昨今の状況で
在宅を余儀なくされて
ダイエットや筋トレに勤しむ人が増えているらしいですが、
一方で、
ダイエットが引き金で過食に走ってしまう人もいることでしょう。
過食症は立派な病気です。
ただの「食べ過ぎ」であれば良いのですが、
アルコール依存やギャンブル依存のように
食べることに依存してしまって困っている人もいるのでは。

もともと性格的にストレスをためやすい
不安がりの人に好奇心が手伝って
ダイエットしようと思い立ち、
そこに従来のストレスに、
自分に対する自信のなさが
「自分の感じ方」を隠して明るく振る舞ってしまって
またストレスをためてダイエットのつもりが
過食してしまって、自分を情けなく感じて
自分にダメ出しして、
過食しては吐いたり下剤を使ったり。。。

そんな人は、
まずは、今の状態を「病気」と認めて
「病気だから治療しよう」
「気の持ちようでない」
そう思うところから治療が始まります。

今は過食は仕方ない
そう思うところからはじめるのです。

 

コロナ禍で
リモートを余儀なくされている人
コロナウイルスに罹患してしまった人
仕事が激減してお先真っ暗という人・・・・

コロナウイルスは
ずいぶん罪作りなことをしてくれました。
しかし、
ピンチはチャンス!

日頃、
一人になりたい!
ゆっくりしたい!
そう思っていた人は多いのでは?

まずは、「一休み」
それこそ、一休さんの
「一休み、一休み」

そこで、今まで頑張ってきた心と体を休めて
次なる戦いに備えるのです。
開き直って
休んでみませんか?
特に脳の疲れがとれてくると
良い考えが浮かぶことも。。。

休んで良いんです。

 

人に影響され安く困っている人は
意外と多いのではないでしょうか。

人の真似をしたくなる
人に勧められて断れずすぐ行動する
人に振り回されてしまう
人の顔色を見てしまう・・・・

人に影響されやすい人は共感力が高く
相手を気遣い思いやれるという能力を持っているという事で
そこは大事にしてもらいたいところでもあります。
しかし、一方で振り回され安いので疲れ果ててしまうことも。

自分は自分!という部分をしっかり意識して
自分はどうありたいのか?
自分の価値観を大事にしてください。
時に人に合わせることも大事です。
要はバランスです。

自分流と合わせる を使い分けて
人と同じで良い部分と
そうでない部分を持って。

自分にとって「しんどい人」に
変化を求めるのは無理です。
その人が「変わろう」と思わない限り
人は変わりません。
自分との距離を取るのが最善です。
そうして自分の「領域」を守り
自分の感覚を大事に行動することです。

 

生きる意味って何だろう?
そんな事考えたことありませんか?

例えば、
無人島で一生一人暮らしで全く問題なし!
というような人以外は、
人は、誰かに認められたり必要とされることを感じて
存在意義を感じるものなのです。

元々持っている「個の保存欲求」
すなわち食欲や健康維持しようとする欲など
に加えて、
必要とされる欲求が満たされて
生きる意味を見いだせるもの。

そんな中、
病気で、あるいは何らかの理由で引きこもってしまって
人との接触がほぼ無いような場合、
人に認められようがないから
生きる意味がわからなくなって当然です。

人は(動物でもそうですが)
弱ると安全な場所に身を隠して癒えるのを待ちます。
他人の役に立つようなことは難しい。
療養中の人は、まず、自分が癒えるのを待つこと。

充分癒えて リハビリも進み
少しずつ動けるようになってきたら
「役に立てる喜び」を感じるようになります。
やがて、
生きる意味を感じることができるようになるのです。

   

昨今のコロナウイルスの影響で
以前にも増して
自分でもよくわからないイライラや落ち込み自己嫌悪など
そういうコントロール困難な感情に
翻弄されてしまってる人も多いと思います。

肉体的
あるいは精神的
あるいは経済的な
現実の苦しさも手伝ってしんどい人もいるでしょう。

さらに、「もし」の不安などのように
将来の不安が頭をもたげていると尚更です。

もともと「不安」な気持ちは
人間が持って生まれた能力です。
もしかしたら感染するかもしれないと思うから
外出自粛できるのです。
逆に「不安能力」の低い人は
平気平気といって外出して感染リスクが高まります。

そこに、
人は女性生理のサイクルのように
気持ちにも「波」があります。
大波もあれば小波もあります。

そのことを是非知っていただいて
不安に押しつぶされそうなとき
訳もなくイライラするとき
無性に落ち込んでしまうとき

そんな時は現実の不安材料に波が重なっているのかもしれない
そう考えて「今は波が来たな」と
波が去るまで自分が楽なことをしてしのいでください。
無理をしないことです。
眠ること、食べること、好きなことに没頭する
なんでもOK.

今は仕方ない そう考えて良いのです。