• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

39歳の会社員。子どもの頃はなかったが、大学時代に急に顔・腕にアトピー症状がでてきた。半年前、あえて治療を一切やめていたところ一ヶ月前から急激に顔面に紅潮した皮疹が出て、ジュクジュクし、どうしようもなくなり来局。

本人は長身・肥満体で食欲・大小便ともに異常はない。顔面、特に眼瞼周囲から頬にかけて、ほてり感のある皮膚炎があり、首は乾燥し、落屑(らくせつ)で皮膚の表層が角質片となってはげ落ち、掻破痕(引っ掻き傷の痕やかさぶた)もある。

  顔面などの皮膚炎に「六味地黄丸」と「梔子柏皮湯」、その後「皮炎湯」と「十味敗毒湯」を兼用

始めは保腎薬の「六味地黄丸(ろくみじおうがん)」と「梔子柏皮湯(ししはくひとう)」を併せて飲んだが、症状は良くならないので、顔面の激しい皮疹によく使う「皮炎湯(ひえんとう)」を煎じ薬にし、体質を変えようとして「十味敗毒湯(じゅうみはいどくと
う)」のエキスを兼用した。患部には太乙(たいつ)軟膏を塗ってもらった。

すると数週間程で紅潮した部分は消失し、落屑が残るようになり、更に数ヶ月後には瘢痕(はんこん)を残すだけになった。

ところが、友人の引越しの手伝いに行き、ホコリまみれになって、急激なアレルギー反応を起こし真っ赤に腫れ上がった。すぐ「皮炎湯」の煎じ薬とモクタール軟膏を塗り、数週間程でよくなった。その後、皮膚の保護目的で「六味地黄丸」を服用している。

楽しい漢方薬と山歩きリンク

アトピー性皮膚炎の漢方薬での治療リンク

ThemeSwitch
Created in 0.0061 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.