたおなかを温めるときには、大建中湯(だいけんちゅうとう)という漢方薬がよく用いられます。大建中湯は、山椒(さんしょう)・乾姜(かんきょう)・人参(にんじん)・膠飴(こうい)の4種類の生薬(しょうやく)から構成されます。  

 この薬は、中国・後漢の時代に張仲景(ちょうちゅうけい)が著したとされる医学書「金匱要略(きんきようりゃく)」に収載されています。

 手足やおなかが冷えて、ガスがたまって苦しく、便秘傾向にある人に適することが多い薬です。激しい場合には、嘔吐(おうと)して、痛みがひどく腹部に手を触れることすらできないような症状にも用いられます。

 最近では、このような大建中湯を使う目標となる症状が腸閉塞の時に生じる症状と似ていることから、西洋医学の現場でも登場することの多い漢方薬となりました。外科手術の後に、腸閉塞の予防で大建中湯を服用するのです。

 しかし、誰にでも大建中湯が適するとは限りません。

 大建中湯のほかにも、腹部を温めて不調を改善する漢方薬は、人参湯(にんじんとう)、真武湯(しんぶとう)、小建中湯(しょうけんちゅうとう)など多くあります。

 漢方の専門家に相談して最適な漢方薬を利用しましょう。


Copyright© 漢方相談 薬彩たはら. All Rights Reserved.