• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • 相談方法
  • よくあるご質問

今日は、お釈迦さまの誕生日に使用される「甘茶アマチャ」をご紹介いたします。

4月 7日は、お釈迦さまの誕生日「花祭り」です。

お寺では、お釈迦さまのご本尊さまに、甘茶を振りかけたり、参拝した人々に、甘茶をふるまい、お祝いをします。

これは、お釈迦さまが誕生したときに、甘露の雨が降ったという言い伝えがあるからです。

漢方では、甘茶は糖尿病の方の甘味のかわりにしたりします。

甘茶は日本薬局方にも収載されており、医薬品の矯味剤や、口内清涼剤として使用されています。

甘茶は、伊豆半島に多く自生しており、天城峠の天城は、「甘木」が変化したとする説もあります。

甘茶の作り方


甘茶は、水1リットルに対して10グラムを入れて煎じます。
お好みの甘さになったら火を止めます。

甘茶 (日本産) は、髙木漢方(たかぎかんぽう)の店頭にて販売しております。

DSCN1731


当店では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

当店の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

当店まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       

     
 【当店への行き方】

① JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川を右に見ながら、 そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


② 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

③ 伊勢佐木長者町駅前のバス停から、市営バス 103 根岸台ゆきに乗って、二番目の 「石川町5丁目」 で下車スグ。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


当店のホームページをご覧ください。リンク

DSCN1716


DSCN1717


DSCN1436



除菌療法後の胃潰瘍の再発が、漢方薬のおかげで改善して治りました。

日本人は、胃腸が長いことから、胃腸疾患に悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

昔は、胃潰瘍と十二指腸潰瘍が一番多かったと記憶しております。

今は、逆流性食道炎(胃食道逆流症)が問題になっていますね。

逆流性食道炎を繰り返していると、食道自体が、もしかして私(食道)は胃なのではないかと勘違いして、食道細胞が、胃の粘膜細胞に似たものに変化してしまう疾患「パレット食道」になって、その後、治らないと、「食道腺がん」に変異します。

腸疾患では、若者に、潰瘍性大腸炎やクローン病なども増えています。

他の胃腸疾患としては、すい臓炎からの膵臓がんなども微増しています。

漢方では、これらの胃腸病にたいして、大昔から、いろいろと改善したり治してきました。
あなた様の症状にあった漢方薬をご用意しております。

なかなか治らない時は、当店までお気軽お越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

58歳     女性


10年くらい前にも、胃潰瘍と十二指腸潰瘍を当店の漢方薬で治した。

今は、ピロリ菌の除菌療法後に、胃潰瘍が再発して何をしても治らない。
漢方薬は病院のものを飲んだが、効果がなかった。

チクチクとした痛みが続いている。
便秘気味。
イライラしやすい。

会社経営で忙しくて、ストレスがたまる。

230034


何とかならないかと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、脾虚、気滞、於血、痰湿等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、当店の数種類の漢方薬をお試しいただいた。

当店の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。

「チクチクする痛みは、すっかりと無くなった。」
「お腹の張る感じもなくなった。」
「やっぱり、ちゃんした漢方薬にしてよかった。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

胃腸疾患がなかなか良くならないと、気分が落ち込みますね。

胃腸は、身体の中の中心軸です。
自分のタイプを知り、本来の正しい状態を取り戻しましょう。

当店では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

当店の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

当店まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       

     
 【当店への行き方】

① JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川を右に見ながら、 そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


② 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

③ 伊勢佐木長者町駅前のバス停から、市営バス 103 根岸台ゆきに乗って、二番目の 「石川町5丁目」 で下車スグ。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


当店のホームページをご覧ください。リンク

DSCN1716


DSCN1717


DSCN1436



板藍茶と板藍のど飴をご紹介いたします。

朝晩、寒くなってきましたね。

もうすぐ、冬至ですし、温かい食べ物、なべ、シチュー、カレーうどん、鍋焼きうどんなんかが、ほしいです。

身体を冷やすと、免疫力が低下して、風邪を引きやすくなります。

冬は、インフルエンザやマイコプラズマ肺炎も猛威をふるいますね。

ノロウイルス、ロタウイルスなどの食中毒も増えます。

溶連菌感染症や、水疱瘡ウイルスによる帯状疱疹なども発生しやすい時期にはいります。

我が家では、「うがい、手洗い、板藍茶と板藍のど飴」で、ウイルスによるカゼ対策もばっちりです。

板藍茶や板藍のど飴の原料になる板藍根は、大昔から漢方では、抗ウイルス作用、抗菌作用、免疫力強化、解熱、解毒などに使用します。

風邪の予防には強い味方になりますね。


DSCN1727


DSCN1729


イスクラ板藍茶とイスクラ板藍のど飴は、当店の店頭にて、絶賛販売中です。

店頭では、板藍茶と板藍のど飴の試飲もできます。


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       

     
 【当店への行き方】

① JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川を右に見ながら、 そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


② 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

③ 伊勢佐木長者町駅前のバス停から、市営バス 103 根岸台ゆきに乗って、二番目の 「石川町5丁目」 で下車スグ。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


当店のホームページをご覧ください。リンク

DSCN1274


DSCN1611


DSCN1436



子宮内膜症と子宮腺筋症には、漢方薬による体質改善がとても良く効くね。    

子宮内膜症とは、子宮の内膜が子宮の外に転移して、子宮以外の場所でも生理が起きる病気です。
若い女性に増加がみられる疾患のひとつです。

たとえば、子宮内膜が卵巣の中に転移した病態を「チョコレート嚢腫」といいます。

卵巣内では、月経血が排出できないので、徐々に卵巣が腫れて大きくなり破裂することもあります。

臓器どうしの癒着や生理痛や貧血や月経過多がよくみられます。

子宮腺筋症とは、子宮の筋肉層の中に子宮内膜が入り込んで、子宮の筋肉層の中で生理が起きる病気です。

子宮の筋肉の中にたまった月経血のために、慢性的に子宮に炎症が起きてしまい、子宮の筋肉層が変形したり変質したりします。

子宮の変形や生理痛や排卵痛がよくみられます。

子宮内膜症と子宮腺筋症は、どちらも、子宮と卵巣にダメージを与えつづけるので月経困難症を引き起こし、不妊症や不育症(習慣性流産)の原因になります。

なかなか子宝に恵まれない場合の理由のひとつとして、上記の子宮内膜症や子宮腺筋症に罹患していることが多くあります。

子宮内膜症と子宮腺筋症は、漢方薬による体質改善がとても良く効くので、当店までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

28歳     女性


月経がはじまったときから、生理痛がひどかった。

月経困難症で、生理が始まると最低でも3日間は寝込む。
ひどい時は、1週間以上痛む。

2年前に結婚して、今は妊活中。
貧血気味。
冷え症。
手先が氷のように冷える。

病院で検査したところ、子宮内膜症とチョコレート嚢腫と子宮腺筋症だといわれた。
一番の治療は、妊娠するか、ピルを飲むかとのことだった。

15-31-101


妊娠したいので、ピルは選択できないのでと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、気虚、血虚、脾虚、於血等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、当店の漢方薬をお試しいただいた。

数種類の当店の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。

「手足が温かく感じるようになった。」
「少し、気分が良くなった。」

さらに、当店の漢方薬を続けて飲んでいたただいて、1ヶ月後にご来店。

「生理痛が、減って寝込まなくなった。」
「貧血がすこし改善しきた。」

さらに、当店の漢方薬を続けて飲んでいたただいて、1ヶ月後にご来店。

「身体全体が、温かい。」
「生理痛もさらに軽くなったので、鎮痛剤を飲むのを止めた。」

さらに、当店の漢方薬を続けて飲んでいたただいて、1ヶ月後にご来店。

「病院にて、再検査したら、子宮内膜症の病巣がとても小さくなって、チョコレート嚢腫も半分以下の大きさになっていた。」

「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬は効いているので、完治を目指して続けたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

子宮内膜症や子宮腺筋症などの病気には、漢方薬による体質改善が効果があります。

子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、月経困難症、生理痛、排卵痛、月経過多、貧血、冷え症、腰痛、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)、不妊症、不育症(習慣性流産)、早発閉経などの婦人科特有の症状でお悩みの時は、当店までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

当店では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

当店の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

当店まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       

     
 【当店への行き方】

① JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川を右に見ながら、 そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


② 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

③ 伊勢佐木長者町駅前のバス停から、市営バス 103 根岸台ゆきに乗って、二番目の 「石川町5丁目」 で下車スグ。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


当店のホームページをご覧ください。リンク

DSCN1274


DSCN1611



間質性膀胱炎には、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬による体質改善がいいね。

間質性膀胱炎(かんしつせいぼうこうえん)とは、尿から細菌などが見つからない膀胱炎のひとつです。

間質性膀胱炎には、抗生物質は効果がありません。

ハンナ型の間質性膀胱炎は、難病のひとつです。

病院では、なかなか治らない間質性膀胱炎の場合は、内側より膀胱粘膜を焼灼してはがしとる手術も行われていますが、術後半年くらいで、再発することが多いといわれています。

間質性膀胱炎には、漢方薬による体質改善が奏功することが多いので、お困りの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例


63歳      女性

5年前から、膀胱炎を繰り返していた。

膀胱炎の専門病院にて、3年前に、間質性膀胱炎 ハンナ型と診断された。

病院にて、膀胱に、水圧をかける療法を複数回うけた。
現在は、2回目の膀胱粘膜を焼灼する治療法をすすめられている。

排尿すると、しばらくは痛みがおさまるが、しばらくすると痛みだす。
膀胱痛と会陰部の痛みと肛門周辺の痛みがある。

230014


漢方薬で、痛みが少しでも減って楽になれればと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、腎虚、気虚、血虚、脾虚、痰湿、於血等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。

「効いているような感じがするので、続けたい。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。

「膀胱の痛みが、明白に減って半分くらいになった。」
「会陰部と肛門の痛みは、身体を動かしすぎると痛むが、じっとしている時は痛まなくなった。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。

「膀胱の痛みは、当初の5分1くらいになった。」
「会陰部と肛門の痛みは、ほとんど感じなくなった。」
「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬は効いているので、完治をめざして続けたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談


繰り返す慢性の膀胱炎には、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬による体質改善をお試しになってみませんか。

女性に多い膀胱炎や間質性膀胱炎などでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

何かとお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。

冬になると寒さと乾燥から何度も目が覚めたりして、寝不足になることから、不眠症、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。

じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       

     
 【当店への行き方】

① JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川を右に見ながら、 そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


② 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

③ 伊勢佐木長者町駅前のバス停から、市営バス 103 根岸台ゆきに乗って、二番目の 「石川町5丁目」 で下車スグ。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページリンク

DSCN1274


DSCN1611




Copyright© TAKAGI KAMPO All Rights Reserved.