健康トピックス 「過食症」

親やサポーターが勝手に動いて、
本人がカウンセリング相談に同行しない場合、
本人にはカウンセリング相談を受けている事を
知らせない方がよい事が多いものです。
というのも、本人にしてみれば、
影で何を言っているのか気になります。
そうすると、親やサポーターとの風通しが悪くなって
治療に支障をきたします。


もがき苦しんでいる本人が、
動こうとしているときは、
本人に任せるしかありません

心配になって、下手に止めたりすると
伸びる芽を摘むことになります。
失敗して経験して成長していくので
よほどの事情がない限り
否定せず泳がしてあげてください。

成功経験、失敗経験の中で
成長していき、思考能力の深さも出てきます。
そういう風に導いてあげる事が大切です。

続く、

         

うつ・パニック障害・不安神経症・強迫性障害・過食症・拒食症・引きこもり・不登校・
社会適応障害・自律神経失調・・・・・心の悩みはいろいろあります。
悩み深く、本人も家族も疲れ果ててしまっているケースもあります。

病院にかかって「薬漬け」になってしまっているケースもあります。
病院の薬は必要な時もありますが、
自然治癒力で治っていくまで「痛みを止めておく」
いわば対症療法的な物だと私は考えています。
自然治癒力を引き出し高める事が治癒への最善かつ最短の道と考えます。

自然治癒力を高める事、それは、ストレスを解除すること。
自分に自信をつけてストレスを乗り越える力をつける事。
これに尽きます。
そのために、自分を知り、
自分の感覚を大事にし、
自分流の感じ方を肯定することで自尊心を養うこと。

例えば、不安や心配で押しつぶされそうな時、
先の事を考えず、今できる事をしようと考えなおすことができる事。
そういう風に持って行けたら楽になります。
そういう発想ができるように、日々トレーニングをするのが一番だと思っています。

そのために、トレーナーとして私たちがいます。
時に家族がトレーナーに、
自分が自分のトレーナーになって
「鍛え」ていきましょう。




             

うつ・パニック・過食拒食・不登校・引きこもり・・・・
この人たちが、社会に出て生き生きと仕事ができたら
本人も家族も、そして国もハッピーになります。

これらの人に、
「家族療法」「対人関係療法」は一定の効果があると
私は思っています。

特に、引きこもりや不登校の人は、
まず自分が来院してくださることはありません。
まずは、ご家族にお越しいただき、話を伺い、
家族ができる事をすこしづつ実践していただき
家族の風通しを良くして本人の成長を促す、
そのためにご家族にアドバイスを差し上げています。

また、うつなどの場合も、同様にしながら、
できれば本人さんにもお越しいただき
針治療なども試みながら、アドバイスも差し上げています。

これから、回を重ねて、その「エッセンス」を伝えていきたいと思います。


           

過食症の人は、感情の波が激しい事が多いので、
家族は、そのとばっちりを受ける事が多いもの。

どう対応したらいいのでしょう?

過食症といっても、
根っこには、強力な「やせ願望」や「太る事への恐怖」を持っていて、
太っている人もあれば、吐き下しで、逆に痩せている人もいます。

過食症の人は、いつも「自分は太っている」という思いがあって、
家族の「普通やで」という一言で自分をわかってくれないという思いに
不信感が募り、辛く苦しい気持ちでいます。

食べて吐いて、罪悪感や自己嫌悪になって落ち込む事も多く、
下剤など多量に使って「痩せ」をキープしている人は、
一種の自傷行為であって、こういう人はデリケートに扱う必要があります。

「太る恐怖」から不安になって、家族にあたったり暴力をふるったりというケース
もあります。

「食」以外の興味を見つけて、それが「生きがい」「自分らしさ」になってくれるよう
お手伝いをしていくことが解決への道です。

結局は健全な「自己主張」をさせて「自己肯定感」を高めて
自分に自信を持つように導いてあげる事が大事なのです。

暴力や要求には、ケースバイケースで対応が必要になりますが、
話し合える状態があるならば、
本人の主張に耳を傾けて、家族の「お願い」をしてみて
本人のほうから「折衷案」引き出す事ができれば
一歩前進です。

本人も家族もここから抜け出したいという思いがあるなら治ります。


 

うつ ・ 不安神経症 ・ 社会不安障害
強迫性障害 ・ 登校拒否 ・ 出社拒否
ひきこもり ・ 過食症 ・ 拒食症・・・・・

最近、良く耳にしますが、他人事でない人にとって
毎日が辛くしんどいものでしょう。
ご家族の心痛も、大変なものでしょう。

どんな問題行動を起こす人でも
治ると信じたいものです。

ただ、
本人が病院にかかる事を拒否したり
病気ではないと思えるケースもあったり
家族もあきらめていたり
薬漬けの恐怖があったりで
なかなか受診に結びつかず
問題を抱えて苦しんでいる人は多い事でしょう。

例えば、
家族の方がお見えになられて
家族の方にアドバイスできて
家族とともに協力して
解決に向かって行けたら。。。

家族療法や対人関係療法などは、かなり有効であると思います。
福田漢方でも、そんな療法を取り入れつつ、
独自の療法を実践することが多くなりました。

苦しんでおられる家族の方は、ご連絡をください。
いっしょに解決の道を探しましょう。