健康トピックス 「ストレス」

昨今のコロナウイルスの影響で
以前にも増して
自分でもよくわからないイライラや落ち込み自己嫌悪など
そういうコントロール困難な感情に
翻弄されてしまってる人も多いと思います。

肉体的
あるいは精神的
あるいは経済的な
現実の苦しさも手伝ってしんどい人もいるでしょう。

さらに、「もし」の不安などのように
将来の不安が頭をもたげていると尚更です。

もともと「不安」な気持ちは
人間が持って生まれた能力です。
もしかしたら感染するかもしれないと思うから
外出自粛できるのです。
逆に「不安能力」の低い人は
平気平気といって外出して感染リスクが高まります。

そこに、
人は女性生理のサイクルのように
気持ちにも「波」があります。
大波もあれば小波もあります。

そのことを是非知っていただいて
不安に押しつぶされそうなとき
訳もなくイライラするとき
無性に落ち込んでしまうとき

そんな時は現実の不安材料に波が重なっているのかもしれない
そう考えて「今は波が来たな」と
波が去るまで自分が楽なことをしてしのいでください。
無理をしないことです。
眠ること、食べること、好きなことに没頭する
なんでもOK.

今は仕方ない そう考えて良いのです。

 

例えば、
無人島で自給自足生活している
そんな人なら全く関係ない話ですが
今の時代、
何らかの人間関係の中で、
神経をすり減らして疲れている人が多いのではないでしょうか?
なかなか自分のペースで生きられず
人に振り回され疲れてしまって
本来の自分のパフォーマンスができず
自信喪失したり、うつっぽくなってしまったり。
そんな人に多く出会います。

大事なことは、
疲れた脳を休めること。
すなわち眠ること。
眠れない人は、
漢方でも鍼灸でも運動でも
最悪 睡眠導入剤でもかまわないので
まずは眠りましょう。

その上で、
落ち着いてきて
冷静に判断できるようになれば
「自分らしさ」とは何か?
自分が好きなことは何か?
どうしていると楽しいのか?
無理して人付き合いしてなかったか?
仮に断れない場合なら3割付き合って7割付き合うとか
妥協するラインはなかったか?
など考えてみて
自分のペースや感じ方を取り戻してください。

その上で、
「何かできる」と思えることを積み重ね、
「誰かが応援してくれている」
「誰かに愛されている」
「誰かに必要とされている」
そういう実感を持てることが重要です。

自分は自分、人は人。
そう思えるようになれば大丈夫。

近しい人に「言葉を吐いて」
しっかり聴いてもらって自分の奥底にある
本音を引き出してもらい、
自分で本来の自分に気づいてください。
もし、私で良ければお手伝いさせていただきます。

もう、無理をするのは止めませんか?

 

湧き上がる怒りや焦り、不安、涙、悲しみ、憂い・・・・・
そんな感情に振り回されて
疲れ果ててしまって
何もやる気が出ない人。
逆に、頑張りすぎてしまって疲れ果てて。。。

病院受診すると
自律神経失調症とか、あるいは
時に耳にする精神疾患の病名をつけてもらって
薬をもらって帰ってくる。
薬が必要な場合もあるものの、

まず大事なことは、
「しっかり休む」こと。
「休む」とは しっかり「眠る」こと。

体を横にしていても
頭は働いていて休んでいません。
眠っている時が「真の休み」です。
眠りましょう。
いくら眠ってもかまいません。
身体の要求に応えて眠るのです。

そして、いろいろな情報に振り回されない事。
ネットを見れば情報が飛び交ってます。
その情報を整理するだけでも疲れます。

さらに、「安心できる人」を見つけて
「心のわだかまり」をさらけ出しましょう。
「吐いたら楽になる」は本当です。
自分のつらさを しっかり吐いて
表現欲求を満たし、
共感してもらって共感欲求を満たし
「味方がいる」そう思えるだけで
ずいぶん救われるものです。

それに必要ならば薬や治療となります。
一人で抱え込まないで。。。。

   

タイトルにも書きましたが
様々な問題行動があって、
本人はもちろん家族も
本当につらい思いをされていることと思います。

中には精神科にかかって
薬を処方されている人もいると思いますが
薬は、眠れないとか不安で押しつぶされそうになるとか
あちこち痛いとか下痢が続くとか食欲がないとか動悸がするとか
そういった症状には対症療法的に効果がありますが
問題行動そのものの決め手になるとは思えません。
また、薬の副作用も気になります。

とはいえ、そういった薬を全く否定するものでなく、
そういう症状が治まることで気分が落ち着いて
ストレスが軽くなるなら、
安全性と効果を天秤にかけてということになります。

また、問題行動には認知行動療法が有効な場合もあります。
本人が「良くなりたい!」という強い気持ちがある人や
ある程度「頭がしっかりした」人には有効ですが、
良くなりたいという意思の弱い人や
自尊心の低い人や
疲れ果ててしまって「頭が回らない人」は
脱落しやすいと思われます。

では、どうスタートをきるかといえば、
まず、本人が自分の思いを表現して
それを家族なりに否定されず認めてもらって
少しずつ自分自身を認めて自尊心アップを図る
そこからになります。
簡単な道のりではありませんが
千里の道も一歩からです。
必ず光り輝く未来が待っていると信じています。

             

「いい人」を演じて、
周囲に気を遣いすぎて疲れ果てている
そんな人は意外に多いと思います。

なぜそうなるのかと言えば、
「嫌われたくない」という思いがあるからなのです。
例えば、
大昔、何もかも共同作業で生きていた時代
嫌われて仲間はずれになれば、
それは死に直結することだったのです。
仲間はずれにならないように
食べ物も分配してもらえるように
人に備わった能力、
それが「嫌われないように周囲に気を遣う」と言うことなのです


「行きたくないのに、断れなかった!」
そんな自分に嫌気がさしているかもしれませんが
自分を責める必要はありません。
備わった能力を発動しただけですから。

ただ、周囲に気を遣いすぎると
疲れ果ててしまうのも事実。

まずは、「断れない自分」を責めず、
「能力発動だから仕方ないか」と
そんな自分を認めてあげてください


その上で、
今は少しエネルギーがあると自分で思えるとき
「嫌な誘い、嫌な人との接触、嫌なこと・・・」に対して
嫌われるかもしれないと思いながらも、
思い切って「断る」「嫌なそぶりを見せる」などしてみてください。
それができたら、
「ああ、嫌われたかな?」などと思わず
「よくやった!断れた!」と自分を褒めてあげてください
その積み重ねで、
自分の感覚を大事にできるようになります。

断る勇気がないときは、
しばらく距離をおくことです。
そうしてエネルギー充填をしましょう。