• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

80歳代 女性 
 この仕事をしていて分かったこと。姉妹と言うものは歳をとっても仲がいい人が多いと言うこと。兄弟で仲がいいのはめったに見たことがないが、姉妹では結構目撃する。そもそも兄弟で薬局に来てくれた人など、ほとんど記憶にない。今思い出せる範囲では2組だけ?
 10年以上僕の薬局を利用してくれているある女性は、嫁が認めるほど「元気で病気ひとつしない」嫁も認める〇〇〇〇を20年近く飲んでいる。たまに逆流性食道炎になるが、漢方薬1週間分持って帰るとそれで治ってしまう。嫁はその現場を見ていないから病気ひとつないと思っているのだろうが、病気ひとつはある。
 妹が車で50分くらいの所に住んでいるが、数年前に病院では対処できないこれまた逆流性食道炎のお世話をした。それも簡単に回復していただいたが、痩せて活力がなくなった。そこで筋力を増して元気になっていただくために、△△△△△△を服用していただいたら、遠路一人で運転してくるくらい(元に戻ったってことだが)元気になった。
 今年の夏前、長女が膀胱炎を繰り返していたが、それに加えてデイサービスの途中に施設から病院に救急車で何度も運ばれるようになったらしい。膀胱炎の治療には抗生物質を貰うが、菌はいないと言われている。そこで漢方薬で無菌性の膀胱炎の薬を作って飲んでいただいたら2か月で完治。それで縁が切れたかと思っていたら、〇〇〇〇と△△△△△△のおかげで命拾いしたと言って、末っ子にお礼の「柿」をことづけてくれた。僕はその2種類の薬を飲んでいることは知らなかった。それぞれ次女と末っ子が自分が飲んでいるのを分けてあげていたそうだ。そういえばそれらの天然薬を取りに来るピッチが速かった。二人で飲んでいたのだ。この二つの天然薬を飲みだして、施設で倒れ救急で病院に運ばれることもなくなったらしい。今では薬を届けてくれる末っ子に「あんたも元気でおられ」と見送ってくれるらしい。
 末っ子の家からまだ30分くらい遠いところに長女は住んでいるらしいが、今日は末っ子が長女の2つの薬を取りに来てくれた。
 症状報告や改善報告、そして今日のお礼など、本当に姉妹のことを気遣いあっていることがひしひしと伝わって来る。お互いの合言葉が「元気じゃないとつまらんよ」らしいが、3人揃ってその目標を達成してくれる道具に僕を使ってくれていることがありがたい。
 朝から晩まで、健康食品とやらの宣伝に惑わされ、人生の質を絶望的に低くしている人たちのなんと多いことか。ちゃんと医学、薬学で裏付けられたものを利用すれば、この3姉妹みたいに素晴らしい結果が得られると思うが、付け入るスキだらけの人で溢れている。 

60歳代 女性 
コロナにかかってから、痰が切れない咳が続きしんどい。鼻が喉に降りてきてダブルで不愉快。1日中咳をして懸命に痰を出すが、ノイローゼになりそうと相談を受けた。
口呼吸が出来ないことを参考に漢方薬を作って服用していただくと、10日分で痰は全くなくなり、咳は4割減った。
これだけでずいぶん楽になっていただき、「治らないかも」と言う恐怖心がなくなったらしい。

ご自分にとってはそうは思わないでしょうが、僕としたら、もうそんな時期?と言う感覚です。

学生時代、無限地獄みたいに、永遠に怠惰な時間が続くのではないかと思っていましたが、今は逆に、あまりの速さで時間が過ぎるのが恐ろしいくらいです。

僕ら世代にとっては終着駅しか次の駅はないですから。

さて、あなたの迷いにお答えする確かな根拠はありません。

50年前、教授に言われるまま京都の製薬会社に面接に行き、全く勉強をしていない僕が他大学の何社も受けている方々を差し置いて採用されました。

面接時にわざわざ面接官が僕のネクタイを直してくれたくらいの対応でした。

教授の力だけで採用されたのがなんだか不自然で結局辞退しました。

その後、岡大に回されましたが、初日に薬局長のあまりの偉そうさに我慢できずに翌日辞表を持って行きました。

仕方なく一番選択肢になかった家業を継ぐことにしました。

そもそも人生の目標とか夢とかほとんどない淡白な日常でしたから、雨が、低いところに意図することなく流れていくようなものでした。その結果が今の僕です。

そして不思議なことに、その結果にかなり満足しているのです。

夢を語り合ったこともない青春時代だったのに、目の前に頼って来てくださる人がいたら、何としてもお役に立ちたいと言う潔癖さだけはあったみたいで、

50年近く、飽くこともなく続けてきました。

僕の人生ではとても珍しい集中力です。

現代医学が発達しても尚、埋めることが出来ない狭い空間を偶然見つけたおかげです。

それも牛窓に帰ってなにも役に立たず、屈辱的な日々を送ったおかげです。

凡人の人生は予測不能です。どこで働くかの選択肢はあなたの手にありますが、決定権は意外と周りの状況にあるのかもしれません。

正解のない旅に出るのもいいかなと思います。

いま作って送りました。

ヤマト薬局

70歳代 女性 
もう10年くらい緑の製剤、〇〇〇〇を飲んでいただいている。最初は逆流性食道炎でお勧めした記憶があるが、以降は血液サラサラを目標に飲んでいただいている。
今日薬を取りに来た時に「健診で、血管年齢が46歳だと言われた」と嬉しそうに報告してくれた。驚いた僕は思わず質問した「奥さん、何歳?」すると「79歳」と答えた。一瞬ついていけなかったが「それじゃあ33歳も若いの?」と何かの間違いではないかと尋ねると、間違いではなく、先生も驚いたそうだ。当然僕も驚いた。
僕の薬局ではたくさんの方に〇〇〇〇を服用していただいているが、さっそくそのあと来られた2人に話をした。2人とも勇気?希望?をもらったみたいだ。

60歳代 女性 
結構な量のステロイドを飲んでいたからリウマチかと思うが、診断名はリウマチではない。ただ症状や問診の結果、漢方的にはリウマチと判断できるから、血液の滞りをとる煎じ薬を飲んでいただいている。3年くらい飲んでいただいているがステロイドはずいぶん減量された。今期の稲刈りも、順調に負担なく済んだそうで今日煎じ薬を取りに来た時の一声が「調子がいいです」だった。


Copyright© Sakaemachi-Yamato Pharmacy. All Rights Reserved.