• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • 相談方法
  • よくあるご質問

気分の浮き沈みが激しい自律神経失調症と酷い生理痛が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで改善してきました。

月経前や月経時は、子宮と卵巣がダイナミックな働きをすることから、引き攣れを起こして、酷い生理痛や排卵痛などで悩まされることがあります。

また、ホルモンバランスが乱れることから、自律神経が失調しやすくなり、気持ちの浮き沈みが激しくなることもございます。

これらの「血の道症」には、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬による体質改善が良く効きます。

血の道とは、月経、妊娠、出産、更年期など女性ホルモンバランスの変動に伴って現れる精神不安や苛立ちなど精神神経症状、及び身体症状のことです。

□ イライラすることが多い
□ 時々不安になる
□ 何もやる気がおこらない
□ 気持ちが沈むことが多い
□ 頭痛、肩こりが多い
□ 疲れやすい
□ めまい、耳鳴りがする
□ なかなか眠れない

上記の一つでも当てはまれば、血の道症の疑いがあります。
どれかが当てはまるときは、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

33歳    女性

高校生の頃より、月経前になると、精神が不安定になっており、現在も続いている。
気持ちの浮き沈みがはげしい。

なかなか寝付けない。
何度も目が覚める。
イライラしやすい。

酷い生理痛のために、寝込む。
肩こり、首こり。

270006


半年後に結婚予定なので、その前に何とかしたくてと、ご相談にみえた。

体質改善のために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。

「寝つきが良くなり、朝まで眠れるようになった。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。

「生理痛の痛みが減って楽になってきた。」
「肩こりと首こりも無くなって来た。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。

「気持ちの浮き沈みも落ち着いてきた。ストレスが強いと少しだけイライラする。」

「いままで何をしても良くならなかったのが、本当に良くなってきたので、完治をめざして、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬は続けたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

月経前後の気分落ち込みやイライラ感、自律神経失調症や生理不順、生理痛、排卵痛、子宮腺筋症、子宮内膜症、月経前症候群、不妊症、不育症などでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬で体質改善をしてみませんか。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、永年の漢方理論に基づく漢方カウンセリングをしたうえで、漢方薬による体質改善を通して、皆様の健康を回復するお手伝いをしております。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。

秋の夜長ということからわかるように、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。

じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       

     
 【当店への行き方】

① JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川を右に見ながら、 そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


② 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

③ 伊勢佐木長者町駅前のバス停から、市営バス 103 根岸台ゆきに乗って、二番目の 「石川町5丁目」 で下車スグ。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページリンク

DSCN1274


DSCN1611



子供のチック症が、髙木漢方の漢方薬のおかげで、改善してきました。

チック症とは、本人の意思とは関係なく、筋肉が勝手に動く「運動性チック」と、勝手に発声する「音声チック」の二つの症状からなる心身症のひとつです。

子供に多く、男の子によくみられます。大人になると自然に治ることもあります。

脳内ホルモンのドーパミンの不足や、脳の海馬の発育などに遅滞があるのかもしれない病気のひとつです。

髙木漢方的には、先天の腎精不足がおもな原因との考えなので、補腎して脳の発育を促すと改善がみられることがございます。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

 10歳     男性

意識していないのに、首が勝手に動く、さらに、目のマバタキが止まらない。
他の子に比べると、背が伸びない。
お父さんは、背が高い。

病院では、チック症かもしれないといわれた。

250020


何とかならないかと、お母さんと一緒に、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、肝鬱、気滞、腎虚、於血等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をはじめていただいて、1ヶ月後にご来店。

「薬が少し苦いけど、なんとかつづけられた。」
「目のマバタキの回数が減ったのが分かる。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。

「首が勝手に動く回数も、まわりの人にきずかれないくらいに減った。」
「目のマバタキも、異常な多さが消えて、普通に近くなってきた。」
「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬は効いたので、完治を目指してつづけたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

子供のチック症は、発病から早期に、体質改善をはじめると改善することがございます。
子供のチック症などでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。

秋の夜長ということからわかるように、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。

じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       

     
 【当店への行き方】

① JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川を右に見ながら、 そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


② 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

③ 伊勢佐木長者町駅前のバス停から、市営バス 103 根岸台ゆきに乗って、二番目の 「石川町5丁目」 で下車スグ。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページリンク

DSCN1274


DSCN1611



漢方薬とはどういうものかと聞かれることがありますが、個人的な見解をお伝えします。

漢方薬に使用される薬草(東洋のハーブ)のことを生薬(しょうやく、きぐすり)といいます。
その生薬を二種類以上を処方に基づいて組み合わせたものを一般的に「漢方薬(かんぽうやく)」といいます。

例外もあって、甘草という生薬のみを使用した漢方薬として、咳止めに使用する甘草湯というものもあります。

漢方薬の処方は、厚生労働省の「一般用漢方薬の指針」などに書かれています。

煎じ薬と普通の漢方薬との違いも聞かれるのですが、ようは効けばいいのですから、身体に合っているかどうかということになります。
見立てが合って身体に合っていれば、効果に違いはありません。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、水で簡単に飲める漢方薬を中心にして取り揃えており、錠剤、カプセル剤、エキス顆粒、エキス細粒、シロップ剤などのラインナップとなります。

漢方薬の目的は、病気を治す回復促進と、病気の悪化防止と、心と身体に対する癒し効果と、病気にならないための身体づくりの応援だと思います。

西洋薬は病気になってから飲みますが、漢方薬は病気になる前「未病(みびょう)」の病気の予防薬として飲むこともよくあります。

漢方薬は、身体の体質改善をして病気を治したり、病気を予防したりします。

172

                     日本丸   横浜

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬には、病気を治したい、健康になりたい、子宝に恵まれたい、美肌になりたい、綺麗になりたい、しみしわを薄くしたい、痛みを静めたい、冷えをとりたい、元気になりたいなどの、皆様の希望に応じる漢方薬があります。

「そうだ、漢方薬を試してみよう。」 というときは、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

漢方薬の漢とは、国の名前です。
大昔の隣の大陸に、漢(前漢紀元前206年~8年、後漢25年~220年)という名前の国があって、漢方薬とは、その国「漢」から来た薬という意味もあります。

日本(紀元前660年建国)では、漢方薬のことを和漢薬(わかんやく)ということもあります。
漢の国からきた薬を元にして、日本的にアレンジして改良発展させた薬という意味です。

ちなみに、今の中国(1949年建国)では、漢方薬のことを「中成薬(ちゅうせいやく)」と呼んでいます。

ですから、元は同じでも、手に入りやすい生薬の違いや、歴史がとても長い分、今の日本と中国では、使用される処方がかなり異なっています。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、それぞれの国の漢方薬の良い所をとって、皆様の病気が治るようにお手伝いをしております。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。

秋の夜長ということでもわかるように、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。

じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       

     
 【当店への行き方】

① JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川を右に見ながら、 そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


② 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

③ 伊勢佐木長者町駅前のバス停から、市営バス 103 根岸台ゆきに乗って、二番目の 「石川町5丁目」 で下車スグ。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページリンク

DSCN1274


DSCN1611



手足のしびれ感と脂質異常が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで改善してきました。

脂質異常が続いて、毛細血管になんらかの問題が発生すると、シビレ感が発生したり、肩こり、首こり、カスミ目、視力低下、眼圧の上昇、難聴、血圧異常、腎臓病、糖尿病、心臓病などが起こりやすくなります。

早めに、漢方薬などで、体質改善すると大事にいたらないといわれています。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

46歳      女性

1年くらい前から、朝起きると手足の先がしびれている。
日中も、手足のしびれ感が続いている。

病院で検査すると、中性脂肪とコレステロールの値が高いといわれている。
脳には異常なし。

血圧が高い日がある。
便秘。

肩こり。
花粉症。
軽い生理痛。

緑内障があるので、眼科にも通っている。

230050


手足のしびれが、病院では治らないので、相談にみえた。

漢方的に見立てると、腎虚、痰湿、気滞、於血(おけつ等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。

「左手のシビレ感はなくなり、右手のシビレは少し残っている。」
「左脚の指先のシビレ感はなくなり、右脚の指先のシビレ感は少し残っている。」
「便秘がよくなって、お腹がスッキリしてきた。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。

「残っていた右手と右脚のシビレ感は、全てなくなった。」
「中性脂肪の値が、正常値になって、コレステロール値も正常になって、病院薬は休止した。」
「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を始めて良かった。」と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

秋になると、美味しい食品が目白押しになりますね。
それだからこそ、体調維持がむずかしい時期でもあります。

高脂血症などの脂質異常を放っておくと、血管内に、プラークがたまって、血管が固くなって切れたり詰まりやすくなります。
いつのまにか、アザが出来たりする人は、とくに要注意です。

がんを発病したり、動脈硬化から、腎臓の機能低下になり人工腎透析になったり、心筋梗塞、脳梗塞などになりやすくなっているかもしれませんね。

血圧が上がったり、下がりすぎたり、身体の方々が痛くなったり、シビレたり、セキが止まらなくなったり、お腹を壊したり、目の疲れがハンパなくなったりと大変ですね。

秋の体調の回復に、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬による体質改善を試してみませんか。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、元気で健康になりたい方を募集しております。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。

秋の夜長ということからわかるように、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。

じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       

     
 【当店への行き方】

① JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川を右に見ながら、 そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


② 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

③ 伊勢佐木長者町駅前のバス停から、市営バス 103 根岸台ゆきに乗って、二番目の 「石川町5丁目」 で下車スグ。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページリンク

DSCN1274


DSCN1611



漢方の立場からの秋の養生

次々に、台風が来たりして、困ったことですね。

身体もなかなかついてこれませんね。

秋に多く現れる症状としては、喉の渇き、空セキ、痰が切れにくいなどの肺の症状や、皮膚やノド鼻の粘膜のバリヤ機能の低下による皮膚炎、鼻のトラブル、副鼻腔炎、気管支炎などがあります。

その他のトラブルとしては、髪の毛が抜けやい、髪の毛が細くなる、痔(じ、ぢ)になる、残便感がある、便秘が酷くなる、コロコロ便になるといったものがあります。

秋の養生の基本的なポイント

① 早寝早起き。
② 陰を補い、陽気をおさめる。
③ 肺 (呼吸器、皮膚、粘膜) を健やかに保つ。

秋の養生におすすめの食材

長いも、自然薯、レンコン、かぼちゃ、ユリ根、さつまいも、豆乳、松の実、クルミ、梨、びわ、メロン、桃、ぶどう、サンマ、サバ、牡蛎、ゴマなど。

秋の皮膚や粘膜のトラブル『秋の養生』に良い漢方サプリ

一番のお勧めは、紅サージ (健康食品)ですね。

標高三千メートル級の山々にある水辺に自生する「サージの木の実」のエキスです。

NONALNUM-MTIw77yLMzYw57KS-E


肌や粘膜を内側から潤して、肌を艶々にする作用があります。
肌年齢が気になる人には、うってつけの漢方サプリです。

だれだって、綺麗なお肌のほうがいいですからね。
肌や粘膜のトラブルをかかえているときには、専門家に相談しながら試してみてくださいね。

紅サージ (紅沙棘) は、髙木漢方の店頭にて、販売しております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談


「秋だ、そうだ、漢方薬をためしてみよう。」と、思い立った時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

何かとお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。

秋の夜長ということからもわかるように、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。

じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       

     
 【当店への行き方】

① JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川を右に見ながら、 そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


② 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

③ 伊勢佐木長者町駅前のバス停から、市営バス 103 根岸台ゆきに乗って、二番目の 「石川町5丁目」 で下車スグ。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページリンク

DSCN1274


DSCN1611




Copyright© TAKAGI KAMPO All Rights Reserved.