• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問


  3世紀、後漢の時代に書かれた
  金匱要略(きんきようりゃく)という医書に
  「咽中炙臠(いんちゅうしゃらん)」や「梅核気」
  という症状が記されています。

  これは、咽喉部に炙った肉片がくっついて
  いるように感じる。という意味です。
  咽中炙臠は現代の咽喉頭異常感症にあたります。

  咽喉頭は知覚が過敏なところで、咽中炙臠は、
  神経質で敏感な人や更年期の女性に多くみられます。

  原因は、精神的ストレスや平滑筋の異常で
  食道・噴門部に痙攣が起こり、のどに違和感や
  異物感を感じます。

  漢方では、「気滞(気が滞った状態)」といい、
  漢方薬はこの症状を取るのに大変優れています。

  次回は、咽中炙臠によく使われる漢方薬、
  半夏厚朴湯についてお話します。
  ホームページに来て頂き、ありがとうございます。



加美漢方薬局
大阪市平野区加美東3-17-16
ご相談電話: 06(6793)0609

ご相談メール: kamikanpou@gmail.com
HPhttp://www.kami-kanpou.com/

Copyright© Kami-kanpou. All Rights Reserved.