電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話で漢方相談 089-952-2030漢方相談 漢方の養命庵 中野薬局(愛媛県松山市)
  • きぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • 健康トピックス
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

愛媛でもついに新型コロナウイルス感染者が出てしまいました。

手洗い、うがい、板藍根・・・と言いたいところですが、板藍根が非常に売れており、品薄状態となってしまいました。
こうなってしまっては別の手も考える必要がありますね。

新型コロナウイルスは喉や鼻からだけではなく、目からも感染することから、粘膜のバリア機能の強化を図ったらどうでしょう。
バリア機能の役割を果たしているのが、衛気(えき)と言われる気です。
この衛気というのは、冷たい物を好んで食べたり、冬でも薄着などをして体を冷やす行為、夜更かしや過労などでどんどん消耗していきます。
こういった生活をしている人は、自分で自分の第一防衛ラインを崩していると言えるでしょう。
手洗い、うがい、消毒、マスクを徹底しても防衛する力が弱体化していれば、それらの予防策も十分効果を発揮できないと思います。

この衛気を補うのが黄耆という生薬です。
補中益気湯や黄耆建中湯、桂枝加黄耆湯など黄耆が含まれている漢方薬は多数ありますが、これらの漢方薬ではちょっと力不足かと思います。
防風という生薬は、その名の通り、風邪(ふうじゃ)というウイルスなど外から侵入しようとする悪い邪気を防ぐ力があり、黄耆と一緒に用いることで防衛力がグンとアップします。
これらが配合された漢方薬もある程度期待はできるのではないかと思います。
ただし、誰にでも使えるというわけではなく

・疲れやすい
・汗が出やすい
・風邪を引きやすい
・季節の変わり目で体調を崩しやすい
・寒がりで風に当たるのを嫌う

などの人はこの漢方薬を飲んでも良いです。

未知なるものが相手なので、何が良いのか分かりませんが、自分がこれだっと思ったことを試してみるのも良いかもしれません。