• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス

新年初めてのトピックスです。本年もよろしくお願いいたします!

熱い湯とぬるい湯のお風呂の効果の比較をご紹介します。
 お風呂を健康に活用しましょう。

 <熱い湯(42度以上)>
・交感神経がはたらく
・血圧は、急に上昇する
・心拍は、活発になる
・気持ちは、緊張する
・胃腸の働きは、低下し、胃液の分泌の低下
・入浴時間は、10分以内が適当
・適応症は、胃潰瘍、胃酸過多、寝起きの悪い人の朝風呂、食欲を抑制したい人

 <ぬるいお湯(38~41度)>
・副交感神経がはたらく
・血圧は、変わらないかゆっくり低下する
・心拍は、ゆるやかになる
・気持ちは、リラックスする
・胃腸の働きは、活発になり、胃液の分泌は促進される
・入浴時間は、20~30分ぐらいがよい
・適応症は、高血圧、不眠症、ストレスの多い人、食欲不振の人、胃腸虚弱の人、バセドー氏病などに

お風呂に入れない方は、半身浴や手浴、足浴で、体を温めることも大切ですよ。
NONALNUM-44Gv44GX-E



 健やかで笑顔のある毎日を!
 漢方相談薬局 にんじん堂薬局
 ご相談はフリーダイヤル 0120-833-093
 朝10時~夕6時まで



Copyright© NINJINDO PHARMACY. All Rights Reserved.