• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

ボケを予防する6ヵ条
最後に、ボケを予防するための漢方薬の選び方と、食事や日頃の心がけについて、あらためて整理しておきましょう。

(2)ボケを予防する食事を摂る

 目的別に、望ましい食品、および注意すべき点を挙げてみましょう。

A.活性酸素を消去する食品
 ビタミンEを多く含む食品としては、小麦胚芽、大豆などの植物油、ブロッコリー、キャベツ、ほうれん草など。また、ビタミンCを多く含む食品としては、イチゴ、レモン、ミカンなど。このほか、「フラボノイド」「イチョウの葉に含まれる成分」や「カテキン」(緑茶に含まれる成分)にも強い活性酸素消去作用のあることが確認されています。

B.動脈硬化を防ぐ食事
[たくさん摂りたい食品]
1.食物繊維を多く含む食品(腸内でコレステロールを吸着し、排泄する)
 * ゴボウ、ニンジン、カボチャ、タマネギ、ニンニクなどの野菜類
 * ワカメ、コンブ、ヒジキなどの海藻類
 * サツマイモ、ジャガイモ、コンニャクなどの芋類
 * 豆腐、納豆、おからなどの大豆製品
 * リンゴなどの果物類
 * シイタケ、シメジ、エノキダケなどのきのこ類
2.青背魚(血液が固まりにくくなる)
 * イワシ、サンマ、サバ、アジなど

[適度に摂りたい食品]
植物性脂肪(コレステロールを減らす)
 * 紅花油、サラダ油など

[控えたい食品]
1.コレステロールを多く含む食品
 * 卵黄、マヨネーズ、カズノコ、ウニ、タラコなど
2.動物性脂肪(コレステロール値を上げる)
 * バター、ラード、豚肉や牛肉の脂身、ベーコン、レバー、生クリームなど
3.糖質、アルコール(中性脂肪を上げる)
 * お菓子・ケーキ類、各種酒類

C.高血圧を防ぐ食事
 塩分を控えること。食塩に含まれるナトリウムは、血管を収縮させ、血圧を上昇させます。その結果、血管に余分な負担をかけ、老化を促進します。

D.脳細胞を活性化する食品
1.DHA(ドコサヘキサ塩酸)、EPA(エイコサペンタ塩酸)を多く含むもの(脳の代謝を促進して、脳細胞の働きを活発化する)
 * マグロ、ブリ、サバ、サンマ、イワシなど
2.レシチンを多く含む食品(神経伝達物質・アセチルコリンの原料になる)
 * 大豆製品が一番です。レシチンは大豆のほか、レバーや卵黄などにも豊富にふくまれますが、大豆以外は、血中脂質の高い人は動脈硬化を促進する危険があり、注意が必要です。つまり、アルツハイマー病の患者さんにはよいが、脳血管性痴呆症の患者さんには、あまりお勧めできません。
3.カルシウムを多く含む食品(脳の情報伝達をスムーズにする) 
 * 牛乳が一番です。牛乳中のカルシウムは乳酸カルシウムの形をとっているので、生体に吸収しやすくなっています。


以上、岡山大学 医学博士 大山博行著 「脳を守る漢方薬」より引用
詳しくは、光文社カッパブックス「脳を守る漢方薬」を御一読ください。

ボケを予防する6ヵ条

最後に、ボケを予防するための漢方薬の選び方と、食事や日頃の心がけについて、あらためて整理しておきましょう。

(1)目的に合った漢方薬を選ぶ

 ボケはアルツハイマー病と脳血管性痴呆の2つに分けられます。アルツハイマー病は脳細胞自体の病気であり、脳血管性痴呆とは脳の血管の病気です。しかし、どちらもその根底には脳の自然老化現象が大きくかかわっています。したがって、脳の老化を防ぐ(老化のスピードを緩める)ことが第一の要件になります。
 脳の老化のうち、脳細胞自体の老化を防ぐには、最大の敵である活性酸素を消去する必要があります。つまり「抗酸化剤」を意識的に摂ることです。そのためには、ビタミンE、ビタミンCを積極的に摂りいれてください
 また、脳の血管の老化を防ぐには、脳血管性痴呆の直接の引き金である動脈硬化を防ぐことが先決になります。これにはいくつかの注意が必要ですが、まず、コレステロール値と血圧値を正常域に保ってください。糖尿病の発症、喫煙、過度の飲酒、肥満は動脈硬化の大敵です。
 それぞれの目的に適った漢方薬を紹介します。

A.抗酸化作用のある漢方薬
 6種類の生薬で構成された「当帰芍薬散」という漢方薬の強力な活性酸素消去作用が確認されています。

B.脳の血管の老化予防に効果のある漢方薬
 黄連(オウレン)、黄ゴン(オウゴン)、黄柏(オウバク)、山梔子(サンシシ)という4種類の生薬を組み合わせた漢方薬には、脳の血流と代謝を促し、健康状態に戻す作用があることが確認されています。

C.コレステロールを調節し、動脈硬化を防ぐ漢方薬
 コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があり、動脈硬化を防ぐためには前者を増やし、後者を減らす必要があります。これらの要素を備えた強力な「コレステロール調節作用」を持つ漢方薬が、中国では宋の時代から現代まで、「不老長寿の秘薬」として知識人たちの間で密かに服用されてきました。「瓊玉膏(ケイギョクコウ)」と「田七(デンシチ)」の2種類のです。前者は現在、地黄(ジオウ)、人参(ニンジン)、茯苓(ブクリョウ)、麦門冬(バクモンドウ)、天門冬(テンモンドウ)、地骨皮(ジコッピ)という6種類の生薬から構成され、後者には、「デンシチケトン」という成分が含まれていることが確認されています。

D.血圧を正常にする漢方薬
 前述の「当帰芍薬散」から、白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、沢瀉(タクシャ)という3つの生薬を除き、代わりに、黄耆(オウギ)、地黄(ジオウ)、黄柏(オウバク)、釣藤鈎(チョウトウコウ)という4つの生薬を加えると、強い血圧調節作用を持つ漢方薬に変化することが知られています。


以上、岡山大学 医学博士 大山博行著 「脳を守る漢方薬」より引用
詳しくは、光文社カッパブックス「脳を守る漢方薬」を御一読ください。

エピローグ━ボケを予防する6ヵ条

人間も自然の一部

 東洋思想の1つに、古くから「天人合一」という考え方があります。天と人とは1つである、すなわち、人間は大宇宙の一部であり、大自然の一部であるというものです。言い換えれば、人間はそれ自体、小宇宙であり、小さな自然であるとの考え方です。
 私が本書で提唱してきた「養生」の大切さも、この東洋的な自然観から生まれたものです。破壊された大自然のなかでは、人間は健康でいられるはずはありません。大自然を守り、順応して生きることがみずからの意志で命を養い、よりよく生きることにつながります。これが「養生の道」の極意です。
 一個の「自然」である私たちの人間の体には、生まれながらにあらゆる疾患に対しての完璧な防御システムが備わっています。ところが私たちは、つい無理をしたり、体を休めることを忘れたり、暴飲暴食などの欲望のままに行動してしまいがちです。その結果、完璧なはずの生体防御システムにわずかな乱れが生じてしまいます。
 私たちを取り巻くストレスは、このわずかな生体防御システムの乱れを逃さずに襲いかかってきます。酸化ストレスによる活性酸素の攻撃もその1つです。誰もがかかる風邪でも、放っておくと重病になることがあるように、この生体防御システムの乱れにつけこむストレスをそのまま放置すれば、最初は軽い乱れでも、徐々に大きくなってしまいます。その結果、老化を早めたり、成人病などの発病につながり、最後には取り返しのつかない重病が待っています。その最たるものがガンや虚血性心疾患であり、本書のテーマであるアルツハイマー病や脳血管性痴呆症です。
 逆にいえば、生体防御システムを活性化させてストレスから身を守るようにすれば、アルツハイマー病や脳血管性痴呆症にならずにすむことができるのです。これが東洋医学でいうところの「未病」の段階での対処の大切さです。また、「養生の法」を用いるのに最も適した状態が、この「未病」の段階ということになります。
 私は独自の理論に基づいて、「養生の法」の実践の仕方を本書で述べました。その中心となるのが「東洋医学的手法」であり、「臨床心理学的手法」です。東洋医学的手法では、一般の方にも実践できる漢方薬に主眼を置いて説明しました。私が提唱する「最高の漢方薬」を用いれば、「ハイヤー・ナーバス・システム」(HNシステム 5つの生体防御システムを合わせた総合ネットワーク・システム)を駆動させることができ、このシステムが最高によい状態で駆動すれば、すべての病いを「未病」のうちに完全治癒させることができます。
 HNシステムの中枢は、脳の視床下部にあります。つまり、健康でいられるか病気になるかの鍵は、脳が握っているのです。脳の老化そのものの表れである、いわゆるボケの予防に、「養生の法」が最も理に適っていることもおわかりいただけると思います。


以上、岡山大学 医学博士 大山博行著 「脳を守る漢方薬」より引用
詳しくは、光文社カッパブックス「脳を守る漢方薬」を御一読ください。


Copyright© Ohyama Kampo Pharmacy. All Rights Reserved.