• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス

年末年始の営業日のご案内です

2020年12月30日(水)から2021年1月4日(月)まで
休みます

1月5日(火)から平常通り営業いたします

いつもご来店ありがとうございます。
にんじん堂薬局をこれからも元気に継続していくために
11月から、勝手ながら営業時間を 朝9:30~夕6時までに変更させていただきます。
金曜日は、いままで通り 9:30~夜7時まで
土曜日は、3時までになっています。

皆様とつながるために、LINEのご登録お願いします。

高血圧と漢方

にんじん堂薬局 (兵庫県明石市)

「血圧を下げる漢方薬はありませんか?」といった相談を受けることがあります。

血圧や不整脈といった病名で漢方処方が決まることはありません。
漢方薬は、高血圧に伴う頭痛や肩こり、手足の冷え、疲労感、不眠、めまい、動悸など、高血圧に伴う症状を軽快させて「生活の質」を良くすることを目標とするものです。

高血圧症になってしまったら、
漢方薬だけで血圧をコントロールするのは危険です。

しかし家族に高血圧症の人がいる方、慢性的な肩こりや頭重感がある方は、おすすめです。
漢方の穏やかで多面的な薬効は、とくに高齢の方や更年期の高血圧症にとても良いと思います。


【丹参(タンジン)】
古くから循環器疾患に汎用されてきた代表的な生薬の一つに「丹参(タンジン)」があります。
シソ科の薬草で、長年の生活習慣で作ってしまった血の汚れや粘りを改善し、健康寿命を伸ばしてくれる働きがあります。

「瘀血(おけつ)」という言葉をご存知でしょうか?
血液ドロドロと表現される方もみえますが、血管を川で例えるなら「土砂やゴミで濁り流れが悪くなった状態」
甘いものの食べすぎ、脂質代謝の衰え、運動不足・・・などなど生活習慣でつくった血管のなかの汚れ

瘀血になると血流が滞り、細胞に酸素や栄養が行きにくくなります。
だから、冷え性や肩こり、頭重感。脳卒中や心筋梗塞にもつながります。

丹参(タンジン)は、瘀血を取り除いでくれます。
丹参と、活血薬(血の巡りを良くする薬)や理気薬(気の巡りを改善する薬)をあわせた漢方があります。
ツムラでは作られていないので、こちらは病院で処方してもらうことはできません。

当店で扱っております。
中年期以降、または、高血圧傾向のある方の頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸
ご相談ください。

妊活をしていると、いつまで続ければいいのか
結果がなかなかでないときは、誰でも悩んでしまうものです。

しかし、どんなに科学や医学が発達しても
妊娠して赤ちゃんが生まれるということは、
神秘的なことだと思うのですが、いかがでしょう。

卵子と精子の2つの細胞が出会って、37兆個の細胞をもつヒトになるということ
奇跡の細胞といわれる「卵子」のこと

妊活をする人は、知っておいてほしいと思うことを書きました。
下にリンクを貼っています。
こちらのページを読んでいただけるとうれしいです

【妊活中のあなたに知ってほしいこと】リンク


にんじん堂は、妊活相談に来られた方へ全力で応援します

大雨の被害にあわれた皆様、心からお見舞い申し上げます。

ジメジメ季節はしんどいですね。湿気は、いろいろ体の不調につながります。
漢方の考え「気・血・水」のなかで、水が余って悪さをする「湿邪(しつじゃ)」のトラブルがあります。

うちの家族のものが
「何をしたわけでもないのに肩が痛くて腕があがらない」五十肩になりました。

これは、突然おこる疾患と言われています。

地方へ出張中だったので、まずは近くの薬局でロキソニンを購入して痛み止め。
帰宅してから、すぐに漢方薬をしっかり飲み、お世話になっている整骨院さんで施術していただき
内側と外側から治す作戦
でうまくいきました。



今日で3日目ですが、もうロキソニン(痛み止め)も不要で
ずいぶん楽になっているようです。

五十肩は慢性化することも多く、あ!と思ったときの初期対応が重要だと思います。

漢方薬は、「血行」をよくして「湿」をとる生薬のはいった処方と
瘀血(おけつ)の漢方薬(ドロドロ血をの血流改善)の2種類を飲んでもらっています。

うずくような痛みがあるときは、駆瘀血(くおけつ)薬が必須です。

「腕をあげようとすると激痛が走る」のは
筋肉が冷えて固まっているようなイメージなので血行をよくすることはポイントですが、
この時期、湿邪をとることもあわせて重要と考えました。

余分な水が湿邪になると、舌がしろっぽく歯形ができていることが多いです。
重だるいしんどさ、むくみ、関節炎などがおきます。


ジメジメ湿気は気分だけでなく、体にも負荷がかかってしまいます。

高温多湿な日本の夏は、「湿邪」と「暑邪」・・・
いろいろな邪に負けないよう元気でこの夏も過ごしたいものです。


Copyright© NINJINDO PHARMACY. All Rights Reserved.