健康トピックス 「愛犬に漢方薬」

大事にしていた
家族同様のペットのわんちゃん。

腫瘍ができて出血が止まらない
このままでは死んでしまう。

老犬になると腫瘍ができやすい犬種があるのか
そういう話で相談される事が多くなった。

動物病院の先生は
「どうしようもないです」みたいな感じで、
一応止血処置はしてくれるけど
積極的な治療はなさそう。

そんな犬に意外と効果がある漢方薬がある。
犬の体重相応に分量を考えて
上手に服薬させることに成功すると
止血してくれる。

動物病院の先生は
「もう駄目だと思っていたのに、
何で生きているのかわからない」ってなることも。

軟膏と併せて効果抜群の感触です。
しかも、
動物病院って保険効かないから意外と高い。
それに比べると
漢方はそれほど高いとは思わない。
試してみる価値あり!と思います。

 

当たり前の事ですが、
新しい薬を開発する時は
必ず動物実験をして有効性や安全性が確認されます。

同じお薬が犬などのペットに効果があるのは当然なのです。
動物病院で処方されるお薬も
人間と同じものが多々あります。

漢方薬も良く効きます。
亡き師匠は愛犬が風邪をひくと
決まって「蘇子降気湯」という処方を飲ませていました。
あっていたんですね。

中には自分の漢方薬を飲もうとすると
愛犬がしっぽを振って
自分にも欲しいとアピールするっていう話も。

先日も動物病院で「もう駄目です」みたいに言われたワンちゃん。
漢方薬で復活!の状況に。。
獣医の先生には
「もう、死んでしまった と思っていたのに。。。」
って言われたとか。

動物病院で保険も効かないし
意外と漢方薬のほうが安上がりだったりも。。。。

愛犬家にとってみれば
ペットは家族!
お金の問題じゃないんでしょうけど。。。。

ペットにも一度漢方薬という選択肢を考えてみてください。