漢方相談Q&A

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

ご質問に対するご回答

冷え性(冷え症)に漢方薬は効きますか?

当店の漢方薬は、冷え性(冷え症)に良く効くと評判です。


漢方薬の中には、生命エネルギーを増し、身体を温める作用を持った薬草(生薬・きぐすり)が、いろいろとございます。
冷え性に対応する漢方薬は、身体のエネルギーが不足している所に、導くように、処方が作られています。
ですから、お腹の冷えている人用、手足の冷えている人用、腰の冷えている人用、子宮が冷えている人用、肺や呼吸器の冷えている人用など、ひとりひとりに合わせて、冷える体質の改善が出来ます。


もちろん、身体全体が、とことん冷えて困っている人にも良く効きます。


髙木漢方の漢方薬で、体質を改善すると、じんわりと、身体が温まってきます。
そして、だんだんと冷えが原因だった不快な症状も消え去っていきます。


冷えは、お血(おけつ)と結び付き易く、冷えとお血が結びつくと、病気そのものが、治りづらくなり、重い病気になります。


【冷え性(冷え症)と関係がある病気や症状の一覧】

1.冷え性
2.肩こり
3.手足のシビレや痛み
4.坐骨神経痛
5.ヒザに水がたまる
6.下半身がムクミやすい
7.慢性関節リウマチ
8.しもやけ
9.レイノー病
10.月経不順
11.生理痛(月経困難症)
12.子宮内膜症
13.不妊症
14.水のような帯下(オリモノ)
15.頑固な便秘
16.精力減退
17.風邪をひきやすい
18.慢性気管支炎
19.水っぽい鼻水
20.アレルギー性鼻炎
21.後鼻漏
22.下痢しやすい
23.胃腸虚弱
24.食欲不振
25.片頭痛
26.めまい感
27.動悸・息切れ
28.自律神経失調症
29.不眠症
30.頻尿
31.冷房病
32.腰が冷えて重だるい
33.しゃっくり

★冷え性の予防について


冷えは、万病の元となりえます。
冷え性の体質を改善することは、未病(みびょう)の考えに結びつきます。


未病とは、「日ごろの養生によって、病気を未然に防ぎ、体調を崩す一歩手前でくい止めよう」とする漢方の教えです。


髙木漢方では、この未病の考えを大切にしております。


未病の人の多くには、お血と冷え性を同時にもっている傾向が見られます。
当店では、この点に注目して、病気の予防に役立てております。


【髙木漢方の漢方健康病気相談】


冷え性で、お困りのときは、お気軽にご相談ください。


髙木漢方では、漢方によるカウンセリングをしてから、漢方薬をお選びしております。


髙木漢方では、漢方の尺度で判断して、冷え性が改善するように体質を改善します。


冷え性やお血の体質を改善することは、全身の体質を改善することに繋がります。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


髙木漢方まで、お気軽にお越しくださいませ。


髙木漢方(神奈川県横浜市) 
髙木 佳久先生

TOP