健康トピックス 「肩こり」

ちょっとでも漢方に興味があれば
肩凝りに効く漢方といえば
葛根湯を思い浮かべるでしょう。
それはそれで効果がある場合があります。

しかし、それだけでは
多くの人に満足してもらえない。

そこで、いろいろ工夫して
桂枝加葛根湯
抑肝散
当帰芍薬散
五苓散
半夏厚朴湯
延年半夏湯
小柴胡湯・・・・・
など候補にあがる。

しかし、それでもうまくいかないケースは多々ある。
ところが、
意外とうまくいく処方の組み合わせを見つけた。
古典をやる先生にはあり得ない処方の組み合わせだろうが
効く!
ぜひ、試してみたいという方はお越しください。

   

頭痛の相談が最近多い。

急激に起こる頭痛。
えらいこっちゃ! と
救急車。
MR撮ってもCT撮っても異常なし。
偏頭痛でなし、群発頭痛でなし、
痛みどめもさほど効果なし、
風邪引いてるわけでなし、
三叉神経痛でもなし。
わけわからん。というタイプ。

多いのが後頭神経支配域に沿って起こる頭痛。
要するに頭の後ろからてっぺんにかけて
ひどい人はコメカミや前の方まで広がる。


正体は、ほとんどが、頭と首、頭と肩をつなぐ筋肉、
特に奥の方の筋肉の疲労であることが多い。

これには針治療が効果的。
マッサージでは奥まで届きにくい。
薬も鎮痛剤では効果が薄い場合が多く、
血流改善とコリをほぐす漢方が効果的。
冷えも禁物。
悩んでいる人はご連絡ください。

   

目がボーっとする。
まぶたが腫れぼったい。
目がかすむ。
見にくい。 
 という訴え。

疑うとすれば、
眼科レベルであったり、脳神経外科であったりしますが、
急激に進行したり、それ以外に怪しい症状がないという事で
まずは、針治療を試みることに。

診てみると、
首から頭にかけての筋肉が強烈に硬くなっている。
「おそらく、経験上、これが犯人ですわ。」
「今見えている感じを、良く覚えておいてください」
といって治療開始。

治療終了後、
目を開けて、周りを見ていただく。
うわあ、世間が明るい!!」
と、感動モノ。

次回、来ていただいたときに
再度確認。
3日保ってたけど、またアカン。
ではもう一度。
その次には・・・・
完全復活!!・・・素晴らしい

2回の治療で治りました。
その後、経過良好なので、
病院は受診しないままです。

漢方薬は使いませんでした。
平素の予防に
漢方薬を服用してもらった方が
良かったかもしれません。
ご希望があれば
おススメしてもいいかなって思います。

   

子育て奮戦中のお母さんに多い肩こり腰痛。

子供が幼いうちは
どうしても 「おんぶ」に「だっこ」が必須ですね。
これが、相当 肩や腰に負担がかかります。

しかも、
寝るときは子供がひっついてきて
一人ならマシですが、
お子さんが2人になると
挟まれてしまって
何とも窮屈な寝方になって
「気をつけ」で寝ていたり、
「バンザイ」で寝ていたり。

それでそのまま動けないものですから
朝には「固まって」しまいます。

そんな肩凝り腰痛を治したい!と思っても
授乳中は服薬にも気を使います。
そこで、
母乳をあげていても大丈夫!な薬というと漢方です。
血流をよくし、
凝りをほぐし、
気分をほぐし
定期的に針治療もして
そこで「愚痴」も。。。
で、発散!!

そういうのがいいのです。

   

頸性神経筋症候群(CNMS)いう疾患.。
松井孝嘉博士が発見した頸部後筋群の異常から
起こっている頭痛・めまい・むち打ち症・自律神経失調症
ストレス症候群・うつ状態・慢性疲労症候群・・・など。


以前、私が記した「首コリ」もこれに含まれるのでは
ないかと思っています。
現在、この考えに基づいて入院加療を施す病院もあるようですが、
近くにない事がほとんどのケース。
重症でなかったら、入院までしなくても、
「首こり」のレベルで漢方や針灸で治療するのも一手。

例えば、風邪の初期には首筋のこわばりを感じる事が多く、
この時、実証の人には葛根湯を候補に考えます。
これを転用して広く首肩こりに使われているのが実態ですが、
なんでも葛根湯はいかがなものかと思います。
ちゃんと証を考えなければ効かないし、副作用だって考えられる。

CNMSという考え方と東洋医学的発想をコラボして
よりよい処方や治療を考えてみましょう。
頸椎を支える筋肉に針治療を加えて、
漢方を内服することで
かなりの効果を期待できます。

TEL0746-32-4568