春日部第一薬局 埼玉県春日部市
春日部第一薬局にようこそ
プライバシーポリシー お問い合せ
漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com ホームへ 体験談 お客様の喜びの声 店舗案内
 

[ カテゴリー » Topics ]

その日は突然やってきました。

3年前の秋、軽登山をした次の日の朝に突き刺さるような右腰の痛みと右肩から首にかけては太い針金が入った様なカチカチのはりと右耳のまわりの痛み。

筋肉痛かと思い、接骨医に飛び込みました。

それが私の長い病院めぐりの始まりになろうとは...。

三叉神経痛と言われ神経科へ2ヶ月通っても治るどころか増える薬の副作用で足元がふらつくばかり、痛みもまして不安にかられ更年期かと思い産婦人科へ。

耳からくるかと思い耳鼻科へ。

歯のかみあわせかと思い歯医者へ。

しばらくして、食欲もなくなり内科へ。

そして、神経科から神経科へ休みのたびに病院通いで心身ともに疲れ果ててしまいました。

『顎関節症』の薬の服用で目がぐるぐる廻りついに私は、倒れこんでしまいました。

すがる思いで、都内の有名病院の脳神経内科へかけこみあらゆる検査をし優しい先生にめぐりあいやっと落ち着きを取り戻しました。

それから2年、毎月の通院と安定剤の常用を続け痛みも無くなったので「いつまで薬を飲むのですか?」とたずねたところ、「長い目でみてください、その薬をやめると必ずリバウンドがくるから」と医師に言われました。

漠然とした不安にかられました。

そして、今年になってまた体調が崩れていきました。

胃腸の具合の悪さが続き、3月になるとまためまいに襲われました。何かにつかまっていないと5分もたっていられない状態、地の底にひっぱられるような恐怖、病院で出される薬をいくら飲んでも治らない不安といらだちに絶望のスパイラルに落ち込んでいく思いでした。

わらをもつかむ気持ちで「先生ごめんなさい、漢方を飲むことにします」苦しいときはどうしても早く効く西洋医学に走りますが、元から治す漢方医学の大切さを自分なりに感じたからでした。

※続きはこちらからお読みいただけます。
>もっと見るリンク

<< 戻る
NONALNUM-MjAxMjI4X2ltYWdlLe-8kQ-E



初め10年前に発症し、3年くらいかけて、病院への通院で治しました。

再度発症したのは、1年少し前の11月でした。

仕事が忙しく、ストレスも多かった時期でした。

思い切って仕事もやめたのですが、皮膚科へ通っても1か月に出される薬の量では足らず、 月末になって薬がなくなると悪化するのくり返しが3か月位続きました。

見かねた娘がインターネットで探してくれたのが春日部第一薬局でした。

処方されていた薬がかなり強いと知り、使い続けていたらと思うと怖かったです。 また、相談して、ゆっくりでも身体の中から治して行くというのは 安心して続けてゆけると思いました。

※その他の写真や続きもこちらからお読みいただけます。
>もっと見るリンク



<< 戻る
sample_201223-3



平成28年、4月に発症し、皮膚科を2件受診しました。
2件目の病院で自家感作性皮膚炎と診断され、飲み薬とぬり薬のステロイドを処方されましたが やはり体に影響の少ない漢方、と考え、近くの漢方医にかかりました。
4か月程、4種類を煎じて飲みましたが、なかなか改善がみれず、インターネットで探し、春日部第一薬局に行きました。
とにかくかゆみを抑えたい、それだけでした。

皆さん同じだと思いますが、かゆみと湿疹から解放されたいと必死でしたので、先生の「時間はかかるけど治まりますよ」と明るい言葉に、不安が希望と期待に変わっていったような気がします。


※その他の写真や続きもこちらからお読みいただけます。
>もっと見るリンク

<< 戻る
sample_201223



NONALNUM-c2FtcGxlXzIwMTIyMy0y44O8-E



詳しい体験談は、春日部第一薬局 公式サイトリンク でご覧いただけます。
http://www.kasukabe-kampoh.co.jp/15897642172985リンク

<< 戻る
41_w_shizuoka20191127
        ▲ クリックで拡大表示

春日部第一薬局 公式サイトリンク では、
さまざまな難治性の皮膚病・アトピーについて、詳しくご紹介しています。
慢性皮膚病でお悩みの方は是非ご相談下さい。

<< 戻る

Copyright© KASUKABE-DAIICHI PHARMACY. All Rights Reserved.