• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「痒疹」



23歳の会社員の男性。

去年夏に両下肢に、虫に刺された。無意識で数日間、掻いてしまった。気づいた時には、大腿部を含む下肢全体に、毛孔性の皮疹が広がっていた。
f(--;



ill253



その時点で、皮膚科に受診し、ステロイドに外用薬と、抗ヒスタミン薬を使って治療を始めた。かゆみに負けてつい、掻くくせがついてしまった。

はじめは、漢方の外用薬とともに。桂麻各半湯、つぎに十味敗毒湯、桔梗石膏などを使い、頑張るが効果はあまりでなかった。そのうちイライラして、掻くくせがついて、気持ちがよいといいだした。大人のくせにとも思ったが・・・:P

そこで、抗神経作用のある抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)を、十味敗毒湯の煎じ薬と併用したところ、じょじょに改善がみられ、掻きくせがなくなってきた。

それでも、3ヶ月間ほどかかったが、瘢痕を残して治ってしまった。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 いつもながら、皮疹を掻いてしまうと、治りは圧倒的に悪くなります。

 

キーワード別 一覧へ

痒疹

寺町漢方薬局 (広島県広島市)


半年前に虫さされからか、不明ながら、右下肢から小さい皮疹ができて

皮膚科に受診され、痒疹の診断をもらい、抗ヒスタミン薬で加療してきたが、

効果なく、知人におそわって来局する。


NONALNUM-55eS55a5MDYy-E



 首から上と、足首、手以外の全身に、針頭くらいの、痒疹が多数ある。

 一部には水疱・膿疱もみられる。夜に特に痒みが強く、眠れない夜を

 すごす事が多い。

痒み・水疱をターゲットに、湿熱型の消風散(しょういふうさん)を煎じ薬にして

不眠・イライラ感から四逆散(しぎゃくさん)を併用したところ、2週間ほどで、水

疱、浸出液はなくなる。その後は荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)を、始

めは煎薬で、途中からエキス剤に変更して、続けること2ヶ月で、ほぼ痒疹の

痕跡を残すまでに回復した。

 

キーワード別 一覧へ



初めは、一昨年の夏に虫にさされたのか? 左ふくろはぎに痒みを覚え、仕事中に
ズボンの上から、手で掻いていたが、初めはそれほどではなく、気にもしていなかったが、1週間後くらいから、猛烈な痒みにかわった。
そのうちに治るだろうくらいに考えていたところ、背中にも痒みを感じるようになった。

すると、両下肢から腹部、臀部にかけて、掻いた跡が結節状になり、痂皮を形成した
ものが出来て、あわてて皮膚科に受診した。
ステロイド・抗ヒスタミンのぬり薬をもらう。(++!)


12_01



しばらくは、それで痒みは楽になったかのように感じたが、1週間後には塗っても、
以前のような猛烈な痒みが襲ってくるようになり、掻いて、傷になり、朝にはふとんに
血がついている。

これに、消風散を煎薬にして、越婢加朮湯のエキス剤と共に服用させた。
外用薬は皮膚科の塗薬を併用する。しかし、患部は必ず夜は、ネット包帯かガーゼで
患部を保護
し、掻破から、患部を守るように提案した。

患部の傷や痒みは、一進一退しながら、約3ヶ月くらいで、皮膚状態が正常に復した。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  皮膚病は湿疹であろうと蕁麻疹であろうと、掻くことからの皮膚へのダメージを
最小限にしないとなかなか、薬も効きません。


 

キーワード別 一覧へ

57歳の主婦。

IP08_B27



5年前から、糖尿病の初期で、経口糖尿病薬をもらってきた。

2年前に下肢の虫さされから、全身に皮膚炎がひろがり、皮膚科では痒疹といわれ、以下のようなお薬で加療するも、一時的なので、漢方薬による治療を希望され、来局される。

 患部はほぼ全身だが、とくに下肢・上肢・胸に症状がある。一部は患部が硬く盛り上がって、瘤状になった部分もあるが、皮膚面が紅くなって、軟らかい湿疹状の部分も混在している。(TT)

薬は当然、内科で糖尿病の飲み薬のほかに、皮膚科では最高ランクのステロイド軟膏、抗アレルギー薬、ビタミン剤などなどがでている。(++!)

ステロイド剤は内服にしろ、外用にしろ、一気に止めるのは良くないのが常識だが、本人はステロイドのリバウンドがあっても、使いたくない意志なので、皮膚は漢方薬のみでの治療をすることにした。

湿疹と痒疹の混在なので、アレルギー体質改善目的の十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)に、毛穴の炎症に使う越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)、さらに下肢のむくみに対して猪苓湯(ちょれいとう)も加えた。外用には当薬局の漢方薬入り軟膏を使う。

2週間後では、あまり変化なかったが、脱ステロイドによる皮疹のりバウンドによる悪化はなかった。

その後、じょじょに改善し、半年ほどかかって、痒疹のできていた箇所は瘢痕を残すのみになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表面上は、漢方薬と本人の養生により、皮膚は改善したが、糖尿の状態を健康にしないと、再発する可能性は大である


 

キーワード別 一覧へ

単純痒疹・・・

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

56歳の会社役員。



5年前に下肢のふくろはぎを、虫に刺されて、この部分を掻き壊してしまった。以後皮膚科にて、アトピーといわれたり、痒疹といわれたりした。

治療はステロイドの塗薬、痒み止めとして抗ヒスタミン剤、また抗生剤の軟膏もつけたこともある。塗っても塗っても効果が感じられなくなり、最近では皮膚科にいくのも、面倒になって、市販の塗薬をつけるが、なかなか治りきらない。

今、現在の患部は両脚首から、大腿部までで、マッチ頭大位から小豆くらいの丘疹ができて、掻いて痂皮になっているところや、また掻いて傷になり、黒く色素の沈着を起しているところもある。特に夜半には猛烈な痒みで眠れないこともある。

患部の発赤と痒みから風熱型の蕁麻疹系の痒疹ととらえて。


 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)と越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)

   を併用して服用し、外用はいままでの抗ヒスタミン薬を使ってもらう
   ことにした。

   2週間後、夜間の痒みがつらく、掻いてしまうとのことなので、

 十味敗毒湯と越婢加朮湯と苦荊散(くけいさん)

   に変更したところ、痒み・痒疹の結節も小さくなった。続える事3ヶ月
   ほどで、瘢痕を残すのみなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下肢の虫さされからくる、掻き壊しが、発端ですので、これから暖かくなり、野原で虫に刺されることがあるかと思いますが、くれぐれも掻かないように注意してください。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0129 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.