健康トピックス 「健康維持・何となくしんどい」

年度末・年度初めに向けた作業などで、
お疲れ様の人 急増中!

栄養ドリンク飲んでも、
サプリ飲んでも、
ビタミン補給しても、
寝ても、(眠りが浅い人多し)
疲れがとれない!

おまけに・・・
首が回らない、
目の上がピクピクする
腰痛でた。
体が重い
朝、起きにくい
集中力が↓
少しの事でイライラする
風邪気味
おまけに花粉症
目がかすむ・・・・・


てんこもりの症状。
疲れすぎです。

こんな時は・・・・
針治療&漢方の出番です。
治療後、
目がスッキリした、
あ~~首まわる~~
体が軽くなった
風呂上りみたい!
ですって。

   

自宅で簡単にできるツボ療法② 胃腸を整える

足三里(あしのさんり)・・・・足のすねの骨の外側、指でなぞって止まるところにあるツボ
NONALNUM-6Laz5LiJ6YeM-E


写真は左の足三里に針治療をしています。
このツボは、何といっても胃腸の調子を整えるのに抜群の効果を発揮します。
動物実験でも、このツボに針をすると胃透視で胃の動きが良くなることが
分かっていて  改めて、先人の偉大さに敬服します。

かつて、松尾芭蕉も このツボにお灸をすえて旅をしたと云われています。
解剖学的には前脛骨筋(ぜんけいこつきん)という筋肉がそこにはあり、
歩き疲れたら痛んでくる筋肉です。
そう考えると、この足三里というツボ 胃腸にも良く、足の疲れにも良いという事で
松尾芭蕉にとっては一石二鳥だったわけですよね。
ここは簡単に自分でもお灸ができます。


食べ過ぎ・飲みすぎ・胃のもたれ・・・・・
夏バテの胃にも もちろんOK!
また、最近は中高年の登山が増えているようですが、
胃腸のみならず、足の疲れにも
予防・治療にこのツボを役立ててください。