健康トピックス 「肩こり」

これだけ医学が発達しても、
これだけ病理が解明されても、
現場では「ようわからん」病気が実に多い。

病院行って、血液検査しても、MRIとっても
心電図とっても、各科まわっても異常なし。

でも、症状はある。
最終的に、自律神経失調と「命名」されて
「精神科送り」で薬漬けが良くあるパターン。

これで良いのか? って思う事も・・・。

こんな時、確かにメンタルから来る場合も多いのですが、
意外と、
首のコリから来ていたり
背中に鋭いポイントがあったりというケースもあります。

コリから、自律神経のバランスを崩すケースもあります。
頸椎からは神経がいっぱい出ていて、自律神経も通っています。

そのあたり治療しながら「自律神経の息抜き」をして、
話をしながら、メンタルの「解放」を図り、
必要に応じて漢方薬もご用意する。

それでOK!というケースもあります。
各科回って精神科や心療内科に たどり着いた方、
そこで、満足していない方は是非、ご相談ください。

   

頸椎ヘルニアのある方
肩首の凝り痛みが強烈にある。
ヘルニアと凝り痛みの関係は、
どこまで関与しているのかはわからない様子。
職業柄、どうしても首や肩に負担になってしまうらしい。

整形で牽引、鎮痛剤、湿布。
麻酔科でステロイド含有の注射。

いろいろ経験したけれど、
鎮痛剤や湿布では、その場しのぎにしかならず、
効かない時も多い。
牽引も今ひとつ効果なし。

注射も効果のある時もあるけど
さほど効果の無い時もあって、
その一方で、ステロイドの副作用が恐いとのこと。

漢方薬も試してみたけど、
残念ながら、バッチリ!とはいかない。

では、と、針治療で丁寧に「ツボ」を探すことに。。。

この丁寧に探すというのがポイントで、
実は、簡単に見つからないので、熟練さと丁寧さと探す時間が必要。

すると、凝り痛みを再現できるポイントが見つかった。
ここに、針をすると、「こんな感じで痛みます」と言う。
そのまま待つ事10分 痛みが和らいできた。
針を抜いて、首肩を動かしてみて・・・・
「痛みが取れました」

良いですね、福田式針治療。

   

梅雨の時期の高湿と低気圧
一日の気温の変化の大きさ
「エアコン負け」
春から頑張ってきて、ようやく落ち着いてどっと出る疲れ

そんなのが重なって、
最近、全身倦怠感・頭痛・肩こり・腰痛・むくみを訴える人が多くなりました。

こんな方には、
「温める漢方」と「温める治療」「灸」「水をさばく漢方」などが効果を上げています。

いつも肩凝りで 桂枝加葛根湯 でOK!という方、
この時期、これではダメ!とのことで、
葛根加朮附湯 にしたらよく効いた。

どちらかというと弱い人に使う処方で平素はよく効いていて、
それよりもっと「弱って」状態が悪くなって、
本来ならば、
もっと弱い人用の「補う」処方でないといけないのに
なぜか、少し強い人用の処方で効くところが難しい。
ただ、今の時期限定で、続けるときっと「薬が勝つ」かもしれない。
ホントに難しい。
でも・・・
少し工夫するだけで、漢方も良く効くものです。
この少しが「さじ加減」なんでしょうね。


         

通販でもおなじみの骨盤ベルト
骨盤のズレや歪みを治し、腰痛予防には効果的だと思います。
最近、コルセットよりこちらの方が良いように思います。
ゴムの厚みや巾、質感など総合的に判断して、
写真のメーカーのモノが個人的にはお気に入りです。

NONALNUM-6aqo55uk44OZ44Or44OI-E


 運送関係の方におススメすると、
 昔から、運送関係の人は腰痛予防に、
 荷物の積み下ろしの際にはゴムチューブを骨盤に巻いて作業をしていたのだとか。
 先人の知恵に脱帽!

こんな人におススメです。
 
 ・ 仕事で腰に負担をかける人
 ・ スポーツをする人
 ・ 立ち仕事、あるいは、座り仕事の人
 ・ 腰痛持ちの人
 ・ 自転車・バイクに乗る事が多い人
 ・ 肩凝りの人
 ・ ダイエットしてウエストを絞りたい人


       

眼の乾燥感が半端でないという事で、
これはおかしい!
と眼科行っても、
「大丈夫です。眼はどうもないです。」
仕方ないから、
目薬をさしても改善しない。


意外と多いんです・・こういう人。
実はこれ・・・・・
首コリが原因であることが多く
首を治療すれば治ります。

お任せください。