• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



長身・やせ型の中年女性

2年前に顔面のかゆみが始まり、抗ヒスタミン薬の内服や外用薬を買っておさめてい

た。ちょうど1年前から皮膚科で、ステロイドの軟膏をもらい、一時てきには良くなって

いたが、塗り続けるうちに、顔の紅斑が始まる。最近では皮下毛細血管まで浮き出る

ようになってきた。

  両頬といわず、鼻まで紅斑がすすんでいる。花粉症の履歴がある。

  ステロイドによる典型的な酒さ様皮膚炎で、ほてりも強い感じがある。


これに皮膚炎の熱毒上擾証に使う皮炎湯(ひえんとう)を煎じ薬にして服用する。

  2週間後には顔面の紅斑部分特に、額の落屑が始まる。4週間で、顔全体
 
  の皮疹部分の落屑がでて、一部は正常な皮膚がみえるようになった。

  2ヶ月ほどで、顔全体の皮疹はなくなった。

強力なステロイド外用は気をつけましょう

 



4ヶ月前に、健康診断で軽い糖尿の疑いを指摘され、来局される。

HbA1cも正常値を「少しでたくらいで、空腹時血糖も正常で、食事の注意だけで心配

はいらないと伝える。見ると結構な肥満体なので、血液検査のことより減量を奨める。

しっかり挑戦するとの約束で、煎じ薬にして服用するととした。内容は特別な漢方処方

ではなく、市販品にもあるような生薬の組み合わせである。しかし、市販品の漢方エキ

ス剤の材料生薬より数等上品なものを使います。


これを自宅で煎じるのが困難なため、薬局で煎じて真空パック包装にしたものを持って

いってもらう。

  効果は1ヶ月で1kg減を続けて、5ヶ月後の現在では身長165cmながら体重は65kg

  まで落ちている。

 

ThemeSwitch
Created in 0.0117 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.