• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

薬学部に通っていて漢方の本をときどき読むのですが、古典についても興味がわいてきました。どんな古典があるのでしょうか。
(20歳・女性)


A  漢方の古典といえば、「傷寒(しょうかん)論」に触れないわけにはいかないでしょう。〝傷寒〟とは漢方の用語で急性の発熱性疾患のこと。発熱性の病気は、寒さに傷(やぶ)られて起こるものと考えてこう呼ぶようになったのです。

 「傷寒論」が書かれたのは、今から2000年以上前のこと。中国の後漢の時代に、張仲景という人が、一族約200人のうち約90人を傷寒によって亡くし、発奮して書いたのが「傷寒卒病論」(269処方)といわれています。

 「傷寒卒病論」は、長年の戦乱で散逸してしまったのですが、急性病に関する処方が集められ、「傷寒論」(113処方)としてまとめられました。また、それ以外の慢性病や雑病に関する処方は「金匱要略(きんきようりゃく)」(262処方)として後にまとめられました。

 有名な葛根湯(かっこんとう)も、傷寒論に載っている処方です。2000年以上も前に考案された薬が今も重宝され続けていることになります。

 一方、日本で漢方が全盛期の江戸時代にもっとも活用されたのは、甲賀通元が校正し、増補した「古今方彙(ここんほうい)」です。古今の処方が集められたこの書物は、当時ベストセラーとなり、売れ行きが良すぎて、京都の紙の値段が上がったという逸話が残っているほど。多くの医家が手元に置いて参考にしたとされています。

 古今方彙の中に掲載されているのは計1075処方。実は、この中に「傷寒論」と「金匱要略」の処方は少なく、その代わりに、明の時代にキョウ廷賢(きょうていけん)が書いた「万病回春(まんびょうかいしゅん)」と「寿世保元(じゅせいほげん)」から多く引用されています。そのほか、約60点もの古典から処方が引用されていて、このことだけ見ても、いかに多くの古典が存在していたかが分かりますね。

 現在の日本でもっとも重んじられている古典は、「傷寒論」と「金匱要略」です。江戸時代中期に台頭した傷寒論重視の古方派の考え方を、昭和の漢方家が積極的に取り入れたからというのが大きな理由。しかし、傷寒論だけでなく、漢方の古典には名著がたくさん残っています。

 迷ったときや困ったときには古典をめくり、ぼろぼろになったものもあります。何度見直しても新たな発見があります。先人の知恵がいっぱい詰まった古典は、宝物だと私は思っています。

【朝寝たまま2分でできるダイエット法】

①深呼吸しつつ手の指を組んで背伸びする。その際手のひらを上にし足指をそらす
② 深呼吸しつつ手の指を組んで背伸びをする。その際手のひらを下にし足指を伸ばす
③以上を朝の起き抜け交互に1回ずつ3セット行う

人が食べ物を口に入れてから、脳の満腹中枢にその情報が届くまで約20分かかる(食物が胃で消化され、血糖値が上昇を脳が認識するまでの時間)。食事時間が20分以内だと、最初に食べたものを脳が認識できないので余分に食べてしまう。このため早食いは太る。

 秋も深まってきた今日このごろ。秋の代表的な果物といえば柿ですが、柿の蒂(へた)は漢方薬の原料である生薬(しょうやく)として用いられていることをご存じでしょうか。

 柿の蒂は柿蒂(してい)と呼ばれ、果実が成熟した時期のものを使います。柿蒂を含む漢方薬には、柿蒂湯(していとう)があり、柿蒂、丁香(ちょうこう)、生姜(しょうきょう)の3種類の生薬で構成されています。

 この薬は「済生方(さいせいほう)」という中国の宋の時代の医学書に載っており、現代でいう「しゃっくり」を指す、「噦逆(えつぎゃく)」の特効薬として知られています。

 「しゃっくり」は横隔膜の痙攣(けいれん)ですが、昔は胃が冷えたり熱を持つなど負担がかかることが原因の一つとされていたようです。

 柿蒂湯は柿蒂が主役の薬です。古典には「柿蒂、丁香トクミ合ワシテアレドモ、コレヲ用ルニ柿蒂バカリニシテ丁字ナシニシテモヨク効クモノナリ」―とあり、柿蒂単味だけでもよく効くことがあったようです。

 実際に、柿蒂は昔からしゃっくりに対する民間療法でも単独で用いられてきました。寿元堂薬局にも「しゃっくりがなかなか治まらず、西洋医学の先生に柿の蒂を薦められた」と来局される方もおられます。

 漢方と西洋医学では、得意分野が異なる場合が多くあります。専門家に相談しながら上手に利用しましょう。

 漢方薬の原料である生薬(しょうやく)には、植物・動物・鉱物などが用いられます。植物由来のものが圧倒的に多く、葉・茎・根など薬用部位はそれぞれで、果実を用いるものもあります。その中から今回は、棗(なつめ)を紹介します。

 棗はクロウメモドキ科ナツメ属の落葉広葉樹になる果実。初夏に芽が出ることが名前の由来だそうです。日本では昔から庭園樹などに使われることが多かったようですが、最近では見掛けることが少なくなりました。

 一方、中国では楊貴妃が好んで食べたとされ、「一日食三棗 終生不顕老」(1日3粒の棗を食べれば老いない)という言葉も残っているほど。

 棗は生のままでも食べることができ、リンゴのような食感でほんのり甘くおいしい果実です。

 棗の生薬名は大棗(たいそう)といいます。胃腸の元気をつけたり、精神を落ち着ける働きがあるとされる以外に、他の生薬の刺激性を緩和させる矯味としても実に多くの漢方薬に含まれます。

 棗を含む漢方薬には、虚弱で貧血傾向で、胃腸が弱い人に適することが多い六君子湯(りっくんしとう)、悲しみが強い人や赤ちゃんの夜泣きに使われることが多い甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)などがあります。

 漢方薬の効果の方向性は、構成生薬の1つだけでは判断することができません。その漢方薬全体をみることが大切です。


Copyright© 漢方相談薬局 薬彩たはら. All Rights Reserved.