電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話で漢方相談 089-952-2030漢方相談 漢方の養命庵 中野薬局(愛媛県松山市)
  • きぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • 健康トピックス
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

寒い冬は風邪・インフルエンザ、ノロウイルスというウイルス感染に注意が必要です。

罹ってから買いに走るのも良いですけど、しんどい状態で行くのも大変ですよね。
身近に誰かいれば代わりに買いに行ってくれますが、一人だとそうもいかない・・・

そういうときのために常備しておくと良いですよ。


葛根湯
風邪といえば、葛根湯で有名ですが、全ての風邪に対応するわけではありません。
風の初期症状で、悪寒、発熱、無汗であることが必要です。
とは言っても、葛根湯は発汗させながらも発汗しすぎるのを防ぐという、守りながら攻める処方でもあるので、余程の虚弱体質でない限り、使えます。
頭痛は後頭部痛のことが多いです。
肩こりがある場合にも使えます。

麻黄湯
インフルエンザに有効であると数年前から名が有名になりました。
葛根湯と同じく、悪寒、発熱、無汗という条件のもと使います。
ただ、葛根湯と違うのは、麻黄湯は完全な攻めの処方であるため、汗が出ている状態では使えません。
麻黄湯も後頭部痛のことが多いです。
肩こりにも使えますが、どちらかというと麻黄湯は全身の節々が痛むことが多く、葛根湯は上半身に限られる点も違いがあります。

小青竜湯
鼻水タラタラ、咳、喉が痛む場合に。

柴胡桂枝湯
少しこじらせた時期で、食欲がない、だるいなどの症状が出てきた場合に。
頭痛は側頭部痛のことが多いです。

銀翹解毒散
葛根湯や麻黄湯と違い、悪寒がなく、高熱が出る、喉が痛い場合に。

これらに板藍根を併用すると良いです。

手洗い、うがい、板藍根の徹底をし、罹ったら上記の処方を使い分け、尚且つ板藍根を併用すると良いと思います。


ご相談ください。